2020年04月18日

寺子屋の自学力2


今日は、本日も粛々。



せっかく時間があるのですから、

読書にはもってこいですよ。

寺子屋文庫、

貸出しています。

濃厚接触せずに、やり取りできますからね^^




AF620464-D837-4D5E-A1A6-78D2A8A19D66.png





貸出二日間でのリスト。

なかなか通な本を置いている寺子屋だけあって、

寺子屋生もなかなか通な本を持っていきます。



世界のベストセラー、ファクトフルネスを借りていったのは、

新高1生です。

他はほとんどが小中学生。



勉強を体系的に理解していないと、

ただ読んで面白かった本を置くだけになっちゃいますので、

良書と言われたり、

学問体系の中で理にかなっていたり、

そして面白い本を置くようにしています。



高校生は、課題が多くて勉強できない、

とよく言います。

この言葉の矛盾が持っている意味、

いい大学に入る・入れることが目的になりすぎると、

勉強が歪んでしまうのです。



ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 17:07| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

寺子屋の自学力


今晩は、本日も粛々。



オンライン自習室にオンライン授業。

今日ちょっと手がすいたときに、

どれくらいやってるか、調査してみました。



短い子で4時間、

長い子で9時間って感じでした。

中央値で6時間くらいでしょうか。



低学年でも4時間から6時間やっています。

さすが、中3や高3になると10時間近くやっている子がいますね。



進度も新学年になったばかりなのに、

その学年の内容を終了した子たちが何人も。

次の学年の内容までやっている子たちも、

もちろん前学年の復習や、

苦手なところを克服しようとして頑張っている子たちもいる。



ちゃんと自分なりに課題を見つけ、自分をコントロールして取り組む、

自学力の第一歩ですよ。



これはいい感じです。

鋼の自学力構築に向けて、

いいぞ、

寺子屋生!




ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:56| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

簡単な道だったことは一度もないとはいえ


今日は、本日も粛々。


4FB7552E-8528-4BF9-8AFE-D2AA0963652F.jpeg


妻の最新作です。

真っ赤なダリアが、とても眩しいです。



今晩は、本日も粛々。


今日生徒たちに、テラプリの進行状況を報告しました。

小学生でしたら10枚そこらってのが、

中学生でしたらまだ100枚いっていないって問題外がいます。

自学力を身につけるのが目的ですから、

生徒にお伝えすることはあっても、

わざわざ保護者にお伝えすることはありません。


ってな話をした矢先に、

何度かやんわりと注意していた子に噴火。

久しぶりの大噴火でした。



そしてその矢先に、

明日の映画で授業の間、勉強している場所ありますか?

まぁ、自由参加だからいいけど、

こういうコチコチの頭をほぐすために映画やってるのに、

頭が固い子ほどこういう感じ。



鋼の自学力、毎年毎年、

道は険しい。。。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

集団と個人

コメント 2020-02-04 203054.png


新年度のチラシが入りました。

今年から新中1は3月の春期講習までの募集で、

それ以降は夏期講習から募集を再開する可能性があります。



今晩は、本日も粛々。


寺子屋では、

自分がやりたい勉強の事柄と、

寺子屋から指示が出ている事柄に優先順位をつけて、

それに取り組む。


これが前提になっています。


この前提ができないと、

注意をします。


それは個人の問題ではありません。



寺子屋にとって当たり前の事柄を注意を繰り返す

 ↓

出来ていない子がいるということは、自分もやらなくていいと思う人間が出てくる

自塾の当たり前のレベルが下がる

よって学習習慣や知的好奇心のレベルが下がり、

学力が下がり、成績が下がる。



または、

注意されたり怒られたりするとき、

修正能力が高い生徒、勉強意識が高い生徒ほど、自分も気を付けないとと思う。

注意等が繰り返される

頑張ろうとしている生徒ほど、

頑張っている生徒ほど摩耗する。



逆を返せば、

寺子屋の当たり前をきちんとできている生徒がいると、

集団としてのレベルがどんどん上がっていきます。

面白いのは、

集団としてのレベルを上げてくれるような生徒は、

現在の学力はあまり関係が無いということです。



こういう意識が少しでもあると、

勉強に取り組むだけで、

実は人にポジティブな影響を与えるということが、

しっかりわかった人に育っていくと思うのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

保護者会アンケート


今晩は、本日も粛々。



保護者会でした。

今回も面白いこと盛りだくさんでお話ししました。


いつもアンケートをみていて、

年度末は生徒本人の変化について聞くのですが、

ホント、

子どもとしっかり向き合っていないとわからないような、

変化に気付いてくださっている方ばかりで、

読んでいてとても面白かったです。

私も意外に気付いていなかった点も知ることができました。



昔は、点数しか見ていない人も多く、

せっかく知的な方向に関心が向くようになったり、

きちっと頑張るようになったりしても、

点数や偏差値ばかりを気にしていたり、


成績が爆発的に変化しても、

本人は何も変わっていないとか、

ほんの二・三か月成績が停滞しただけで、

上がっていないとか平気で言う方もおいでて、



砂漠に水を撒いている感覚になることもありました。



ご存じのとおり、

私はあまり満足しないクチですので、

現状に甘えることなく、

粛々と取り組んでいこうと思います。

今年は例年になく、大きく仕組みを変えていきます。

どんな化学変化が起きるのか、

楽しみにしております。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする