2022年06月25日

日曜は保護者会です


今晩は、本日も粛々。



今年の共通テストは、

数学ショックなんて言われるくらい、

凄まじい傾向変化で、

進学校でも阿鼻叫喚だったみたいです。



まぁ数年前からずっと保護者会で言っていたのですが、

それでも動揺する方が多かったです。



今年の1月の保護者会は、

さすがに体力の限界で、

13年で初めてお休みして、

あわよくば、今後保護者会なんてしなくてもいいかなーなんて、

少しだけ思っていたのですが、



やっぱり常に教育情報を発信していかないと、

まずいなと思うようになってきました。



毎回、すごい時間をかけて準備するので、

しんどいんですが(笑)、

私の頭の中身は、

時々フルオープンにしておかないと、

いけませんね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月23日

【残席状況】6月23日現在


今晩は、本日も粛々。



今度チラシが入ります



金沢情報さんに掲載されますので、

現在の残席状況を。



中3:残り3名

一般の申込は6月末まで、

寺子屋生の紹介に限り夏期講習前まで



中2:残り4名(以降増席無)



中1:残り3名(以降増席無)



小6:残り3名(増席しました)



小5:1名



小4:3名



小3:2名



小2:2名



小1:1名(満席間近)



幼児:若干名(増席)




現在お問い合わせいただいているところは、

まだ反映されておりません。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:39| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々。



F2C724BE-97BC-421E-A340-E0DD56E81DF7.jpeg



算数・数学関連で、ちょちょいと買ってみました。

あとは先日、東大を定年で退官された、

藤原帰一先生の最近出された本ですね。



昨日小学生に、

ゼロで割ると、答えは?



と聞いてみたら、

割り算のときにやらなかったみたいで、

みんな???という顔になっていましたので、

「それで合ってるよ」と言っているにも関わらず、

どういうこと?みたいなリアクションで、

遊んでいました(笑)。



こういう話たちが載っている本たちです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:31| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

自学力を身に付けるコツ


今晩は、本日も粛々。



昨日、中3(まだ「受験生」とは呼べません)に

「解の公式の成立過程を理解してきてね」

という宿題をできたのは、三分の一以下でした。

この時期に二次方程式の導入をやっているのは、

寺子屋的に遅いのですが、

二水以上を志望している生徒でここまでは初めてみました。



それはともかく、

自学の基本は、

公式を暗記して当てはめる練習をするのではなく、



どうやったらその公式になるか、



なぜそういう操作が必要か、



それで何が出来て、何が出来ないか、



どんなときに便利で、どんなときは不便か。



それがわかるのを「理解できた」ということで、

理解できてはじめて、その単元のスタートラインに立てます。

ただ、

問題を解いているうちに理解ができるようになることもあります。



しかし、上記の「理解するための意識」がなくて、

問題を解く→丸付けをするでは、

永遠に理解までたどり着きません。



ここの格闘を逃れても、

ちょっといい大学程度なら合格できるので、

学歴は高い

(といっても、大学レベルでの話で、大学院以上じゃないので、

レベルの低い話ですが)

のに、頭が悪い人というのは、

こうやって育っていきます。



今のうちに意識をアップデートしましょうね。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 01:20| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

少し変えることを重ねていく


今晩は、本日も粛々。



今日、中2の授業で、

ちょっとした勉強のコツを言いました。

とてもシンプルで、



次回の授業までに、

ひとつはやり方を変えるのを試す



です。

こうやって一歩は小さいのですが、

長年積み重なると、

途方もない差になっていきます。



そういえば、

中学生の時から週1回、

ネイティブとディスカッションする機会を持っている生徒がいまして、

週1回たった1時間弱なのですが、

何年も続けると、

英語の点数上は同じくらいの生徒と比べたとき、

オールイングリッシュで英語の授業をすると、

途方もない差になっていたことがありました。



寺子屋も低学年の指導で、

新しい試みをふたつ追加しました。



毎年、全く同じに授業するということは、

過去一度もないかもしれません、



四年ほど前、

寺子屋一期生が四・五年ぶりくらいに遊びに来たときに、

寺子屋があまりに変わっていてびっくりしていました。

基本ベースは同じなのですがね。

つまりはそういうことなのですよ。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 01:30| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする