2021年03月10日

大学入試の結果が出そろいました


今日は、本日も粛々。



大学入試結果が出そろいました。

どの生徒も、これぞ寺子屋という感じで、

勉強したい事柄がきちんとあって、それを高校の勉強をしながら触れ、

その余熱で点数・合格を勝ち取った子たちばかりです。




金沢大理工学領域数物科学学類

中2の時点では数学の偏差値が50ちょっとしかなかったのですが、

理数科目大好き人間に育ち、大学の理論数学や物理などを独学で勉強する、

寺子屋らしい合格です。

寺子屋の大学実績は、合格実績ではなくて、進学実績ですので、

滑り止め等で合格した大学はカウントしていません。




神戸大農学部応用生命化学科

中3スタートでは偏差値55しかなかったのですが、中学でなぜか数学にハマり、

成績が爆伸びして泉丘合格。てっきり理学部系統に進むと思ったら、

生物関係に関心が向いて、ずっと行きたかった大学に決まりました。



千葉工大創造工学部建築学科

関心領域はとても広いのに、かっちりとこなすのが苦手なタイプだったので、

高校より大学での勉強が向いているタイプ。絵と好きな科目がくっつく志望領域を

見つけることができて、ほっとしました。



大正大学社会心理学部臨床心理学科

中2で来た頃は偏差値50。成績より、熱の核みたいな部分が無いのが

ずっと気にかかっていた子です。高2くらいで臨床心理士の本と邂逅があり、

しかも下手な偏差値が高い大学の心理より、いい心理学科を見つけてきたのが、ミソです。



全員、どこに進学しても、

「こういう生徒に来てほしかった」と言われるような生徒に育ったと、

自信を持って思います。



今年の大学入試は、ひょっとしたら、追加合格があるかもしれませんが、

これにていったん終了です。



【8年累計の大学進学実績(進学先のみ)】
・海外
ボストン大

・国公立大学
東京大学理科U類
東京大学文科U類
東北大
東京外国語大学
筑波大
筑波大
神戸大
神戸大
東京学芸大
東京農工大
金沢大
金沢大
都留文科大学
富山大
富山大
福井大
石川県立大
公立小松大

・私立大学専門学校
早稲田
早稲田
関西学院大学
獨協大英語科
摂南大学薬学部
千葉工大建築学科
大正大臨床心理学科
星稜大
医科大看護専門学校




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:15| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

レディネス


今晩は、本日も粛々。



レディネス

学習における準備が整っている状況



昔、予習をしていることをレディネスと勘違いしているケースを見たことがありますが、

そうではなく、

例えば、数って、順番に数えることばかり教えますが、

量感覚

1対1対応

合成と分解

こういうことが入ってから、足し算引き算に入るわけです。




8744DEC9-D12E-4074-B559-395009CA060E.jpeg


こういう感じで、

具体物を用いて、やるわけです。

こういうのをレディネスというわけですね。



勉強は大人が思っているより抽象的な世界です。

具体がたくさん入ってから、

抽象的な理論や操作を教えるわけです。



こんなことしなくても、特に問題がなかったという場合は、

1、日常生活の中で、学ぶことができた。

2、幼稚園の先生が実はやってくれていた。

3、子供が暗記と要領でなんとかした(笑)。

どれかのケースです。

3が高学年に進めば進むほど、先細りしていくケースですね。。。



子どもが理解しにくいときは、具体が入っていない場合、

というのは、

中学生になっても、

成績優秀層でも散見される事例です。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:53| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

思考力


連載:トップランナーに聞く
学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第3回)


金沢日和さんに連載中のコラム、

第三回が出来上がりました。



今晩は、本日も粛々。



先日出版の打ち合わせをしていたときに担当者の方と、

根拠のない陰謀論に引っかかる、

いい立場の人もいて困るねぇとお話ししていました。

考える力があれば、あれ?と思える内容なのですが、

その時のコツのひとつをお話しします。



ラーニングピラミッド.jpg


よく見かける(らしい)ラーニングピラミッド。

これらの行動によって、学習定着率が劇的に違うので、

生徒同士の教え合いや学び合いみたいな、

アクティブ・ラーニングが有効であるという根拠に使われるのですが、

これ、

全く科学的根拠の無いデマです。



経験的に考えるとわかります。

読書によって10%しか記憶定着がしないなんて、

あり得ないですよね。



グループ討論と講義で、45%も定着率に差があるなら、

我々の学校時代の記憶は、授業の記憶よりグループ討論の記憶の方が多いはずです。



体験に即すると、簡単におかしいなと分かります。



これは論理的トレーニングのひとつなのですが、

大事なのは、

アクティブ・ラーニングがダメだという話ではありません。

根拠が崩れただけで、

アクティブ・ラーニングが有効な学習かどうか、

「まだわからない」に戻っただけです。



ちゃんちゃん。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

遊びを作ると賢くなる

FFE13BD8-3A16-488D-9884-B7D0DFAB4692.jpeg

金沢情報に寺子屋登場です。



今晩は、本日も粛々。



小中学校で勉強するときに、復習重視か先取り重視か論争があります。

そこで漏れている視点が、深堀りです。

習った内容の復習は復習なのですが、

もっと難しい問題や、別の考え方でやってみることを、

深堀りと表現しています。

こういうことをしっかりやると、「遊び」ができるようになります。

ハンドルやブレーキでいうところの遊びですね。

こういう遊びがあると、次の学年以降、大きく伸びる力になります。



話が変わって、学歴大事と学歴関係ない論争があります。

ここでいう学歴は、高卒か専門学校卒かみたいな話ではなくて、

いい大学かどうか的な話です。

18歳プラス何歳かくらいの入り口の時点で、

大切だと言われると、そんな早くに人生決まる?と思っちゃいますし、

大事じゃないと言われると、

若い頃の頑張りって無駄なの?とも思っちゃいます。

これ、典型的な「遊び」が無いことが前提の、論争だと思うのです。



38230622-5399-4B8C-B989-580681521D21.jpeg



こんな感じで分けてみると、

横軸に学歴高い低い、

縦軸に大学で勉強頑張った・頑張っていないを置きます。

学歴いい悪いを問題にするのって、



CE95C923-2B34-4E68-8B07-5BD396244376.jpeg



この赤い部分の人のような気がしています。

私自身を鑑みると、大学は大したことがないところしか出ていませんが、

若干コンプレックスは持っていました(情けないことに、笑)

卒業間際に東大の大学院生対象の勉強会に出かけたときに、

「君はどこの院ですか?」と院生や教授たちから聞かれ、

「明治学院大の学部生ですよ」と話をしたら驚かれました。

それで、大学時代ちゃんと勉強すれば、少しなら追いつけるものなんだと思い、

コンプレックスは無くなりました。



BFB80F3A-0D76-400E-804E-C59F41DC6351.jpeg



じゃ、青で丸をした、大学時代勉強していて、

赤と同じく、社会に出たあとも頑張った人たちは、



まぁ、いいに越したことはないが、

入口より、大学で何をやったかが大事だよね



というくらいにしか考えていないと思います。



大学で勉強すること自体が、

社会に出て直接役に立たないことの方が多いですが、

世界を観る眼が豊かになるという「遊び」そのものだと思うのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津々浦々

FFE13BD8-3A16-488D-9884-B7D0DFAB4692.jpeg

金沢情報に寺子屋が出ています。



今晩は、本日も粛々。



たくさんお問い合わせいただいて、ありがとうございます。

よく聞かれるのですが、

今通っている寺子屋生が、どこから通っているか、

思わず数えてみました(笑)。



大雑把に言いまして、

半分がかほく市からで、

半分がそれ以外の地域で、



だいたい三分の一が金沢市、

三分の一が津幡町、

残り三分の一がそれ以外(能登・内灘・県外)



一番遠いところでは、

アメリカ・ブラジル・インドネシア・福岡・神奈川・兵庫・富山ですかね。



変な塾ですねー(笑)。



最近面談したお家の方が

方針が尖がっていますね、とおっしゃっておられたのですが、

受験までしか通用しない勉強に対する考え方ばかり、塾が表現していることが多いのです。

そうじゃないと保護者や生徒に響かないと思っているか、

受験までしか勉強を頑張ったことが無いからわからないか、

本気でそう思っておいでるか、

どうかは分かりません。



寺子屋はたまたま、

社会に出たときや、生きていくとき、人生を楽しむときと、

勉強との共通点を伝えたいと思っています。

その方が、

単純に本筋だと思っているからだけです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:56| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする