2019年09月27日

公立上位校を目指す保護者に伝えたい、先取りの是非。


今日は、本日も粛々。





算数好きの長男に、


中1に高校内容まで進んでいいのか、


というかご相談にお答えします。






C53E461C-C5F1-4C81-B2EE-11A82A088001.jpeg







例えば、中1に高校数学を進められるか。


概念がきちんと入っていますか?


大学に入学するまでに必要な得点力は、


問題を反復演習する事で身に付きますが、大学やそれ以降では概念操作が必須となります。


概念とは、例えば「1」とは何ですか?


1番目の数であると同時に、


バケツ一杯でもコップ一杯でも「1」です。


またバケツ一杯分は、コップ三杯と同じ量であれば、


三分の一が3つ集まって、「1」です。





平方根や三平方の定理など、単に進めていくわけでなく、


概念がすっと入っていくならば、先取りはどれだけやってもいいと思います。


しかし、概念が入っておらず、


ただ計算方法だけが上達していたり、


問題が解けるだけだったりすると、


どこかのタイミングで完全に頭打ちになります。





大学受験までの間に頭打ちになれば、まだいいのです。


正しい学問の道に軌道修正すればいいのですから。


大学進学後ですと悲惨です。


お父様もお仕事でお見かけするかもしれませんが、


いい大学を出ているのに能力的にひどく劣っている人は、


受験で概念を大切にしてこなかった人も含まれています。





灘や開成の生徒は、この概念操作が出来ないと解けない入試をクリアしているので、


短い期間で数学を進めることができるのです。


スピードより、わずか小学6年生にして、高度な概念操作ができるのが脅威です。




ですので以下の質問もお分かりだと思います。


問題集は、概念をしっかり伝えている方法であればなんでもいいと思います。


個人的には『高校への数学』『大学への数学』をオススメしますが、


小学算数の概念が入っているのが前提であるのは、言うまでもありません。





ご長男は算数が好きとのこと。


実は、これに勝る有利はありません。


灘や開成の生徒ですら、


好きをなおざりにして、受験テクニックだけで乗り切れてしまった子は


めちゃくちゃ羨ましいと思います。


先取りを急ぐより、


じっくり概念で遊ぶことをサポートしてあげてください。




私は地方都市から灘高校合格者を出していますが、


その生徒も先取りはしていましたが、


概念形成を先送りにするほどの先取りはしていませんでした。


お陰で、灘高合格後も、中学からの生徒と遜色ないくらい成績を維持して


(通常、高校からの生徒は落ちこぼれることが多いのです)、


卒業しました。





教育は焦らず、じっくりていねいに。


私の師匠のひとりの言葉です。





ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 16:28| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

自学する力2


今晩は、本日も粛々。





自学する力、という前に書いた記事の続きです。



圧倒的な成績を叩き出している塾は、



勉強時間が長い



ほんとは「時間」じゃないのですが、



という特徴があるというお話しでした。




宇ノ気中の半分くらいから、泉丘挑戦、東北大に合格した生徒も、



160人中110番くらいからスタートして、七尾高校、薬学部に合格した生徒も、



他にもわんさかいますが、



彼らは中学生の時から、毎日寺子屋に来ていました。





やはり、自学力といいますかが、差を分けていると思います。



ただ、机に向かっている時間が長ければいいというわけではありません。



成績=受験=将来の仕事における基本スペックは、



まず、総合マネジメント能力です。



いつまでにどれくらいの課題を、計画立てて、ある程度前向きな気持ちで、



仕上げるという力です。



これに特殊事情は当てはまりません。



やったか、やらないか、



習慣になっているか、なっていないか、



それだけのことです。




ですから、こういうのをお家の方が、



子どもの勉強に対して、意識がどう変わってきたかを知るには、



次のテストで何を目標にしているの?とか、



どこができるようになりたいの?とか、



今日は塾で、どれくらいまで何をやりたいの?とか、



こういうところや行動で判断できると思います。




さて、これらはどちらかというと、



最低限度の話であって、



自学力というものの本質というよりかは、



ささやかな副産物というイメージです。





こいつをこれからぐっと深めていく内容を、



後日書いていきます。





ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:09| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

義務教育は頭を良くする場所ではない。


今晩は、本日も粛々。

つい最近、高学年の授業にした話です。
国語や算数で間違いがあった時、私は基本的に、
ノーヒントで突き返すことが多いです。
まずは自力で気付けるかどうか。

で、何度か突き返して、l結局間違いの原因が、
ごくごく当たり前の読み落としだったのです。
その子が、
何だ、そんな程度のことかという表情だったので、

小学校や中学校は義務教育です。
だから同じ地域に生まれたというだけで、
どんな子でも受けられる教育です。
つまり、
頭が良かろうが悪かろうが、
最低限、これくらいは解ってねという内容にか扱いません。

だから、当たり前のことができているかどうかしか、
点数では測れません。

いい点数を取りたければ、
点数に見合った当たり前を身につける必要があります。

普通の塾は高校受験や大学受験までしか見ないので、
普通ならここで終わりです。
ですが寺子屋は、
優秀な人間ではなく、
立派な人間に育てたいと思っている塾ですから、
当たり前ができるようになっただけでは満足しません。

当たり前ができるようになったことを、
よく我々塾の先生は、力がついたと表現します。
頭が良くなったではないのです。

頭を良くするには、
習ったことを工夫したり、
深く理解したり、
心を大きく動かしたり、
興味を持ったことを調べたり、
世の中でどんなことが起きているかを知ったり、
色々な考え方を知ったり、
ひとつの問題を粘り強く考えたり、
そういうことをして初めて良くなっていきます。

早くそういうところに立てるようになっていきましょうね。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 03:06| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

幼児の開講準備


5449E52B-3BF2-4A81-B050-C0F06AD5F44A.jpeg

発売中のクラビズムに寺子屋登場です。
チラシも入っています。
9月から幼児と芸術コース開講です。


今日は、本日も粛々。

土曜の授業が終わってから、
妻と車を交互に運転して京都へ。
午前3時過ぎに着いてホテルで仮眠して、

幼児教室を担当する妻の研修(最終)です。
私は運転手兼研修の付き添いです(笑)


積木を使って、

AD4B5489-DE90-445F-99C6-20CF050C28E8.jpeg

こういう動物などを作るわけですが、
なかなか難しいわけです。

0959B41D-0E04-4959-A8D1-3A18E3585939.jpeg

で、よくある知育玩具とどう違うのですか?
と聞かれるのですが、

まぁ、そもそもこういった知育玩具の元祖の教具なのですが、
ふつうの教具はひとつ作ったらおしまいですが、

54F48F2F-8042-4E49-AFAD-EE3175AFDF02.jpeg

81B10D1A-8244-48E3-A537-2BB8486B64D3.jpeg

さぁ違いがわかりますか?

寺子屋の教具は、完成してからが勝負です。
ひとつ変えてみたり、
あるものを書かせたり、
ここから計算させたり、
だから数と図形の融合学習なのです。

まぁ、暗記と計算だけでやってきた子は、
高学年になってもちっとも出来ない。
完全にペーパーテスト用の脳みそしか発達していない感じです。

たまに
「どれくらいこういうことをやれば、点数に結びつくんですか?」
なんてことをおっしゃる方もいるのですが、
こういう概念が入っていなくて点数が取れても、
どこまで誤魔化しが効くか?というステージに入るだけです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:23| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

30年以上前から


5449E52B-3BF2-4A81-B050-C0F06AD5F44A.jpeg

発売中のクラビズムに寺子屋&アトリエ本楽寺登場です。
チラシも最近、ぽつぽつ入れております。


今日も京都で粛々。

京都で幼児低学年プログラムの勉強会です。


5A2A6902-053E-41DC-BE62-27214B967903.jpeg


このプログラムは、
よくあるパズルなどの元祖みたいな内容です。

そもそもは、
当時の東大教授小林茂広博士が、
30年以上前の東大生をみて、
その学力低下を嘆き、

受験が目的となってしまったがために、
難しい定理の暗記や計算を数学と思い込まされたことが、
原因と考えました。

先取り先取りで、抽象的な世界に引きずり込むのではなく、
小さいうちに
具体的に手で触れることができる、
不思議でわくわくする世界を体験してもらうものです。

競争心やご褒美はおまけであって、
過度に人と競わせたり、賞状や等級も要りません。

その内容を、京都の諫山先生が引き継がれ、
その諫山先生に日本全国の先生が教えを請うており、
私もその一人です。

94A64CBF-3E71-456A-A5A0-9C528791C6A1.jpeg

寺子屋が低学年に教えるようになって5年目。
低学年の子たちが、
こんなにも数と計算に頭を荒らされて、
こんなにも粘り強さを奪われているとは、
予想以上でした。

このまま中学生になっていったら、
いくら大量演習をやってもらっても、
いくら考えさせても、
理解できる土台が無いのに無茶をさせるところでした。

ほんと小学生を強化してよかったと思います。
(現在では高学年も、このパズルをやっています)。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:04| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする