2020年12月31日

さすが


今晩は、、、大晦日も粛々。



現在22時、

中3正月特訓が終わって3時間ほど経過しましたが、

まだエース二人、

補欠、

オンライン自習室にもうひとりと、

なかなかエースになれない子、

合計5名の中3がいます。



まぁさすが寺子屋史上最高に意識が低い受験学年だけあって、

例年より少ない少ない。

その代わり、

冬期講習で忸怩たる思いをした子達が、

しっかり自分に向き合っているのが嬉しいですね。

特に寺子屋でエースと呼ぶ子たちがいるのは何年ぶりでしょうか。



コロナ禍一色の今年でしたが、

おかげさまで今年もいい年でした。

毎年、過去最高を更新しています。

来年もきっといい年です。

だって、

いい年にすると決めていますから。



目標は今年の寺子屋ではありません。

来年、今年を超える寺子屋をどれだけ超えれるか?

そこ一点です。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

笑いとは、張り詰められていた予期が、突如として無に変わることから起こる情緒である


今晩は、本日も粛々。


寺子屋恒例、映画で授業は、

不朽の名作『ライフ・イズ・ビューティフル』



強制収容所に入れられたユダヤ人家族の、

「童話のように悲しみがあり、

童話のように驚きと幸せにあふれた物語」



ユダヤ人と強制収容所というテーマを、

残酷なシーンを一切用いずに映画にするのは、

新しいです。



そしてタイトルで引用した、

フリードリヒ・ニーチェの笑いの意味、

笑いとは、張り詰められていた予期が、

突如として無に変わることから起こる情緒である

なんて、軽く超えてしまいます。



しんみりした話はここまでにして、

みんなで叫びましょう、



ボンジョルノ、プリンシペッサ!



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:48| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

準備完了


今晩は、本日も粛々。



今まで、加湿器付き空気清浄機を3台使っていたのですが、

冬になって湿度が心配になり、



★大型業務用加湿器


★加湿器付き空気清浄機もう1台



を追加して、




さらに冬期講習中に密にならないように、

近くに会場も借りて、

スタンバイばっちりです。



空気を常に入れ換えしながら、

室温を20度以上、

湿度を40%以上、

しかも三密回避

を保てそうです。



まぁ、万が一のときは即リモートに切り替えられます。

休校期間で実施済みですんで、

いつでもどんとこい、という感じです。



まぁ、大学受験が心配なので、

何とか落ち着きを見せてほしいのですが。。。




ごんぼっち





posted by ごんぼっち at 17:20| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

保護者会終了しました。


2011チラシ.JPG

最近入っているチラシです。



今晩は、本日も粛々。


恒例の保護者会終了しました。

大学入ってからや卒業してからも、勉強を続けた人は、

そんなにたくさんいないかもしれません。

でも、

その面白さを端的に伝えることはできます。

そういう心持で、

毎回お話ししています。



そして、

ハードルが高い話のように思えるかもしれませんが、

寺子屋に来たときに、

そんなに成績が良かった子ばかりではありません。



偏差値40台、学校の平均点前後の子もいましたし、

50台前半からスタートって子もいました。



でも高みの世界を常に語り続けて、

保護者の方がそれに反応してくださって、

生徒たちが成績を上げて、何か感じるところを見出し、

このような化学反応になっていきました。



保護者会をするたびに、

私にできないところを助けてもらっていることを、

ひしひしと感じます。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

絶対値が大きな物語


B560D848-3449-4189-8456-4604A808321C.jpeg

金沢情報さんと、

リビング金沢さんに、

寺子屋が登場しております。



今晩は、本日も粛々。


中3はどうしても長時間勉強することが多いので、

食事の時は、

頭が良くなる時間として、

いろいろな映像を見せています。



最近は、深夜特急という、

香港から出発して、

インドのデリーからロンドンまで乗り合いバスだけで横断するという、

とんでもないことをした、

沢木耕太郎氏のノンフィクションのテレビドラマ化したものを

使っています。



旅に浮き立つ気持ちと、

旅に飲み込まれていく様子が描かれているのですが、

生徒たちのリアクションをみていて、

見せてよかったなと思うのが、



今日日の子たちは、

負の感情に対する免疫が異様に低いような気がしています。

つまり、

絶対値の幅が狭い。



彼らのせいではもちろんなく、

あまりに単純なストーリー、

あまりにお手軽に心を動かすもの、

ばかりが身近にあったのかなと思います。



あの子たちにも、

いつかわかるときが来る。。。



という感じで、

いつも生暖かくみています(笑)。




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする