2022年05月22日

偏った基準の乱立


今晩は、本日も粛々。







海外大志望者用の授業をしています。



今は国内の大学だけでなく、

海外大も選択肢に入れられる時代ですので、

希望している人には、

こんな授業もしています。



国内の大学も、海外の大学も、

向き不向きがあります.

国内の大学でも、

偏差値という偏った基準「しか」無かったのが問題だったんですが、

最近は推薦入試が拡大していて、

またもうひとつの偏った基準が登場しました。



海外の大学は、また国内の推薦入試とは異なった偏り方をしています。

こういう異なった偏りが乱立していて、

それぞれによって選べるというのが、

公平な選抜方法に近づくと思っています。



国内の推薦・AO入試で、寺子屋生は

金沢大医学部、

筑波大学、

都留文科大学

の合格者が出ています。

寺子屋文庫で推薦に必要な、



大学の、その専門科目でどこに関心があるか?



を掘り下げられた子たちばかりです。



ちなみに高等部からの入塾は一切お断りしております。

寺子屋的には、

高校受験までの間にある程度勉強の基本姿勢を整え、

それが身に付いたとみなした生徒しか、

寺子屋の高等部でやっていくことは不可能だと思います。

勉強の基本姿勢が身に付いていなくても、

附属・泉丘程度なら合格できますんで。。。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

アトリエスキー「展覧会の絵」


今晩は、本日も粛々。



アトリエ本楽寺で、生徒の作品展覧会を実施することになりました。

芸術は門外漢の私がみても、

描きたい、表現したいという気持ちが伝わってくる、

いい作品が多いです。

中には張り切って、展覧会用に作品を作っている子もいます。



西田幾多郎記念館、8月2日〜9日(月曜休館日)です。



ぜひ見に来てください。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:30| Comment(0) | アトリエ本楽寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

悪戯をいくつか仕掛けました


今晩は、本日も粛々。



寺子屋に少し、悪戯をしてあります。



639AFD48-4F4C-4C5B-9BB5-F052564359A8.jpeg


なぜか栃木にあった、

テディベアです。

どこかにこっそり鎮座しております。



42C854EE-04AF-4ACA-B1FE-1D3E4B18D35C.jpeg



奈良美智さんのポスターです。

いろんな解釈が出来そうな表情が気に入って、

奥しゃんが買っていました。



これ以外にも少しありますし、

今後また増えていくかもしれません。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:25| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々。



F2EE7483-E2AE-4932-B8DD-D1386BFB7A4B.jpeg



3190CB65-CC9A-4257-A414-21E4E07F5034.jpeg



坂口尚『石の花』KADOKAWA

ナチスの侵攻を受けた、ユーゴスラビアの話です。

名作ぞろいで有名な坂口尚さんの一作です。



『起業の科学』『起業の科学入門』『起業大全』

将来ビジネスに興味がある生徒が何人かいるので、

起業のバイブルと言われている本たちです。まぁ、私は読まずに起業しましたが(笑)。



『日本のすがた 2022』

日本国勢図会のジュニア版です。講習会、高学年の地理を調べるのにどうぞ。



『英語の語源大全』『中学英語語源事典』

英語好きな子用に、単語を深く調べて面白く遊んでください。



『こども知能パズル ずけい、くうかん、すいり』

幼児低学年の授業での、ちょっとブレイク用です。



『研究不正』

将来研究者になりたい人用に、不正論文の典型パターンです。



『ゴーイングダーク』

若い女性ジャーナリストが、ISなどの過激組織に、

実際に潜入したという、すごいルポです。



『夢をつかむ力』

徳島からスタンフォード大学に進学した子の自伝です。

炎上しちゃっていますが、編集がちゃんとリードしてあげればよかったのにと思います。

今後、東大京大以外の進路としての海外大ではなく、

海外大の方が自分に向いているから挑戦するという選択肢も、充分考えられる時代です。




もうね、ちょっと油断すると、

すぐにいい本を見つけちゃってすみません(笑)。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:19| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

計画を離れて、現在に座標軸を置く


今晩は、本日も粛々。



ふらっと旅に出ていましたが、

遊びたい気持ちすらも起こらない状態になりそうになったとき、

私は計画とは無縁の旅に出ることがあります。



今回もそんな感じで、

旅に出る前に決まっていた目的地は、

福島の栄螺堂だけで、

まぁ途中で群馬通過するので、スネークセンターに行きたいと

奥さんが言い出したくらいでしょうか。



残りは全く決まっていませんで、

交互に運転しながら、

ぽっと話で出てきたり、

道すがら調べてみたり、

見かけてふと気になって行ってみたり、



そんな感じで結局9日?10日?くらい、

ふらふらしていました。



予想外に面白いことも起きますし、

今回はありませんでしたが、がっかりすることもあります。

それらもまた一興です。



私はどうしても両方の仕事柄、

人の過去と未来を考えることが多いので、

しかも内面的なことや知性、感情的な部分まで、

四六時中ですので、

ときどき現在起こっている出来事に、

1人でいるときに、

感情が全く反応しなくなったり、

支離滅裂な感情になったりします。



そういうときに、現在に座標軸を置くイメージを、

中学時代から持つようにしていました。

後に知ったのですが、

古代ギリシャの哲学で説かれていた方法ですので、

我ながら古臭い人間だなと思います(笑)。



そうすると、身近な人や、知らない人でも、

その人が創作したものや、力を注いでいることへの感受性が高まり、

やっとその人の「生きる」ことに結びついている部分を感知して、

自分を回復できるようになってくるイメージです。



こういうね、自分の感性をチューニングする方法を、

自分なりに持てるようになると、いいんですよね。

たいていの大人は、

自分なりのそういうものを持っているものですよ。



多分(笑)。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 02:25| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする