2014年09月01日

レベルの違い


今晩は、本日も粛々。



年度によってばらつきはあるのですが、

ちょっとした勉強のコツですとか、

そういう類のもの、

意外と知らなくてびっくりします。



例えば、

理科・社会が好きなら、資料集が命だよね!

という話をしても、「え?」となることが多いのです。



シンプルに、

周囲にそういう友達がいないのだと思います。


もしくは、いても、

そういう話ができない関係なのだと思います。



周囲のレベルが低いというのは、

本当に悲しいことですね。


なぜか。

自分のレベルが低いことを自覚する機会が持てないからです。



ある程度のレベルの人たちが、

共に勉強する。

こういう機会って本当に大事だと思います。



まさに


レヴェルが違うんだよ.JPG


という空間、

作り上げてみせたいですね。



寺子屋は、泉丘等々、石川県のトップ高では、

まぁ、普通の進学塾です。

しかし、日本一の進学校、灘高校を攻略できた進学塾は、

そうは無いでしょう。



勉強の本来の道筋を辿ることができれば、

石川県一だろうが、日本一だろうが、

関係無いんです。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

今はストレスを溜める時期


今晩は、本日も粛々。



毎年言っていますが、

中3(高3もそれにあたるかもです)は今、ストレスを溜める時期です。



部活動の最後の大会が迫っているので、

いろいろ気持ちに余裕がなくなる時期だと思います。

ですが、今はそれでストレスを溜めてください。



もう少し勉強したかったのに、疲れて寝てしまった。。。とかね、

そういうのが今無いと、

部活が終わった瞬間に、スイッチを入れることができないんです。



最近の入試問題を見て、

対策は「昔に戻りつつある」部分が多いです。

私の7歳ほど下の、元部下が言っていました。



「僕が塾に通ったのは、中2の終わりからです。

 で、成績が上がったのは5月で、それ以降ずっとそれをキープしていました。

 当時は意識が低くて、行動が遅かったんです」



・・・彼は、泉丘→金沢大学医学部医学科(現役合格)です。

部活は、中学も高校も、全国大会レベルです。



こういう時代に、

対策が戻りつつあるわけです。



                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

勉強する資格


今晩は、本日も粛々。



併合って言葉、国際社会で久しぶりに聞きましたね。

この言葉が溢れかえっていた後、やってきた20世紀は、

通称「戦争の世紀」でした。

ロシア・アメリカ。ともに「覇権」なんて意志を出さないことを願います。



さて、

昨年、附属高校の塾向け入試説明会に行った時に、

内申を重視する。

という方針を採っていました。


こういう話をすると、

成績が下の高校が、校風をよくするために内申重視をするのはわかるが、

最上位高がなぜ?とリアクションされる場合もあるのですが、

私はさもありなんと思います。


中学校程度の勉強が出来るくらいで、間違ったプライドに溺れる子どももいます。

勉強を身に付けていく過程で、

必ず訪れると言ってよい壁のひとつです。


例えば、

授業中に先生が不快にならない態度で授業を聴く。

ありがとう、ごめんなさいをきちんと言える。

挨拶ができる。

等々・・・。


当然のことかもしれませんが、

勉強がなぜ、古今東西の君主候補ための帝王学だったかというと、




勉強を極めれば極めるほど、

自分がいかにちっぽけな存在で、些細な縁で生きていること、




偉大な真理に出会うとこみあげてくる感謝や、

モノを知ることには、失敗がつき物だということ。



その中でも意志をもって学び続けるには、

人との関わりが欠かせないということ。



そして、

勉強の過程で、大きな力を身に付けてきたんだと、錯覚してしまうなんて、

よくあることです。


そういった驕りや慢心との戦いが含まれている

ということも、頭の片隅に入れておくといいと思います。



附属は、その程度で溺れる人間は、不合格にしますよ。

泉丘などは、したくても制度上できにくい。

そういう違いですね。


まぁ、点数さえ取れていれば、態度が悪くてもいい。

こんな子は学問に不向きというだけでなく、


勉強のような、素晴らしいものを

する資格が無いですね。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ミスしない緊張感

チラシ2月.JPGチラシ裏.JPG

月曜にも入るチラシでございます^^

気合入った生徒たちからの問い合わせをお待ちしています。




今晩は、本日も粛々。




成績が上がる子は、簡単に見分けが付きます。

大前提として「約束を守れる子」。

出された課題を、きっちり片付けるということでもありますし、

自習に来るという約束を守るか守らないか


この前提を果たした上で、

小学生でしたら、勉強や授業中に手遊びしない子、

中学生でしたら、答えを赤で直しておしまいにしない子、
授業中に習ったことをきちんと使う子、

高校生でしたら、ファーストフード店で勉強しない、
音楽を聴きながら、テレビを観ながらの、「ながら」勉強をしない子、
スマホの電源を切ってに勉強する子。

どの学年でも、寺子屋くらい静かであっても、
「わずかな音が気になる」なんてのたまったりしない子。


もっと言ってしまえば、
成績上位3%にいる生徒は、絶対にやっていないことです。



残念ながら・・・と申し上げてもいいのですが、

大学入試までの日本の入試システムは、

「ミスをしない」に比重が高い仕組みです。


そして、そのミスをしないという緊張感は、

日頃の勉強の中でしか、培うことはできません。


「本番で気を付けるからいい」は、

典型的な不合格になる生徒が、よく言うセリフです。



だとすれば、その緊張感が持続できるような環境を、

自ら作ることができる生徒が、

「成績が伸びる」生徒で、

それが下手くそな生徒が、「成績が伸びない生徒」です。



うっかりミスに対して、「問題文をよく読め」のような
根性論に落とし込む人は、たくさん見かけますが、

本来は、「日頃の勉強からミスをしないことを意識しろ」という、
根性論・精神論に落とし込むべきです。

そうすると、具体的に何をしなくてはいけないのか?は、
自ずから分かります。




                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

基礎力


今晩は、本日も粛々。



全国の塾長さんと意見交換していて、

あるひとつの意見に、

皆でとても賛同したのがあります。



いわく、

中学入試を行っていない、公立中学校では、

上位10%以上であっても基礎力に不安がある。



という話です。

どうせ寺子屋だから、レベルの高い話をしているんでしょう?

いえ、違います。


英語で言うなれば、
月や曜日でスペルミスがある、とんでもないスペルの過去分詞形を書く。

数学で言うなれば、
分数の計算でミスをする、基本的な公式や合同条件を間違える。

レベルの話です。


で、この程度でも、泉丘ならば合格することができます。

ですから、私は「泉丘や二水高校に合格できた」程度は、

学力の保証にならないと思うのです。



確かに、今まで教えてきて、

1回とは言わないまでも、2・3回言ってすっと身に付くレベルだったのは、

1名の生徒だけです。

それでも、相当私にバカにされたそうです。
(すみません、とんと覚えていません・・・)

というのは、言ったことを忠実に遂行するという能力に長けていましたが、

何か思いもつかないような、才能をきらっと感じさせる発言というのは、

とんとありませんでした。

高校生の時は。。。ですが。

大学時代には舌を巻くような、すごいことをわしわし言うようになりました。

きらっと光ることをばしばし言えるようになるまで、

それくらい積み重ねと熟成が必要・・・ということですね。



寺子屋の生徒で一番優秀な生徒も大したものでした。

打てば響くという言葉ではありませんが、

ぽんと投げかけた言葉に、私の想像以上の返事をしてきて、

時々背中に汗が伝います。

逆を返せば、こちらがいかに上手に打つかが要でしたし、

やれと言ったことを忠実に遂行は、いつもできたわけではありません。

中学生の時は。。。ですが。

高校に入ってから、こちらが辛くなるほど打たれますし、

私の想定したことより、遥かに大きなことを成し遂げるようになりました。

それくらい、試行錯誤が必要なのですね。


誰にでも分かる「素晴らしい才能」まで、

どれくらいの労力と苦労が、本人の中で必要かの証左です。


宇ノ気・河北台・津幡・津幡南・高松中学校で、学年1位を取っている生徒でも、

基本的に、基礎力に問題があると考えています。

とても優秀な学年で、

1位2位あたりの生徒が、基礎力をクリアーしている生徒でも、

高校が要求している学力には、まず応えようとしていないレベルです。

特に、復習を重視していたり、学校の課題を重視しているレベルだと、

100%アウトです。

それでしたら、稀に2位以下の生徒でも、向学心を刺激された生徒の方が、

ポンと突き抜ける可能性を持っています。

ひとつのテストでは、才能を測りきれないケースもありますから。



これらは人格を否定しているのではなく、

中学生や高校生というのは、そういう時期なんだと思います。



私の学生時代を顧みても、

こんなにも理解するのに、エゴや気分が邪魔して、

すんなりいかないものだなと、自分に呆れます。

成績はすごくはありませんでしたが、そこそこだったんですよ?

それくらい、脳みそに新たな回路を作るというのは、

難しい作業なのです。



ですから、

うちの子は、うっかりミスが多くて。。。

勉強方法が解っていなくて。。。

というのは、八百屋にマグロを注文しているようなものだと思います。



こういう時は、徹底して、

★授業のノートに返る

★嫌!というくらい繰り返す

という「基本中の基本」に振り返る必要があります。



よくいろんな勉強法の本で指摘されているとおり、

繰り返す=10回や20回はやること

です。




                            ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 09:16| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする