2013年09月20日

基礎基本


今晩は、本日も粛々。



実感としては、だいたい9割くらいの生徒の成績アップのカギは、

★基礎基本

ですね。



基礎基本というと、「簡単・楽しくない」とバカにする生徒もいるのですが、

たいてい、

「基礎はできるんですが、応用が苦手みたいで・・・」と相談がある生徒は、

基礎に原因があります。



例えば、関数の問題。

基礎はできます^^なんて言っている子に限って、

ノートにグラフを書いていない。

「問題(ワークやテキスト)に書き込んでいるから大丈夫です!」とよく言いますが、

グラフをわしわし書く癖がついていた子は、

座標の直線の距離や、

中点の座標の公式、

関数の式を手早く求める・・・

こういったのは、説明されなくても「肌感覚」で、すっと理解できます。



学年5番以内くらいになると、

基礎基本の取得を、短時間でできるようになるため、

今度は敢えて、難しい問題に手を出す必要があります。

難しい問題とはどの程度かと言いますと、


★石川県の公立高校入試問題より、もうちょい上のレベル


です。



そんなレベルは必要無いと考えがちなのですが、

本来、優秀な生徒にとっては、

中学校内容は3年かける方がおかしいのです。


高度な問題であっても、用いられている基礎基本は全く同じです。

その基礎基本が、どのようにひねることができるか?

が、高校に入った後の大切な発想力になっていきます。


それは、小学校内容を高度に極めると、中学校内容が簡単になるのと、

同じ原理です。


あとひとつ。

中学校内容と、高校内容が大きく異なるのは、

★抽象度の高さ

でした。



ですので、普段通りの基礎基本の身に付け方では、

ここがどうしても疎かになるのです。

これは、指導的な立場の方がリードしていかないと、

自ら頑張れる人は、まずいないでしょうね。



別に5教科そろって・・・でなくてもいいのです。

抜群に得意な科目があれば、その科目だけでも次のステップに進めばいいのです。

言い換えればこのステップは、


★わかること・点数が取れることが楽しいから、わからないことが楽しい


への転換期とも言えるかもしれません。



わからないことから、わからないことへ。

わが師はこれが教育の真髄と仰っておられました。

受験産業という、師からすると、

おそらく「最も“教育”から離れた場所」に生息する私が、

今のところ、師の哲学と、私の経験や信念と、今の生徒たちの様子から、

見出せた、かすかな一点です。



                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

落としどころをどうするか


今晩は、本日も粛々。



夏期講習、

中1はテラプリ平均200枚ほど、

中2は、100枚ほど、

がっつりやってもらいました。



寺子屋学力テストの結果、7月から8月は、

中1で偏差値4.1、中2で偏差値2.8伸びました。



ちなみに点数アップで言うと、1位の子から、

99点アップ

89点アップ

66点アップ

62点アップ・・・

と続いていきます。



今の子たち、成績アップの最大阻害要因は、


★演習不足


であることは明らかです。



偏差値66程度くらいまでなら、大量演習で解決がつくかなと思いますね。

しかしながら、現在かほく市は、

部活がハードになってきている分、満足に演習時間が取れません。



そこで、

@予習カリキュラムをひく

A勉強法の指導を取り入れる

B反転授業

という方法で、何とかしているのですが、



★演習時間を確保


★偏差値60後半の生徒に、もうひと伸び



ここはもっと貪欲に追及して、


★寺子屋=平均偏差値63程度


★寺子屋トップ層=偏差値70越えは当たり前


という状態を、追究していきたいなと思います。



そのためのヒントを、


★29日の日曜、群馬県のハイパーな塾を見学


★25日の水曜・・・だったかな?(笑)テラプリの全国での活用事例


得てきたいと思います。




                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

公立高校入試レベルの1段階上


今晩は、本日も粛々。



現在、中3生は英単語+長文対策として、

英検準2級レベルまでカバーできる問題を使おうかどうか、

迷っています。


英検3級と準2級では、

文法面では、そう大きく大差がないので、

中3でも、ちょっと英語が得意(偏差値60以上)であれば、

貪欲に狙ってみていい資格です。



ですので、生徒には「中学校で習わない単語が多いから、そっちを重視してね」と、

言い渡してありますが、

実は大きな大きな、レベル差が横たわっています。



これは実は、

高校入試でも、石川県内の県立私立高校と、県外私立・国立等の入試問題のレベル差、

中学校までの勉強と、高校レベルの勉強のレベル差とも、

全く同じ構造です。





中学校レベル=身の回りの身近な問題

高校レベル=世の中はどうなっているかという問題





抽象度が一段階上がるんです。

視点が、「私」から「世の中全般」とシフトするわけです。

ですから、

「中学校レベルで点数が取れているだけ」

「点数がいかに取れるか、どうやったら点数が上がるかだけしか、関心が無い」

「頑張る理由が、他の生徒に負けたくない・勝ちたいだけ」

という生徒は、100%、高校レベルに付いていけないということです。

ポイントは「だけ」ですね。



ただ、これは、

高校に入ってから、こういうことを考えることができるようになるケースもありますので、

必ずしも中学校でできる必要はありません。


が、そもそも日本の教育システムは、

高校から急に難しくなりすぎる・量が増えすぎるという性質を持っているので、

棘の道であることには変わりありませんが。

(棘の道であることを解って、「高校になったら頑張ればいい」と背中を押している

 保護者を、私は13年の指導経験で、1人もお会いしたことがありません)



少し前のブログで、

授業で雑談をした時に、暇そうにしている子ほど、

学力が低い・知的レベルが未成熟という話をしました(関連記事



ひとつには、

興味・関心は、自ら積極的に持とうとしているのではなく、

そもそも、今自分の中にある興味関心に合わせた話をしてもらえないと

反応できないという意味でもあり、



もうひとつは、

今自分の身の回りで感じるリアリティ以外には、

ピンと反応できないという、

感受性の鈍さの表れでもあります。



だからこそ、

私は、塾の腕の見せ所・・・と燃えてしまいます^^



さて、英語の教材、どうしましょう・・・(笑)




                          ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

アマゾンでベストセラー第2位!


今晩は、本日も粛々。



この『高校受験全国実力派の塾長が語る100の学習法』という本、

51TCL-4wBRL._SL500_AA300_ (1).jpg



アマゾンなど、ネット書店でも販売しています。

こちら




それがなんと、

アマゾンでベストセラー2位を早くも獲得しています。


中学生の高校受験 の ベストセラー



で、あっという間に在庫確認中らしいです。


いやー、びっくりしました^^;


授業スキルコンテストで、寺子屋まで来てくださった、

あんな先生やこんな先生も、

載っていますよ^^


是非、楽しんで読んでください。




                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 19:39| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

やはり失業せずに済みそうです


今晩は、本日も粛々。



2ちゃんねるで、大学受験の生徒たちが、

国語の勉強法について語っていたのを、

他塾の先生から教えてもらいました。



いわく、



本を読むのが一番



だそうです。

やはり私は、しばらく失業せずに済みそうです(笑)。




数学や英語の点数の上げ方と、

全く一緒なんですがね。


むしろ聞いてみたい。

なぜ国語だけ、勉強法が異なる必然性があるのか?と。




                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする