2020年03月28日

簡単な道だったことは一度もないとはいえ


今日は、本日も粛々。


4FB7552E-8528-4BF9-8AFE-D2AA0963652F.jpeg


妻の最新作です。

真っ赤なダリアが、とても眩しいです。



今晩は、本日も粛々。


今日生徒たちに、テラプリの進行状況を報告しました。

小学生でしたら10枚そこらってのが、

中学生でしたらまだ100枚いっていないって問題外がいます。

自学力を身につけるのが目的ですから、

生徒にお伝えすることはあっても、

わざわざ保護者にお伝えすることはありません。


ってな話をした矢先に、

何度かやんわりと注意していた子に噴火。

久しぶりの大噴火でした。



そしてその矢先に、

明日の映画で授業の間、勉強している場所ありますか?

まぁ、自由参加だからいいけど、

こういうコチコチの頭をほぐすために映画やってるのに、

頭が固い子ほどこういう感じ。



鋼の自学力、毎年毎年、

道は険しい。。。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

集団と個人

コメント 2020-02-04 203054.png


新年度のチラシが入りました。

今年から新中1は3月の春期講習までの募集で、

それ以降は夏期講習から募集を再開する可能性があります。



今晩は、本日も粛々。


寺子屋では、

自分がやりたい勉強の事柄と、

寺子屋から指示が出ている事柄に優先順位をつけて、

それに取り組む。


これが前提になっています。


この前提ができないと、

注意をします。


それは個人の問題ではありません。



寺子屋にとって当たり前の事柄を注意を繰り返す

 ↓

出来ていない子がいるということは、自分もやらなくていいと思う人間が出てくる

自塾の当たり前のレベルが下がる

よって学習習慣や知的好奇心のレベルが下がり、

学力が下がり、成績が下がる。



または、

注意されたり怒られたりするとき、

修正能力が高い生徒、勉強意識が高い生徒ほど、自分も気を付けないとと思う。

注意等が繰り返される

頑張ろうとしている生徒ほど、

頑張っている生徒ほど摩耗する。



逆を返せば、

寺子屋の当たり前をきちんとできている生徒がいると、

集団としてのレベルがどんどん上がっていきます。

面白いのは、

集団としてのレベルを上げてくれるような生徒は、

現在の学力はあまり関係が無いということです。



こういう意識が少しでもあると、

勉強に取り組むだけで、

実は人にポジティブな影響を与えるということが、

しっかりわかった人に育っていくと思うのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

保護者会アンケート


今晩は、本日も粛々。



保護者会でした。

今回も面白いこと盛りだくさんでお話ししました。


いつもアンケートをみていて、

年度末は生徒本人の変化について聞くのですが、

ホント、

子どもとしっかり向き合っていないとわからないような、

変化に気付いてくださっている方ばかりで、

読んでいてとても面白かったです。

私も意外に気付いていなかった点も知ることができました。



昔は、点数しか見ていない人も多く、

せっかく知的な方向に関心が向くようになったり、

きちっと頑張るようになったりしても、

点数や偏差値ばかりを気にしていたり、


成績が爆発的に変化しても、

本人は何も変わっていないとか、

ほんの二・三か月成績が停滞しただけで、

上がっていないとか平気で言う方もおいでて、



砂漠に水を撒いている感覚になることもありました。



ご存じのとおり、

私はあまり満足しないクチですので、

現状に甘えることなく、

粛々と取り組んでいこうと思います。

今年は例年になく、大きく仕組みを変えていきます。

どんな化学変化が起きるのか、

楽しみにしております。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

寺子屋の当たり前


今晩は、本日も粛々。



冬期講習で、劇的な変化があった学年が、


学年トップ10以上を乱発しておきながら、


それに見合った行動が、


どうしようもなく取れていなかった、


中2でした。



引き金になったのは、


それまで誤魔化し勉強をして過ごしていた子たちが、


きちんと自分に向き合った行動を取れる子が、


割合的に高くなり、


過半数を超えたところでしょうか。



集団授業に限らず、人は影響し合うもので、


だから、


ひとりひとりの心構えが、


すごい集団を作りもするし、


どうしようもない集団を作りもするのです。



今回、


ぱっとわかりやすく点数でそれが出た生徒もいますが、


一番ラッキーなのは、


今回点数で結果が出なかった子です。



これを普通のことにしていかないと、


アカンのですから。



そして、今君たちが爆発的に見せてくれた力は、


寺子屋の当たり前なのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

インタビュー


今晩は、本日も粛々。



保護者をインタビューして、広告にしたらどうだろう?


という企画をしている個人カメラマンがおりまして、


それがなんと、寺子屋OB。


じゃあ寺子屋も早速お願いしてみようということで、



DD057749-4AF1-4D4B-9CC1-78E7C2F78550.jpeg



ぱちっとな。


寺子屋保護者のすごいところは、


もちろん日々の送迎等々もそうなのですが、


子どもと一生懸命向き合って、その質的な変化によく気づいております。


テストの点数が能力の証明だと思っている能天気な大人も多いもので、


そんなことより、


考え方に非常に注目しているなぁと思います。



低学年ですと、右左もわかっていないのに、


学校のテストの点数を上げて欲しいなんて、


小型エンジンで時速140kmを出させようとするみたいなものです。


そうすると、


心や認知に、どこかに歪みが出てくるのは当然です。


褒める子育て、叱る子育てみたいな話が、


いかに本質からズレているか、


お分かりになるでしょう。



ですから、


受験生らしい考え方をするようになった、


今まで関心がなかった事柄を話すようになった、


みたいな部分に着目していますね。


で、そういう変化が起こると、


点数が勝手に伸びていきます。




8DE88954-351B-4ADE-B2B9-F8C015AF89A1.jpeg




それが不思議!なんて言われることもあるのですが、


これが本来の勉強の歩み方で、


テストで学力が伸びているのは、異常なんです。



今回、とてもドキっとしたのは、


先生は見ていないようで生徒を見ていて、


伸びるタイミングなどをじっと待っている


みたいなニュアンスをおっしゃっている方がおいでて、


多分、


それを言われたのは寺子屋保護者では初めてです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする