2021年11月24日

つまりはそういうことなのです。

2111チラシ.JPG

日曜に入ったチラシです。

早速お問い合わせいくつかいただき、

ありがとうございます。



今晩は、本日も粛々。



金沢情報211124.jpg



金沢情報さんに寺子屋がひっそりと載っています。

今回は金沢市にチラシが入らないので、

金沢在住の方には金沢情報さんにてお知らせいたします。



さて、塾の先生たちが問題を出すのですが、

私からは「伝説の問題」から出題しました。



正解は人それぞれ。

ただし、その人が全部出ちゃいます(笑)。

少し抽象的な思考ができれば、

子どもから大人まで、脳みそに汗をかく問題です^^



勉強の楽しさというと、

とてもお手軽なはずなのに、

塾や学校がそれに取り組んでいないから、できないんだ、

なんて思いがちかもしれません。



むしろ塾をずっとやってきた身からすると、

点数や偏差値で割り切る方が、圧倒的に楽

です。



敢えてその難しいことに取り組んでみたい、

という気合が入ったご家庭が、

寺子屋には集まってきています。



気合が入っているのですが、

じゃ徹底的に管理している(東大に何人の子も入れた、何とかママのように!)

かというと、そうではありません。

そうすると、自学力が育たなくなります。



表紙案.jfif



そういうことなのです^^




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:06| Comment(1) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

自学力がある程度身に付いた生徒たちの言い分


今晩は、本日も粛々。



表紙案.jfif



KADOKAWAから、自学力の育て方を、

数々の塾長さんたちと書きました。

11月中に発売予定です。



名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場
名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場



さて、寺子屋に来てから、

当たり前のように毎日勉強して、

内容はまだ成長の余地がありますが(笑)、

少なくとも自分で勉強できることについては、

太鼓判を押せる生徒2名と授業しているときに、

なんで毎日勉強しに来ているか(オンラインも含めて)、

聞いてみましたら、



A「単純に目標に対してまだ足りないから」

B「楽しいからやっているだけ」



と、実にシンプルな答えでした(笑)。

まぁ、そうなりますよね。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 00:52| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

出版決定


今晩は、本日も粛々。



いよいよ11月末発売予定となりました。


名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場
名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場


名門公立受験道場より、

自学力の育て方



私は本編二つとコラム一つの、

合計30ページちょっと書いています。



しかも出版社はKADOKAWAです。

よ、有名出版社!



この内容に具体的な勉強法と、

寺子屋式「余熱で点数・合格を勝ち取る」方法を加えた、

単著が来年刊行予定です。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:57| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

寺子屋で扱うテスト

B04CDB7F-ADCF-44AD-A0DE-E20F82FF65F4.png


最近入っているチラシです。



今日は、本日も粛々。


昨年、ちょっとやってみてやはりとても良かったので、

今年から高学年・中学生には難易度が高い模試を、少し受けていこうと思います。



中学生は、全国最難関、駿台模試。

寺子屋生は全国100位内を取ったことがあります。



高学年は日能研模試か首都圏模試。

たぶん日能研になると思うのですが、

これも全国統一小学生テストで自治体5位前後を取っている子がいるので、

もっと難しい模試が欲しいなぁと。



難しい模試をする意味は、

寺子屋保護者の方には、こっそり(?)お伝えしました。

こういうことを当該学年できちんとやらないから、

先の学年に行くとどんどん先細っていくのです、

というお話です。



もちろん、普通の難易度のテストもありますので、

生徒の状況に応じて、ちゃんと下ごしらえしておくのです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 14:25| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

道は本当はいろいろある


今晩は、本日も粛々。



321AF370-898A-4B22-9A9E-CA8BDB233E5E.jpeg


金沢情報さんに寺子屋登場です。

今、寺子屋に通塾しているご家庭はオンラインも含めて、

約4割がかほく市内、

約3割が金沢市内、

約2割が津幡、

残り約1割が能登・内灘・県外の生徒たちです。




寺子屋の幼児低学年コースの、大まかなイメージはこちらがわかりやすいかと思います。


週末、金沢

2年連続東大合格!かほく市の進学塾「寺子屋本楽寺」を徹底取材してきました♪





さて、今、某有名出版社から共著をひとつ、「自学力」について

単著をひとつ、寺子屋での勉強の考え方について、

執筆を進めています。

あと講演のオファーもきまして、

話し合い次第ですが、受けようと思います。



どれもそうなんですが、出版や講演をやろうと思っている意図は、

シンプルです。



石川県に限らず、地方都市にいて、公立小学校から、

大都市で中学校受験をする・しない関わらず、

進学校へと進む。

一般的には受験勉強なり、内申点を上げて、

目標に向かって頑張りましょう、なのですが、

その考え方に疑問を持ってしまったり、

目標に向かうのはいいのですが、

それだけでいいのかな?と思っていたり、

そういう人はある程度いらっしゃると思うのです。



そして、知的好奇心の余熱で点数・合格を勝ち取る、

なんて寺子屋は言っていますが、

王道にみえて、

実は一番難しい道だと考えています。

ですので、

どうやって本来の道を歩んでいけばいいかわからないという方、



そういう方々に、

ひょっとしたら、寺子屋の考えが一助になるかもしれません。

ならないかもしれません(笑)。

勉強テクニックを執筆したほうが、一般的なウケはいいのかもしれませんが、

それはもう巷に溢れていますし、

それより、考え方的に部分で理解者が傍にいないことは、

勉強方法がわからないことより、

苦しいような気がします。



そういう思いで、執筆等をやり始めました。



それは過去の保護者会で、

社員研修に寺子屋保護者会の内容を使ってくださった方々や、

首都圏の中受や高校・大学でいろんな人たちと会って、

教育にはいろんな道があって合ったものを選べばいいという事情を知っている保護者が、

今の石川県の教育状況に戸惑って、

寺子屋みたいな考えの塾にやっと出会えたと言ってくださった方々、

それに過去や現在、

頑張ってくれている生徒・保護者の方々が

いてくれるからこそ、

できることでもあります。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする