2019年11月16日

気づく、ということに遅すぎることは無い


全国凄腕塾長たちの会議が、匿名で覗けちゃう

LINEオープンチャット「爆裂個人塾長座談会閲覧所」

寺子屋保護者も、

ふらっとブログをご覧になった方も、

ぜひご参加ください。

https://line.me/ti/g2/AAVcJFZaGPrqIOGDvBHJcw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default




今晩は、本日も粛々。



爆裂(略)閲覧所で、高校生のお母様からのご相談に応えます。



「要領よく勉強して高校入学後潰れたタイプです。

負けず嫌いでもなく今まで特に挫折を知らずにゆる〜く育ってきました。

入学時は高い目標はあったようですが、

現在は目標を失っていて学校からの課題やテスト前だけは勉強していますが結果は散々です。

(略)勉強に関して今はうるさく言っていません。

幸い学校生活は楽しいようで、〇〇先生の授業は楽しいという話も毎日のように聞きます。

人前で話したりする事も出来ますしリーダーシップもとれるタイプだと思うので、

そういった所を認めて伸ばせたらそれで良しとしよう。と思う反面、

いやいや毎日コツコツ勉強しなきゃダメでしょ。という想いと日々葛藤しています。

こんな私に何かアドバイスがありましたらお願い致します。」



高校入学後に潰れるのが悪いのではないのです。


むしろ今までの、誤魔化し勉強を治すチャンスです。


大学受験に間に合わないかもしれない?


教育の完成は大学受験ではありません。


もしその「ゆる〜い」状態で社会人になっていたらと考えると、


空恐ろしくなりませんか?




進学校であれば、躓かない生徒を、むしろ見たことがありません。


弊塾から難関大に合格した子たちも、


スランプや、


日々、分からない、難しい、頭に入らない、課題が多いetc


そういうことが連続の三年間でした。




ただひとつ、勉強は習慣ですから、


目標があっても無くても、続ける必要があります。


目標があればやるのはむしろ当たり前で、


目標があるのに頑張れないのは、かなりまずいと思います。


それでも前向きに取り組んでほしい、というお母様。


こういうのはいかがでしょうか。





授業が楽しいという先生のテストは、


いい点を取ってお返ししてあげて





目標が無いとき、何をすべきか。


ひとつは今あるものから一生懸命になれるものを探すことです。


興味関心が高いものがなければ、


好きな人に付いて行ってみる、というのもいいです。


ふたつめは、今回のご相談とは離れてしまいますが、


今世の中で起きていることを知るため、新聞を読むことです。


世の中で起きている出来事に、何かしら心が動くはずです。


こういう小さな心の動きの蓄積が、


興味関心に育つ種になります。



最後に、フットボールでテキサス大コーチ、ダレル・ロイヤル氏の有名な言葉です。



フィールドでプレーする誰もが必ず一度や二度、屈辱を味わわされるだろう。

打ちのめされたことがない選手など存在しない。

ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。

並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。

そして、敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。




躓いたのが問題なのでは無いのです。


躓いたのを問題と捉えているのが、問題なのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

日曜から火曜の流れ


今晩は、本日も粛々。



京都から埼玉に移動して、


個人塾の塾長さんの集まりに、


二次会からですが、顔を出しました。



次の日は喫茶店に籠ってチラシ等々、広告宣伝物を作り、


先日大病で倒れた塾長さんの快気祝い、



早朝に名古屋に移動し、


会合を行い、


石川県に戻る。



多分、一番時間的に長くいたのが喫茶店という、


二泊三日でした(笑)。




いつも諌山先生の勉強会@京都で思うことだったり、


今回の会合で、改めて思ったりしたことなのですが、


レベルが低くて、努力もしない人をみて、自分を優位に見たり、


そういう人たちをみて心を乱したり(いくら義憤でも)、


これらは、


心が弱いからです。


心が弱いということは、


自分のやっていることが、まだ不十分なことを自分で分かっているからです。




レベルの低い人だけを集めて、


自らが教祖みたいに振舞えることを喜ぶ程度のカリスマが多い塾業界で、


何をしたら心がワクワクするか?


を基準に考えられる人たちがいる。


そして、今はイマイチでも、


真摯にレベルアップを図って一生懸命取り組む人たちがいる。


生徒でもそうだけれども、


私はこういう人たちが、たまらなく好きです。




ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

どうでもいい


今晩は、本日も粛々。



英語民間試験 来年4月からの実施を見送りへ




念のため言いますと、


大学入試共通テストに関わる民間英語検定試験が、


2024年(現中1生)に延期になったのであって、


私立大学や国立二次試験に用いる場合は、


そのまま使えます(今後、大学によって変更が無ければ)。




実際に、高2生に聞いてみると、


民間英語検定試験を受けることで、


自分の勉強にとってはメリットしかないので、


受験に使えるとか使えないとか、


どうでもいい



なんてしっかりした意見だ。。。


話を聞いて、


あたしゃ感心しましたよ。




ただ、Twitterでもちらっと述べましたが、


東京外大の英語ですら、


入試問題が簡単すぎて、


海外のランクが低い大学ですら通用しない程度の難易度の入試が、


受験生にとっては「難しい」という状態です。




附属や泉丘みたいな、地方で有名な進学校ではなく、


日本有数の進学校を卒業した生徒すら、


英語が通用せず、


2年ほど語学留学が必要な状態です。



どこかでメスを入れなくてはいけないのですが、


私は文科省なんぞに期待せずに、


自分でやれることをやっていきます。




余談ですが、私は政治学科出身ですので、

大臣の失言から、こんなに短い期間で変更があったということは、

主導したのは( ピー )で、

ということは、目的な( ピー )という推測が立ちます。

心の底から、どうでもいいです。

全国の高校生諸君、一喜一憂する価値すらありません。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

雑談


今日は、本日も粛々。



特急しらさぎの指定席は満席、


自由席で、たぶん終点まで立ちっぱなし中です(笑)。


ちょっと時間かかっても、


米原ではなく、名古屋で乗り換えるべきでした。




さて、


シンプルに聞こえるビートルズサウンドが、


すごく複雑で作り込まれているという話、


音楽をやっている(やっていた)人にしかわからないと思いまして、




坂崎幸之助が解説、ビートルズサウンド

https://youtu.be/jqhFbg9IeyQ







敦賀で


80過ぎくらいの老夫婦が入ってきて、


自由席に座っていた若い人が席を譲っていました。


外国人観光客も、お子さんを膝の上に乗せて、


一席空けてくれていました。



ほっこりしますね^ ^




ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

附属泉丘二水、まだ不十分だ。


今晩は、本日も粛々。



大学入試改革の話題が、さすがに一般的になってきたでしょうか。


寺子屋は4・5年くらい前から先立って、


様子を追っかけてきましたが、


ポイントは、


教育改革の動きをつかむこと?


いえいえ、





文科省の動きを上回ること(笑)。





いろんな塾や


私学・公立中高一貫校などでの取り組みをみていると、


まだまだ不十分だなぁと痛感しました。






特に、あの科目。






来年度に向けて、


もっといろいろ検討してみないといけない。






そして、テスト。


寺子屋では年2回ほど、附属泉丘突破模試という、


石川県の公立高校の入試問題?は??


という感じの模試を受けていますが、


まだ足りませんわ、こんなんじゃ。


全員がやる必要はないですが、


才能ある子、


才能が寺子屋で芽生えた子、


そんな子たちを頭打ちにしちゃう危険があります。





いろいろと変えていこう。


今の高学年が中学生になるくらいの頃から、


中学生で寺子屋に入ってきたら、


大変なことになるかもしれない(笑)。




むふふ。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする