2019年10月21日

雑談


今日は、本日も粛々。



特急しらさぎの指定席は満席、


自由席で、たぶん終点まで立ちっぱなし中です(笑)。


ちょっと時間かかっても、


米原ではなく、名古屋で乗り換えるべきでした。




さて、


シンプルに聞こえるビートルズサウンドが、


すごく複雑で作り込まれているという話、


音楽をやっている(やっていた)人にしかわからないと思いまして、




坂崎幸之助が解説、ビートルズサウンド

https://youtu.be/jqhFbg9IeyQ







敦賀で


80過ぎくらいの老夫婦が入ってきて、


自由席に座っていた若い人が席を譲っていました。


外国人観光客も、お子さんを膝の上に乗せて、


一席空けてくれていました。



ほっこりしますね^ ^




ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

附属泉丘二水、まだ不十分だ。


今晩は、本日も粛々。



大学入試改革の話題が、さすがに一般的になってきたでしょうか。


寺子屋は4・5年くらい前から先立って、


様子を追っかけてきましたが、


ポイントは、


教育改革の動きをつかむこと?


いえいえ、





文科省の動きを上回ること(笑)。





いろんな塾や


私学・公立中高一貫校などでの取り組みをみていると、


まだまだ不十分だなぁと痛感しました。






特に、あの科目。






来年度に向けて、


もっといろいろ検討してみないといけない。






そして、テスト。


寺子屋では年2回ほど、附属泉丘突破模試という、


石川県の公立高校の入試問題?は??


という感じの模試を受けていますが、


まだ足りませんわ、こんなんじゃ。


全員がやる必要はないですが、


才能ある子、


才能が寺子屋で芽生えた子、


そんな子たちを頭打ちにしちゃう危険があります。





いろいろと変えていこう。


今の高学年が中学生になるくらいの頃から、


中学生で寺子屋に入ってきたら、


大変なことになるかもしれない(笑)。




むふふ。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

自学する力


今晩は、本日も粛々。


名門公立受験道場模試、
中学生各学年の10位内に、だいたい3名ずつくらい入っていました。

ほとんどの塾は、
県庁所在地にあって、
泉丘と引けを取らないどころか、
もっとすごい高校専門の塾が多いです。

石川県内の他塾と比べるつもりはありません。
附属泉丘の合格みたいな、
小さな目標を考えていないからです。

東大や京大?
入学したのが大事じゃなくて、
そこで何をしたのかが大事です。

今までの日本みたいな、
入学歴は、
どんな塾かを知りたい人への、
客観的に指標になりさえすればいいのです。


ということで、
成績なんて特に寺子屋は重視していませんが、
(寺子屋保護者の方はお判りですよね。
例えば入塾テストなんてねぇ・・・笑)
今回は
成績の話です。


成績を大きく引き上げている塾、
圧倒的な成績をたたき出している塾、
全部に共通するのは、

問題を解いている時間が長い
(ホントは時間の問題じゃないのですが)

ということです。


寺子屋も授業より、
圧倒的に問題を解く時間が長い。


それを自学力と言えばいいのでしょうか、
と思っていたら、
埼玉県の某有名塾がもうとっくにその言葉を使っていたので、
別の言葉を考えないと気が済みません(笑)。



問題は、これが成績とどう関係するか、



を知っていないと、
ただ、

「たくさん勉強しなさい」としか言えなくなってしまいます。



その秘密は、























あ、授業が始まりますので、
また今度(笑)


中3に遠藤周作の『海と毒薬』を使っての授業です。




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

少年時代


今晩は、本日も粛々。

昨日は卒塾生が立て続けに来訪してくれ、
ちょっとだけ生徒たちの前で話してくれました。


B4C297A0-8B8E-40F7-AAA3-98096C79BA42.jpeg


あ、お土産にこの本を寄贈してくれました。

時折話してもらっているので、
年々寺子屋生のレベルがアップしているのを実感してくれているみたいです。


今日の映画で授業は、
多分、最もエモい映画、『少年時代』。

エモいは、英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本のスラング。 感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」、「趣がある」などに用いられる。
(ウィキペディアさんより)

エモい映画をエモく解説しました。
富山に疎開した東京の小学生と、疎開先のガキ大将と、
世相がシンクロするときと、相対するときという観点で解説しました。

それにしても、
知的レベルがアップしてほしい子に限って、
両方とも消極的ですねー。
何だか、
田舎もんのやなところを見せつけられた、
二日間でした。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

長期休み恒例の、映画で授業する日


今晩は、本日も粛々。


今年の夏休みは、
11日と18日の日曜日、
19時から22時に行います。

そうですね、
夏らしい映画を数本用意しますんで、
来たみなさんでアンケートして選びましょう。

対象は中学生高校生ですかね。
小学生ではひょっとしたら、
内容を難しく感じてしまうかもしれません。

まぁ、あまりにテラプリ等の進行が遅い方は、
自習できるスペースを用意しておきます。

当該時間は、
外から見ると暗いですが、
ちゃんとやっていますかね(笑)。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする