2021年06月19日

傾向と対策の結果


今晩は、本日も粛々。



傾向と対策に頼りきると、自学力が摩耗します。

とはいえ、

志望校に受かってほしいというのも、

塾の先生だけに限らず、

周囲の大人や、生徒の友人たちすらも思うことです。



しかし、傾向と対策の結果、

こういう進学校の生徒が生まれたらどう思いますか?



日本全国の塾長さんたちから聞いた話です。

国語で要約の課題が出て、

その中から定期テストで一問出るのですが、

課題の要約を全て暗記して、テストで写すという生徒。

これ、一人じゃなくてクラスの半分くらいがやっていたそうです。

公立地域トップ校での話です。



コミュニケーション英語の授業で、

課題の和訳を全部暗記してテストに臨む。

これも有名中高一貫校の話です。



こういう体たらくになってしまうわけです。

毎年、全国の有名高校や大学が、HP上や説明会で、

入試を採点していての講評を公開してくれるところがあるのですが、

ほとんどが

基礎的な内容・基本的な勉強方法ももっときちんとやってください、

と要約できます。

例:東北大学英語数学

(一番最後にある、志願者へのメッセージを読んでください)



これは当たり前ですが、難しい問題を解くなとか、そういう意味でなく、

傾向と対策みたいな勉強で、

誤魔化して点数を稼いでも、

ある一定レベルの中学・高校・大学に合格できませんよ、

定員上合格になったとしても、うちの求めている生徒じゃありませんよ、

ということです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:40| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月18日

教材オタクのひとりごと


今晩は、本日も粛々。



教材が大好きで、教材会社からオタクと揶揄されることもあります。

教材なんてどれを使っても一緒、

なんて神話もこの業界には根強くて、

教材を生かすも殺すも授業次第ですので、

間違いではないのですが、



教材の背後にどんな理論が隠れているか、まで分かるようになると、

生徒がわかるようになる、

わからないままである理由は、

たいてい教材にあることが多いのです。



まぁそんなこんなで、

生徒にこんな力を付けてもらいたいので、

こういうものを・・・というのが、

比較的いい状態で揃えることができています。



それでいつも思うのが、季節講習用の薄い教材があります。

量も少なく、

かといって内容が深いわけでもなく、

そして概念をしっかり入れるわけでもない。

あんなものやっても意味があるのかと思うのですが、

それぞれの教材会社に言うと、

「あれでも量が多過ぎて終わらないという話の方が多いんです」

「あれでも難しいので簡単な問題をとよく言われまして」

概念に関してが言及する塾がまずないようでして、え?という顔をされます。

まぁ寺子屋が用いているのは、あの科目のあの会社だけです。



簡単な問題を扱う教材については、いいものをほとんど見たことがありません。

基礎ほど概念が大事なのですが、

なぜか簡単な問題集ほど、概念を大切にしない。

教科書準拠ものとか、特にそうです。

それでしたら、教科書を何度も繰り返した方がいいと思います。



内容はプロにしか判断できないと思いますので、

目の前にあるものを完璧に!というのが、

生徒にとって一番大切なことです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 03:06| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

読解力の育て方


今晩は、本日も粛々。



読解力がないと、最近の入試は太刀打ちできない。

読解力をつけるには語彙力が必要。

なんて言っている人は、相当わかっていないと思います。



そんなことを書いてみました。

金沢日和 トップランナーに聞く 第4回
読解力の身につけ方




寺子屋で取り組んでいることはいくつかあるのですが、

そこは内緒にしつつ(笑)、

書いてみました。



まぁ国語を教えることができる先生が少ないという、

不思議な塾という業界。

僅かに教えられる人でも、参考書や問題集を渡して解いたり、補足したりでおしまい。

基本は教科書ですよ。



まぁ、寺子屋では教科書について扱うことはないのですが(笑)、

寺子屋生ではなく、一般的に読解力について困っている場合はここからです。

中学生の場合、簡単な見分け方があります。

中間期末テストで、

漢字を間違えている子は、読解力や語彙力という問題以前の状態です。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:58| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

うっせぇわ


チラシ2101.JPG

先日最終のチラシが入りました。

こんな普通の塾なのに、

かほく市から金沢市だけじゃなく、一番遠くて神奈川県まで、

たくさんお問い合わせいただきまして、ありがとうございます。

新中1は3月中旬、春期講習の受講希望者まででいったん締め切りまして、

6月の夏期講習から、再度募集します。



今晩は、本日も粛々。



Twitterで、ぼそぼそと勉強について呟いていました。

特に周囲の大人が、

むやみやたらに教え込む状態はとても良くないというお話が、

リアクション良かったです。

塾の先生たちから(笑)。



「どうして単語を覚えてこなかったの」予備校生の答えに絶句…



すぐ答えを求めたがる「効率重視」派というと、

そりゃあかん、と思われる方も多いでしょうが、

テストに出ないことを一生懸命やっていると無駄ではないかと考えたり、

前回取った点数より、ちょっと上だけを目標しているのを良しと考えたり、

勉強のやり方がわからないからできない(やり方がわからなければ仕方がない)、

なんて、

思っちゃう方も多いと思います。



どうしていいかわからないみたいだから、

あれこれ教えちゃう、

なんてことをやっていたら、子どもなんてズルいですから、

黙って待っていれば、教えてくれるんだ、

みたいなことしか学びません。



昔から、小手先のテクニックを求めたり、手抜き=効率だと思う生徒が多いのは、

変わらないと思います。

それに対してご丁寧に手を貸すことが「親切だ」という、

余計なお世話をする大人が増えてきたのかもしれません。



「うっせぇわ」って曲が流行っているそうですが、

出来ない理由ばかり挙げるなら、うっせぇわと突き放すときも、

大事な愛情の場合もあります。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

自分の勉強


今日は、本日も粛々。



たまたま塾ブログがふたつ、

同じ話題で盛り上がっていました。



EIMEI-TOP塾長のなんでもブログ 自分の勉強がしたい。



川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越 それなそれそれ



ほんとそれです。



寺子屋から灘高校合格した子でも、

自分の勉強がしたい、

自分のペースを守りたいなんて、

一度も言ったことがありません。

負荷が小さくなる恐さを、この子は痛いほどわかっていました。

中学校受験に失敗していましたから。




今、こういうところに課題を感じているんで、何をしたらいいですか?

こういう勉強をしてみたいんですが、いいですか?




高校生になってからも、

課外でいろんな活動に取り組んでいて、

関西だけじゃなく、

日本中飛び回っていましたし、

部活も3つだったか掛け持ちしていましたが、

学校の課題や、塾の課題をできませんと言ったことがありません。



本当に「自分の勉強」なら、

どんな情況であったとしても、

やるものです。




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:48| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする