2021年12月31日

相変わらず年末感がないのです。


今晩は、本年も粛々。



学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第12回)
自学力の育て方B 自学力が備わってきた子のイメージ



なんと、年の瀬に原稿を書いていました(笑)。



除雪機キャサリンの大活躍で、寺子屋の駐車場だけ見事に雪が無い状態です。



毎年のことながら、

昨日の休講日、今日の中3正月特訓と、

いろんな学年の子もリアル自習室・オンライン自習室含めて、

たくさんの生徒が頑張っていました。



結婚してから、今までみたいな、

自学力を身に付けてもらうために、

毎日勉強できる環境は用意する。

なんてことができないかもと思っていましたが、



一部オンライン化と、

除雪機キャサリンの名づけ親の奥しゃんの理解、

70歳を超えた母が、まだまだ元気なことにより、

何とか可能になっています。



それにしても、

中3の一年に全力を尽くして、受験という麻薬の力を借りて勉強の価値観を一転する、

という、多くの塾が陥りがちなところに背を向けて10年ほど経ちました。

麻薬の力を借りているだけで、

本当に自分で勉強できる力が、高等学校に行っても身に付くことが、

出来る場合と出来ない場合の落差が激しく、

こちらが全力を尽くした分、落胆も大きくなるという循環に、

もううんざりしたわけです。



おかげで例えば今年の中三をみても、

平均通塾年数は3年以上。最長で7年です。

じっくり見ることができるから、

その子の点数や成績ではなく、

自学力の推移がみてとれます。



そうすると、

今、成績という、誤魔化しも効く目安の数字でも、

自学力という誤魔化しが効かない力でも、

いい状態にある生徒で、

何事も無く順調に来た生徒なんて、一人もいません。



むしろ浮き沈みがあって、それを真正面から受け止められた生徒ばかりです。



禍福は糾える縄の如しというのは本当だなぁと、

いつも思います。



悪い時期にじっと我慢して、

粘り強く接するというのは、

大事だなぁと思います。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:55| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

自学力がある生徒なんて見たことありません。


今晩は、本日も粛々。



表紙案.jfif



KADOKAWAから、自学力の育て方を、

数々の塾長さんたちと書きました。

11月中に発売予定です。



名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場
名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために - 名門公立高校受験道場



自学力を育てることを目標としつつ、

生徒の



自分で勉強する



家で勉強する



なんてことを信用は、全くしていません。

中学生や高校生の自力での勉強が、

質量ともに伴っている例は

まず見たことがありません。



まずはある程度の課題量に対して、

一定の期間に、

一定の質まで、

持っていくだけの力をつける。

そこだけで止めると、

大学受験までしか通用しない力なので、

もういくつか促していくのです。



稀にある程度の課題量を仕上げられる力がある中学生を、

みることがありますが、

この最低限の力ですら、

2〜3年に1人いるかいないかですかねぇ。



だから力のある個人塾は、

毎日勉強できる仕組みを整えているのです。



授業やテスト等で、点数獲得力ではなく、

自学力がどれくらい育っているかを見ているわけです。

そうやって自学力がある子に育ってもらう補助輪役をするのです。



もうひとつは、

受験に振り切ると、受験でしか通用しない自学力になりがちです。

その受験で自学力が歪んでしまう矯正役をするのです。




ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 02:13| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

みんながやっていることが普通とは限らない

B04CDB7F-ADCF-44AD-A0DE-E20F82FF65F4.png

最近入っているチラシです。



今晩は、本日も粛々。


久しぶりのブログになってしまいました。

某出版社から、何塾かで共著で、

自学力

をテーマにしたものを出版するのですが、

私はよく言っています、




余熱で点数・合格を勝ち取る




について書きました。

ブログを書いたり、保護者会で話したり、

言語化しているうちに、

思考がよりクリアになることはよくあるのですが、



今まで感じていた一番の違和感が、

やっとわかってきました。



当たり前のことを言っているだけなのになぁ。。。



そう考えていたら、

小中高等学校も、民間教育機関も、傾向と対策ばかりだった。

というだけでした。



わかります。

そっちの方が楽ですからね。



知的好奇心を育てたり、

自学力を育てたり、

余熱で勉強できるようになったら、

勝手に点数や合格が付いてくるものです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 04:08| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

都市部では絶対にできない勉強


今晩は、本日も粛々。



前回、高校で大変な目に合わないように、

義務教育に最適化するような勉強ではなく、

プラスアルファの勉強にアップグレードしていくことが必要で、

それは実は、

金大附属や泉丘の何倍もの人数が、

東大京大に合格する、都市部の中学・高校には、

なかなかできないことですよ、

と言いました。



都市部の先生とお話ししていて、


・内申点を満たしながら実力をつけることを考えると、

 毎日のスケジュールで汲々としています。


・英数の先取りばかりで、他をやる余裕がありません。


・小学校の間は中学校受験で、これまた忙しくてじっくり力をつけられません。


といった話をよく聞きます。

もちろんいいところもあるのですが、


寺子屋では、

小学校の間は、理社とパズルに時間を使います。

中学生の間に、高校レベルまで国語を完成させます。

時事問題を扱ったり、映画で授業しながら、

人間や世の中を分析することをやります。


なんて言いますと、

とても羨ましがられます。

やりたいし、必要不可欠だとわかるのですが、

そういうところに時間を割けないと。



都会には都会の、

地方には地方のメリットデメリットがあります。

それがわかる人は、

活かせばいいのです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

高校の勉強で苦戦する理由


今晩は、本日も粛々。



寺子屋が大学受験やそれより先を考えて、

幼児から高校生まで教えているのは何も不思議なことではなくて、

大学や、社会に出てからも勉強した大人が少ないというだけの話です。



高校受験を指導していて、

はじめは名門校に合格すれば、

その校風と、

背伸びをしてでも志望校に行きたいという気持ちで、

生徒を育ててくれると思っていました。



灘高校に合格した生徒は、寺子屋で伸ばしきれなかった部分を、

とてもよく伸ばしてもらえました。



しかし、進学校と呼ばれるところが受験予備校化してしまい、

それも高校のせいばかりでなく、

やむを得ないことも痛いほど解るのです、

すると、それだけではいけないと嫌というほど思い知らされました。



高校の勉強でしんどくなる理由は何か。



高等学校の勉強は、義務教育と違い、

最低限度の教育ではありません。

義務教育の間に、学年順位がいいから、点数が取れるから、

高校入試で合格できるから、

程度の理由で、

最低限度の教育で通用する勉強法のまま留まっているから、

高校でしんどい思いをするのです。



正確に言えば、高校で躓いてもいいんです。

立ち直る力を身に付けるチャンスです。



そういう真っ当な力を、

幼児・小学生・中学生のうちから、

しっかりと身に付けるのです。

東大に100人とか合格者を出すような、都市部では、

絶対に出来ない、

地方都市ならではの利点なんですよ、実は。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする