2024年02月27日

駿台中学生模試、英語と国語


3月の新年度に向けて、生徒を募集しております。

低学年は曜日・時間帯によりまして、

満席のところがあります。

新年度入塾テストで合格した皆さん、おめでとうございます^^



今晩は、本日も粛々。



前回は中1数学のお話をしたんですが、

英語でも最高は偏差値63、偏差値50を下回った子は一人もいません。

国語でも最高偏差値62、同じく偏差値50下回った子は一人もいませんでした。



英語は小学生はじっくりと、中1に上がるときに簡易版でフォニックスを徹底的にやり、

通常授業で、前から読んでわかるように英文法を理解していくように進めています。

あとは「中3までにできれば英検2級、普通で準2級は取ってね」

但し、過去問やりこんではダメと指示してあるだけです。

中1は4級・3級・準2級取得済みです。



やはり準2級取っている子は、駿台中学生模試でも炸裂しました。

英語に関しては、英検をだけ先取りしていますが、文法内容は先取りしていません。

正しい英文法の発想で取り組めば、

ある文法単元だけ気を付ければ、ある程度は読めるようになるわけです。



国語も塾にしては珍しく、

力を入れているほうだと思います。

夏と冬の講習会のたびに読解特訓をやります

(春は文法と要約)。



きちんとマスターできた子は、

中3で共通テスト現代文、8割〜満点取ります

(ただしテクニックだけなので、点数に見合った実力ではない)。



こうやって、

各教科の「狙い」みたいな部分を指導者が把握し、

足りない部分を補ったり、

余裕がある子にはテコ入れしたり、

当たり前のことを当たり前のようにやっていけば、

ごりごりの対策をしなくても、

飛びぬけた生徒に成長していくものなんです。



よく寺子屋は「尖がっている塾」と評されることが多いのですが、

当たり前のことをやっているだけです。

ただこの当たり前を、理解していない人や、

受験向けの誤魔化しを「勉強」だと錯覚している人が多数派を形成している、

というだけの話だと思っています。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:33| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月14日

寺子屋の実績のコツ


スクリーンショット 2023-12-11 172107.png


チラシが入りました。

おかげさまでぽつぽつと席が埋まってきています。



今晩は、本日も粛々。



寺子屋の合格・進学実績です。


【13年累計の高校合格実績】

・県外4名7校

灘、

東大寺、

西大和、

鹿児島ラ・サール、

鹿児島ラ・サール、

京都嵯峨野高校、

関西創価、

名古屋高校

・石川県内国公立高校

附属8名

泉丘41名

二水26名

桜丘14名

七尾20名

羽咋12名

石川高専7名

【10年累計の大学進学実績(進学先のみ)】
・海外

ボストン大

・国公立大学

東京大学理科U類

東京大学文科U類

金沢大医薬保健学域医学類

東北大

東京外国語大学

筑波大

筑波大

神戸大

神戸大

東京学芸大

東京農工大

金沢大

金沢大

都留文科大学

富山大

富山大

福井大

石川県立大

公立小松大

・私立大学専門学校

早稲田大

早稲田大

関西学院大学

関西学院大学

獨協大英語科

芝浦工大

摂南大学薬学部

千葉工大建築学科

大正大臨床心理学科

金沢工業大学

福井医療大学

星稜大

医科大看護専門学校



なかなかの実績だと思いますが、

彼らは受験勉強を頑張っていたのかというと、

頑張っていた言うより、



★いつも通りだった



というのが適切かもしれません。





寺子屋でうまく伸びている生徒の特長は何かといいますと、



★普段の勉強が変化していった子



です。

受験だから頑張った子というのは、

思い浮かべようとしても、なかなか思い出せません。



幼児・低学年であろうと、

高学年・中学生であろうと、

寺子屋でやったことを家できちんと復習したり、

寺子屋の授業で聞いた話を、

学校や家での勉強で、すぐやってみたり、



そういう生徒たちばかりです。

そして、毎日コツコツと、淡々と、

勉強しています。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 02:09| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月25日

【武蔵小杉お問い合わせ解禁まで あと7日】寺子屋の文化は、こうやって継承される


今晩は、本日も粛々。



寺子屋文庫と呼んでいる本棚があるんです。

本棚.jpg


これを活かすために、

小学生には国語に読書会の授業を入れています。



歴代いろんな生徒がこの寺子屋文庫に触発され、

二水→早稲田理系に進んだ子は、数学解法事典を愛読していて数学は常に校内トップレベルでしたし、

泉丘→早稲田文系に進んだ子は、かなりの分量を読み漁っていましたし、

附属→東大文系の子は、ファクトフルネスというベストセラーで人生観が変わったと言っていましたし、

七尾→摂南大薬学部に行ったこと、七尾→福井医療大に進んだ子は、

世界史を変えた薬を愛読していました。



そんなの挙げたらキリがないのですが、

今の中学生の保護者から、こんなお知らせをいただきました。



高校生の国語の授業の時に話していたのを聞いてから、森鴎外の強烈なファンになり、

記念館にも行きましたし、未読書やグッズを買いまくりまして、

小さな子どもが念願のおもちゃを買ってもらったかのように大喜びでした。

先日は墓参りもしてきました。

今も、森鴎外がどんなに素晴らしいかを私に熱く語っています。

いろいろ読みましたが、「妄想」が特に好きなようです。



『妄想』なんて通ですねー。

鴎外の考え方の真骨頂みたいな話ですよ。

私は鴎外の歴史小説が好きだったので、

高校時代は『歴史其の儘、歴史離れ』をよく読んでいました。



そもそもきっかけは、

「映画で学ぶ知の技法」という、映画で人間・社会分析を行う授業で、

私が鴎外の話をしていて、興味を持って、

高校生の国語の授業で、高3生が太宰に興味を持って読み漁っていると言っていたのを聞いて、

実際に本を買いに行ったそうです。



寺子屋は「知的好奇心の余熱で、点数・合格を勝ち取る」という理想を掲げています。

こういう寺子屋の文化は、

先輩から後輩たちに受け継がれていったり、

後輩をみて、先輩が刺激を受けて、伝播していったりするものです。



寺子屋は幼児教育を行っていますが、

幼児教育の師匠が寺子屋に特別授業で来てくれたときに、

当時の高校生たちが、

「将来親になったら、子どもにやりたいから」と、

自発的に参加した子たちが何人もいました。



本で学問そのものに興味を持ったり、

同い年しか目に入らない空間では及びもつかない発想を持ったりというのは、

「成績」という数字では直接影響はありません。

ただ、こういう点を持った子たちが、どう成長していくのか、

ワクワクしない大人はいないと思います。



偏差値で測れるような賢い子は、大手塾さんが頑張って育ててください。

偏差値で測れないような立派な子を、寺子屋は育てたいのです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:50| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月15日

最短距離を目指すとアホになる


寺子屋は今年の春ぶりに大々的に生徒を募集します。

知的な子供に育ってほしいお家の方、

お待ちしております。


但し、年長さんは満席、中3は募集終了、高校生は一般から受付しておりません。

HPのお問い合わせフォームからどうぞ




今晩は、本日も粛々。



例えば、小学校のときに、徹底して教科書の音読していましたか?

中学校で、今はQRコードで音読用音声が聞けますが、教科書の音読・暗記をしていましたか?

算数で、低学年の頃から、学校でやるように色々な解き方をしていましたか?



基本的な勉強というのは、今も昔も、そう変わりません。

ですが、妙に小賢しい知恵を身に付けてしまって、

石川県にはこういう問題は出ない(だからやらなくていい)みたいなチャチャが入ると、

どうしても固い頭になっていきます。



一般的な大人風に言うと「地頭」「センス」みたいな部分ですね。



からくりは簡単で、

例えば、国文法は石川県の公立高校入試では、2点〜4点しか出ません。

詩・短歌俳句はここ二十年ほど出ていません。

ですが、

日本語を読むのに、

文法は必要ですし、

詩・短歌俳句で使うようなテクニックを用いない文章はありません。



文法で言うなれば、高校生用の参考書コーナーに行ってみてください。

一文の要点から理解しましょうと、

文法的なアプローチから本文を読みましょうという参考書・問題集が一定数あります。



入試に出ないからやらなくていい

が一般化したせいだと思っています。



ちなみに高校生用語彙力問題集というのもたくさんあります。

いかに小さい頃から、

辞書を引く癖や、

漢字を意味で覚える練習をしてこなかったかが、

よくわかります。



国語だと、最近どんな指導者でも揃って、

「ここまで最近の子が読めないなんて!」と口を揃えて言っています。

英語数学でも、今までの生徒とは違って、基礎的な発想や勉強が全然入っていないと

いう声も聞きます。



最短距離で結果を求めてしまった帰結のような気がします。



ですから、寺子屋では、

低学年は、じっくり考える習慣と、深く考える癖をつけるところから、

高学年から、集団授業の受け方や授業の復習のしかたから

じっくりと、当たり前の勉強に取り組んでいるだけで、

こんな実績になっています。



当たり前のことを当たり前のようにやる。

大事ですよ。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:44| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月03日

傾向と対策って誰のため?


今晩は、本日も粛々。



今年の春ぶりに大々的に生徒を募集します。

年長さんは満席(以降増席はできない見込みです)で、

中3は募集終了しております。

なお高校生は一般から受付しておりません。

HPのお問い合わせフォームからどうぞ。



中学入試・高校入試・大学入試だけでなく、

中間期末テストにおいても、

テストや入試への傾向と対策は、寺子屋は行いませんと明言しています。



部活動で考えると分かりやすいのですが、

次の対戦相手の傾向と対策を練習の中心に盛り込むような部活って、存在しますか?



相手のビデオを観て(過去問)、その選手を倒す練習(対策)をする。

それくらいなら、普段の自分の力を底上げする方に時間を割くと思うのです。



しかもその「傾向」とやらは、

毎年変わらないことが前提です。



かつて

石川県で、英語のリスニングの傾向が変わったときに、

「塾でやってきたのと違う」と戸惑った生徒が多かったり、

長野県で数学の平均点が40点を切ったときに、入試会場で泣き出した生徒がいたり、

ということがありました。



これら、傾向と対策を妄信した指導者の無能さと、

それに何も疑問を持たなかった生徒たちが招いたとしか

私には見えないのです。



傾向と対策は、

私たち指導者が、普段の勉強方針と、

入試等の傾向のバランスを考え、

適宜、カリキュラムや教材にその対策を落とし込んでいくのが大事なのです。



寺子屋が保護者会で、たまに各都道府県の入試問題の傾向や、

正答率などについてまで言及することがありますが、

石川県以外の入試問題、

全国の国立私立の入試問題、

中学入試や大学入試の内容まで把握している塾の先生は、

全国でも稀だと思います。



それも傾向と対策ってだけでなく、

あくまでも本来付ける力とのバランスを考慮するのであって、

入試問題に全振りは絶対にしません。

基礎練習等を行わずに、優秀な選手が育つわけがありません。



それでも不安に感じるとすれば、

その傾向と対策とやらは、

生徒本人が勉強で成長するのではなく、

周囲にいる保護者や指導者が安心したいから行っているのではありませんか?



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:12| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする