2024年03月07日

公立高校入試が終わりました


今晩は、本日も粛々。



石川県は公立高校入試が終わりました。

今年は受験生に県外オンラインの子がいませんでしたので、

高校入試は終了です。



まぁね、今の時期だったら、

石川県公立高校入試分析!なんてやっていればアクセス数は上がるんでしょうが、

私も寺子屋生も興味はありません。



寺子屋受験生たちは、もう高校予習を始めました。

今日は授業がある日じゃないんですが、

例年8割くらいの生徒が来て、入試当日から高校予習を始めます。

今年は全員です。

素晴らしいですね。



高校予習、春休みの間に高1内容まで終わらせるとか、

めちゃくちゃなことをやるところも多いらしいですが、

寺子屋は今のうちにしかできない、

じっくりとした予習をやります。



大学入試から逆算するとか、そういう姑息な(その場しのぎの、という本来の意味)ことではなく、

高校のカリキュラムにどんな弱点があって、

中学からどういうことをてこ入れしていればスムーズにつながるかを、

計算してやっています。



予習内容も、中学校内容とつなげたり、

数学もじっくり概念を入れたりしながらです。

やみくもに先を進んでしまうと、



習ったものでしか問題を解こうとしない。

意味を理解せずに手順だけを覚える。

都合のいい構造を仮定する。

言葉で説明しようとしない。

原理を見抜いて一般化することができない。

問われていることを理解しようとしない。



こんな高校生が誕生してしまいます。

あ、この列挙、

実は神奈川大学の論文からの引用です。

タイトルは「高校数学教育の負の影響」です。



寺子屋は高校生からは入れませんので、

幼児〜中学生までのお問い合わせをお待ちしています。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:00| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

自学力を身に付けるコツ


今晩は、本日も粛々。



昨日、中3(まだ「受験生」とは呼べません)に

「解の公式の成立過程を理解してきてね」

という宿題をできたのは、三分の一以下でした。

この時期に二次方程式の導入をやっているのは、

寺子屋的に遅いのですが、

二水以上を志望している生徒でここまでは初めてみました。



それはともかく、

自学の基本は、

公式を暗記して当てはめる練習をするのではなく、



どうやったらその公式になるか、



なぜそういう操作が必要か、



それで何が出来て、何が出来ないか、



どんなときに便利で、どんなときは不便か。



それがわかるのを「理解できた」ということで、

理解できてはじめて、その単元のスタートラインに立てます。

ただ、

問題を解いているうちに理解ができるようになることもあります。



しかし、上記の「理解するための意識」がなくて、

問題を解く→丸付けをするでは、

永遠に理解までたどり着きません。



ここの格闘を逃れても、

ちょっといい大学程度なら合格できるので、

学歴は高い

(といっても、大学レベルでの話で、大学院以上じゃないので、

レベルの低い話ですが)

のに、頭が悪い人というのは、

こうやって育っていきます。



今のうちに意識をアップデートしましょうね。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 01:20| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

定期テスト勉強法


今晩は、本日も粛々。



マイペースな私と対照的に、

ハイペースで四冊目の著作を出した

愛知県さくら個別指導学院の國立先生。



成績アップ率96.6%! [くにたて式]中間・期末テスト勉強法 (大和出版) - 國立 拓治
成績アップ率96.6%! [くにたて式]中間・期末テスト勉強法 (大和出版) - 國立 拓治



寺子屋でお話ししている中学生の中間期末テストの勉強と、

7〜8割くらい被ると思います。



石川県と違って、愛知県は内申点の比重が高いので、

確実に点数を取らなくてはいけない点と、



寺子屋では中間期末テストの勉強の仕方というより、

中学校で定期テストの点数にならなくても、

勉強として必ずやっておかなくてはいけないことも、

やって当然だよね、ということもお伝えしている点ですね。



そのぶん、

寺子屋でお伝えしていることの方が、若干ハードですが、

基本的な考え方は同じですし、

その基本の部分をもっと詳しく述べてくださっています。



定期テスト対策ゼロで、

今まで寺子屋の平均はだいたい420〜430点です。

まだそこに至っていない人や、

平均ちょい上程度ということは、

まだまだ基本的な勉強ができていないということです。

ぜひ一読して、確認してみてください。



私の単著もさっさと書けと、

國立先生から急かされておりますので、

ちょいちょい頑張ります。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 02:04| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月17日

地頭を良くするには

2201チラシ.png

先日最終のチラシが入りました。

3月からの新年度開始です。



今晩は、本日も粛々。



最近YouTubeで、往年の野球選手が番組を持っていて、

当時知り得なかったことについて語っていて、

面白いです。



子どもの頃大好きだった、

篠塚和典選手、

安打製造機、守備の名手として有名でしたが、

バッティングや守備の練習で、

勉強、特に幼児低学年期に大事なポイントと、

全く同じことを言っていました。



練習のときに、

いかにいろんなことを想定して、

遊び感覚でやったことがないことを試す。

これが上達のポイント



でした。

同様のことはAIでも言われていて、



うまくいったときに報酬を与えると、

AIの精度が上がると思われがちですが、

むしろ今までやったことがないことにトライしたときに、

報酬をあげた方が、

優秀なアルゴリズムを形成する。



とのことです。



勉強でも基本なのですが、

成績が良いけど、頭が悪い生徒は、

ひとつのやり方しかやらない子が多いんです。

賢い生徒は、2つ以上のやり方で確認するのですが、

一つのやり方で何回か解いて確認、

みたいなことをやっちゃうタイプ、



つまり、

過程より結果しかみられてこなかった場合ですね。

いい結果が出なかったということは、

悪い過程を歩んでいた、

それは確かにそうなのですが、

悪い過程を歩んでもいい結果が出ることもあるわけです。



高学年・中学生になる前に、

まずはちゃんとした過程をたどる状態を作っておくべきですね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:22| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

傾向と対策の結果


今晩は、本日も粛々。



傾向と対策に頼りきると、自学力が摩耗します。

とはいえ、

志望校に受かってほしいというのも、

塾の先生だけに限らず、

周囲の大人や、生徒の友人たちすらも思うことです。



しかし、傾向と対策の結果、

こういう進学校の生徒が生まれたらどう思いますか?



日本全国の塾長さんたちから聞いた話です。

国語で要約の課題が出て、

その中から定期テストで一問出るのですが、

課題の要約を全て暗記して、テストで写すという生徒。

これ、一人じゃなくてクラスの半分くらいがやっていたそうです。

公立地域トップ校での話です。



コミュニケーション英語の授業で、

課題の和訳を全部暗記してテストに臨む。

これも有名中高一貫校の話です。



こういう体たらくになってしまうわけです。

毎年、全国の有名高校や大学が、HP上や説明会で、

入試を採点していての講評を公開してくれるところがあるのですが、

ほとんどが

基礎的な内容・基本的な勉強方法ももっときちんとやってください、

と要約できます。

例:東北大学英語数学

(一番最後にある、志願者へのメッセージを読んでください)



これは当たり前ですが、難しい問題を解くなとか、そういう意味でなく、

傾向と対策みたいな勉強で、

誤魔化して点数を稼いでも、

ある一定レベルの中学・高校・大学に合格できませんよ、

定員上合格になったとしても、うちの求めている生徒じゃありませんよ、

ということです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:40| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする