2023年12月12日

寺子屋の実績のコツは、実はこういう点にあります。


スクリーンショット 2023-12-11 172107.png


チラシが入りました。

ぽつぽつと席が埋まってきています。



今晩は、本日も粛々。



チラシに高校・大学進学実績を記載しています。

非公表のものに関しては、小学校・中学校入試の結果がありますが、



総じて、

傾向と対策はほぼ行わず、

普段から、生徒の得点力だけでなく、

日頃から、習っている内容の考えを理解したり、

それを深めるということを重点的にやっておりまして、

過去問演習などは最終調整に用いるだけです。

それだけでほいほい合格していきます。



かつては、ごりごりの傾向と対策授業でした。

この時より、生徒の成績の伸びがありますし、

実績は当時とは比べ物になりません。



当時は泉丘は1名くらい、

今は半分以上が附属泉丘です。



本来、受験対策とは、

「何を問われても大丈夫な知的な状態に、

 日頃から育てる」

であって、

「日頃はほったらかしにしておいて、

 直前に点数・偏差値だけ帳尻を合わせる」

ではないはずです。



後者が「勉強」と錯覚している大人たちによって、

おかしな指導やおかしな生徒が爆誕してしまうのではないかと、

寺子屋は考えています。



大学入試が難しくなっていて、

しかも入試制度自体が複雑になっています。

これは生徒たちにとって大きなメリットであるはずなのですが、

今までの「傾向と対策=勉強」と思い込んでいる生徒には、

とても不利な内容です。



生徒の日常の力を、コツコツ身に付けていく王道の勉強、

幼児・低学年からしっかりと身に付ける場合、

高学年・中1中2から身に付ける場合、

新中3のように受験をきっかけに身に付ける場合、

寺子屋はそういう子たちを応援したいのです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:36| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月05日

他者といる作法


今晩は、本日も粛々。



先日、やっと美容院に行ってきて、髪型がちょんまげから、

もしゃもしゃに変わりました。

成人式の予約・打ち合わせの時期なので、

美容業界も繁忙期突入という雰囲気でした。



私の髪型はどうでもいいのですが(笑)、

長い間担当してもらっている美容師さんから、

こんな愚痴を聞きました。



「成人式の打ち合わせで、

お母さんばかりがしゃべって、娘さんが黙ってずっと横にいる、

というご家庭が年々増えてきていて、

『誰の式やねん!』と内心思っちゃいます」



体裁だけ整えて、中身が整っていないと、

こういう「意思がそもそもない」「意思を表現できない子」になっちゃいますね。



あいさつはもちろんですが、

意志を示すこと、

言葉遣い、

目をどこに向けているか、

姿勢、

心の声は適切に表現すること



これらはただのしつけの問題ではなく、

他人と共にいるのであれば、必要な事柄で、

これができないということは、

他人と共に何かに取り組んだり、

人からものを教わるという機会を放棄するということです。



幼児や低学年であろうと、

結構うるさい寺子屋ですが、

こういう「当たり前の所作の大切さ」を共有できるご家庭がはじめて、

学問という贅沢なものに取り組めると思うのです。



共有できるということは、

今の時点で完璧にできている、ということではなくて、

指摘されたときに、それは大事だから守ろうね、と思えるという意味合いです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:56| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月03日

そろそろチラシが入ります


今晩は、本日も粛々。



来週くらいに、新聞折り込み広告が入ります。

秋口から3月くらいまで、

大々的に生徒を募集することにしました。



ブログをご覧のかたに少し内容をお伝えすると、

満席になっていた年長さん(新小1生)、

二席だけ増席します。



幼児を開講してもう4年くらい経ちますが、

一番思うのが、

お家の方って、悩んでいるなぁというところです。

長らく高校受験・大学受験に携わってきて、

もちろん中高生の保護者も悩んでいるんですが、

幼児・低学年の悩みはもっと深い。



お家で子どもを面倒みているときに、

何かしらの支えであったり、

場合によってはちょっとした軌道修正であったり、

そういう存在に、寺子屋がなれたら、

こんなにうれしいことはありません。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:14| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月25日

金沢情報さんに載っています


今晩は、本日も粛々。



2023-11金沢情報.jpg


金沢情報さんに、寺子屋がひっそり登場しています。



今年の春以来、大々的な募集を行います。

新年少の予約受付(3月から授業開始)

現年少〜現中2リアル参加の生徒

現4年生〜現中2オンライン生

武蔵小杉国語専門塾寺子屋


一部満席のところがありますが、

以上の四つ、入塾受付しております。



さて、今年は寺子屋初の京大挑戦も含めて、

小6、中1、中2から育ててきた子たちが、大学受験を迎え、

今のところ全員第一志望が旧帝大です。



大学のランクにこだわっているわけではありません。

寺子屋でも優秀な生徒(自学力と人柄を兼ね備えた子)で、

金工大に行った子や、

日体大(中3まで在籍だったので、実績には入っていません)もいます。



ただ、どんな大学に行っても、

その大学の教員たちが、

「こんな生徒がいてくれて嬉しい」と思っちゃう生徒に育てている自信はあります。



まぁ、それはともかくとして、

こんなことがどうやって可能になるかといいますと、

受験制度にある程度詳しくて、

五教科の知識や勉強法を知っているからこそ、

どの時期にどれくらいまでやっておけばいいか?

という目途を立てることができます。



一般的には「いつまで」というのが、

高校受験や大学受験でストップしているので、

微妙な、

しかし大きなズレがでちゃいます。



寺子屋は大学で学問を学ぶことを面白く感じられるには、

社会に出てからも学ぶ楽しさを知る、

ということを基準に、

勉強の内容を組み立てています。

そうすると、結果は自然についてくるものです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月01日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々。



IMG_0479.jpeg


小学生の国語の授業で時折やっている、

「知を編む読書会」用に、いくつか本を買いました。



教科書名短編

ルビが少ないので、高学年向けかなぁ。

現在も収録されているものから、お家の方が懐かしいものまで。

知を編む読書会は、お家の方にどんなお話だったか、言ってみてねと伝えてあるので、

ひょっとしたら、

お家の方のハートにずぎゅーうぅぅん!と刺さるかもしれません。



私は向田邦子さんの文章が好きなのですが、

彼女のせいで、

女流作家=ファザコンという誤った偏見を持つようになりました(笑)。



子どもの難問

「ぼくはいつ大人になるの」「勉強しなくちゃいけないの」「死んだらどうなるの」

小さい頃、一度は抱いたことがあるような哲学的な疑問に、

ガチの哲学者たちが答えるというお話。

しかも執筆陣が、

野矢茂樹、土屋賢二、中島義道、清水哲郎、野家啓一、鷲田清和、入不二基義、永井均などなど、、、

うっそ!ってなるような人たちです。



女子中学生の小さな大発見

静岡県雙葉中学校の生徒たちが、

理科の研究レポートから、面白い発見をまとめたものです。

同じ疑問を、調べて掘り下げてみてください。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする