2019年11月28日

名門塾、続々と


今晩は、本日も粛々。



寺子屋も加盟している、名門公立受験道場。


全国からすごい塾が続々と加盟しています。



青森十和田市さくらアカデミー



埼玉県川越市爆裂松江塾




宮城県仙台市麻布学院



茨城県水戸市進学塾プロフェッショナル




名だたる強豪たちが、


寺子屋にもライバル心を燃やしてくれる。


もしくは、


胸を貸してくれる。


たまらなく光栄です。



テストが終わったからといって、


自習に来ない、大バカ者には勿体ない環境かもしれません。


来年度、


大幅に塾の仕組みを変えようかなぁと、


今、画策しています。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

自学する力3


今晩は、本日も粛々。





そういえば最近寺子屋生は、



平均偏差値どれくらいだろうと調べてみたら、



中学全学年、



62ちょいくらいでした。



道理で、



教えているとストレスを強く感じるはずです(笑)





勉強の基本的な作法や技術と、



偏差値は強い相関関係があります。



このくらいの偏差値だったら、これくらいのことができるだろう、



というラインは、



年々酷い勢いで下がっています。



学力低下どうこうより、



平均のラインが下がってきているイメージです。






圧倒的な結果を出している塾は、



自習している時間が長いと言いました。



本当は「時間」の問題ではないのですが、、、なんて注釈を付けていた理由が、



お判りいただけましたでしょうか。





さて、これをいかに爆発してもらうか、



これがね、



楽しみなんですよね^^



むふふ。。。





ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:56| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

ザクザクとモノが進む。


今晩は、本日も粛々。


すごい人たちを間近に感じていると、
自分のことまでザクザクとスピード感を持って進んでしまう。

やる理由より、
やらない理由ばかり挙げるような人たちに囲まれると、
私は繊細極まりない生き物なので、
精神からやられてしまう。














誰ですか、
今、吹いたのは?(笑)。





周りの大人もそうですが、
生徒たちも同じ。

生徒たちが気合入って、ザクザクものを進めているときは、
とても嬉しい。
生徒たちが来る前、帰った後も、
狂ったように仕事にのめりこんじゃう。

もっともっと、
そういう状態になってほしい。

こちとらもう来年度の準備にかかります。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:43| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

クラビズム7月号


今晩は、本日も粛々。

5449E52B-3BF2-4A81-B050-C0F06AD5F44A.jpeg

発売となりましたクラビズム7月号に、
寺子屋登場です。

塾特集らしからぬ記事かもですが、
今年の東大現役合格も少し自慢しつつ、
妻とご門徒さんで始めるアトリエ本楽寺、
そして妻が担当する幼児教育のお知らせでした。

妻は特別支援学校の美術の先生をしていたのですが、
子どもがとても好きなので、
京都で幼児教育歴30年の諌山先生に研修してもらいました。
ぼーっとして見えますが(笑)、
東京藝大大学院を一発で通っただけの才覚の持ち主、
担当している幼児に、
その審美眼的なものが伝わるといいなぁとも思っています。

塾としては、
芸術コースはやりたい人だけですが、
作品が随所においてあるので、
ちょっと心がほっとしてくれるといいなぁと思っています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:58| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

幼児も開講準備中


今晩は、本日も粛々。


昨夜、授業後車で移動し、京都へ。
朝から、妻が担当する幼児(年少〜年長)クラスの、
研修会に付き添い、
といいますか、
私自身も再勉強。

1CDF73A2-F1EE-46E2-BC6B-A6DA716EDF37.jpeg

今のところ、9月開講を目標に、
粛々と準備中です。

まぁ、妻が私の想像以上に子ども好きだったのと、
やりたいことを貫いてきただけあって、
速く解ける・効率良く解く・暗記で済ませるというような、
小手先テクニックをあまり重要だと考えていないところから、
とても幼児向きなのではないかと思い、
お願いしてみました。

幼児や低学年は、
高学年や中学生を育てるときと、発達段階が異なるので、
全く別の発想になります。

中学受験や高校大学受験から逆算して先取りや、
プリントやテキスト学習「のみ」やっていると、
ただの問題先送りになってしまうので、
中学校受験が緩い地方都市だからこその、
じっくり概念を育てることを、
やっていきます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:04| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする