2022年07月14日

成績と勉強への取り組み方の関係


金沢情報さんに登場&チラシが入っています。

お問い合わせは問い合わせフォームからお願いします。



今晩は、本日も粛々。


中2の生徒で、いい波に乗りかけている子たちが出てきまして、

1人は小学校4年・5年のときに偏差値40台だった子なのですが、

小学校で順調に伸びてきて、

中学校に入って生活に慣れるまでの間若干停滞があって、

最近復活してきた子です。

偏差値的に言うと、もう10以上伸びてきています。



寺子屋的に偏差値10アップというのは、全生徒の平均くらいで、

この子の様子からみると、もうちょっとはいけそうな気がしています。




もうひとりは、小6の終わりの方で偏差値50くらいだったんですが、

もう少しで60に届きそうになっています。

この子は根性と気合で解決する方なので(笑)、

もう少し頭を使ったり、工夫したりする大切さを身に付けて欲しいですね。




二人とも、数字上は華やかですが、

数字上だけ結果を出すなら、もっと手っ取り早く可能なのです。

ですが、

それをしてしまうと、

塾の授業で扱わなかったタイプの問題に対する粘りとか、

多少成績が横ばいが続く時期があったときの踏ん張る力とか、

塾に対する依存心ばかりが育って(先生的には気持ちいいかもしれませんけどね)、

後々厄介なのです。



数字そのものより、

学習態度が変容して、その態度に伴った結果が付いてくる、

ということを寺子屋ではとても重視します。



点数はいいけど、

それに相応しい勉強への取り組み方が見られない生徒より、

こういう生徒たちが誇らしいです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:01| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

偏った基準の乱立


今晩は、本日も粛々。







海外大志望者用の授業をしています。



今は国内の大学だけでなく、

海外大も選択肢に入れられる時代ですので、

希望している人には、

こんな授業もしています。



国内の大学も、海外の大学も、

向き不向きがあります.

国内の大学でも、

偏差値という偏った基準「しか」無かったのが問題だったんですが、

最近は推薦入試が拡大していて、

またもうひとつの偏った基準が登場しました。



海外の大学は、また国内の推薦入試とは異なった偏り方をしています。

こういう異なった偏りが乱立していて、

それぞれによって選べるというのが、

公平な選抜方法に近づくと思っています。



国内の推薦・AO入試で、寺子屋生は

金沢大医学部、

筑波大学、

都留文科大学

の合格者が出ています。

寺子屋文庫で推薦に必要な、



大学の、その専門科目でどこに関心があるか?



を掘り下げられた子たちばかりです。



ちなみに高等部からの入塾は一切お断りしております。

寺子屋的には、

高校受験までの間にある程度勉強の基本姿勢を整え、

それが身に付いたとみなした生徒しか、

寺子屋の高等部でやっていくことは不可能だと思います。

勉強の基本姿勢が身に付いていなくても、

附属・泉丘程度なら合格できますんで。。。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

取材


今晩は、本日も粛々。



某教材関係の会社から取材を受けました。

その教材関係の、

塾向けのPR用取材なので、

生徒・保護者の目に触れることはありませんが、



保護者会や広告宣伝物で言っていることと、

同じ内容ではありますが、

毎度毎度思うのですが、

異業種の、立場が高い人から寺子屋の考え方は、

とても感触がいいですね。



とはいえ、取材でも強調したのですが、

寺子屋の考え方が唯一最強なんてことは決してなくて、

たくさんある考え方のひとつにしか過ぎないわけです。



まぁ、

「いい塾」ってどんな塾だろう?

に対して、きちんと自分なりに答えを持っていない塾長なんて、

まず一人もいないと思いますし、

それぞれの想いやストーリーの中で答えを持っています。



寺子屋の考えも、同じことです。



さて、この考えがもっと生徒に、

お家の方に伝わるように、

また少しずつ仕組みを変えていきます。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 02:53| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月14日

やっぱり小学生から育てていると強い


今晩は、本日も粛々。



春期講習明けの学力テストが終わりました。

低学年から来ていた子たちは、



中3 425☆

中2 319、392

中1 416、471☆、394、461☆

小6B(中学受験用偏差値45で附属中レベル)285☆、273☆、194☆

小5A 343☆、251

小4B 146☆(2教科)



☆マークが付いている子が、現時点で附属・泉丘レベル合格圏です。

全員、というわけではありません。

届いていない子でも、

一番最初を考えると、これでもよく伸びたという子ばかりですが、

個人的にはとても悔しいです。



こういう点数的な数字は、

その子の力の一部分は正確に表せますし、

一部分は全く表せないものです。



数字的に表れている・いないに関わらず、

数字に表れない力が付いている人もいれば、

まだ私からみて物足りない人もいます。



数字と数字以外の力、

両方みながらああでもない、こうでもないと、

うんうん考えるのがたまんないですね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:52| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

壮大な種蒔き


今晩は、本日も粛々。



金沢日和

学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第14回)

自学力の育て方D 望み高く胸にあるも、その成敗を問わず




恒例の連載記事が掲載されました。

記事の補足内容的なブログをば。



ごくごく「普通」の子だったのですが、

見違えるように自学力が身に付いた子たちに、

そのきっかけを

自己分析してもらったり、

私自身が様子をみていて思ったりしたことを書いてみます。



・成績が伸びてきて、そのうちもう少し深く勉強しようと思ったこと。


・テストや問題で丸がついてお終いから、もう一歩調べるようになって、

 するとどんどん面白くなってきた。


。初めは毎日勉強するのが癖になってきて、

(いろいろな科目での話や、文章の内容が色々とつながってきて)←指導者の補足

 しばらくするとその科目の深い部分が面白くなってきた。



こういうのがよく見かけるパターンです。

ふらっと来ていた生徒たちに聞いてみたのですが、

本人が自覚している範囲での言葉ですので、

それを聞いていると、



そういえばご家庭でこんなことやっているとおっしゃっていたなぁとか、

学校でこの科目の先生の授業が面白いと言っていた時期があったなぁ、

寺子屋の授業でこれをやっていたとき、いい顔していたなぁ、

などなど思い浮かんできます。



蒔かない種は生えないけれども、

蒔いた種が全て実を結ぶとは限らない。

しかし、

たまに予想していた以上に撥ねることもあるので、

この仕事は面白いのです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:54| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする