2021年09月02日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々。



寺子屋文庫にわさっと加わりました。



48C4F5C6-3BE0-45A8-AFC9-0CF89F16096A.jpeg



小学生が調べる量が少なすぎるので、

自由自在を追加。



中学校用の数学掘り下げ系の本に、

医学部を調べるためのもの、

お金の仕組みや、

気候変動について調べるもの、

などなどです。



後日、

今日日の子が古事記日本書紀の内容を、

あまりに知らないので、

マンガで、内容がしっかりしたものを、

入れる予定です。



そういえば今度、

書籍紹介の執筆も依頼がきました。



特に非受験学年、

せっかくのを活かしてね。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 01:40| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

寺子屋文庫追加書籍


今晩は、本日も粛々。



映画で授業でした。

クイーンオタクの余談が炸裂してしまいました(笑)。

それにしても毎回自由参加なのですが、

楽しんで参加してくれている子たちは、

(映画の感想を読むと嫌でもよくわかります)

ホント賢いというか、

授業の吸収力が上がっていっているのがよくわかります。



逆に言うと、

参加しない子や、仕方なく参加している子たちは、

伸び代が無い子しかいないです。



感性と学力って、

深〜い関連があるのが、嫌ってほど毎回痛感します。



さて、寺子屋文庫追加書籍です。



EA478850-B023-4A96-8166-FB2C91192428.jpeg



1945年のクリスマス

22歳の若さで日本国憲法草案に携わった、ベアテ・シロタ・ゴードンさんの自伝。

人権項目に男女平等を書き込んだ彼女は、

なんと芸術畑。



数学ガールの物理ノート ニュートン力学

数学に本質的な切り口で迫るシリーズに、

待望の物理が登場。



数学独習法

代数、幾何、微積分、統計の基礎概念を徹底的に解説した本。

高校数学がわからなすぎる、

問題は解けるけど何に使うか理解できていない子にはもってこい。



「自分らしさ」と日本語

使っている言葉が、自分のアイデンティティを決定する。

という、大胆な立場を研究する、

社会言語学の入門書。



言葉がいかに人を欺くか

フェイクニュースや、ポピュリズムの政治家の言説が、

いかに無意識のうちに差別意識を刷り込むかを分析した、

やや専門書寄りの本。



英語の教養

英文を読む際に暗黙の了解で使われる内容を、

歴史、年中行事、神話、聖書、伝承、生活ことば、スポーツ、人物、動植物

に亘って、図解付きで解説したもの。

英語が好きで、原文に挑戦してみたい人に。



いやぁ、相変わらずいい本ばかりですみません(笑)



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 04:34| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

寺子屋文庫について


今晩は、本日も粛々。



4B207E19-774C-4937-8B6A-F6AD759C914E.jpeg



本棚を修理&新しいものに変えました。

家具の職人さんにお願いしたのですが、

今までお願いしたところは何だったんだろう?ってくらい、

完璧な仕上がりです。



どうせ頼むなら、地元に近いところにと考えたのが失敗でした。

反省しきりです。

痛い思いをしたぶん、

いい勉強になりました。



ちょっと本の位置が変わってしまったので、

近いうちに総整理をします。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

寺子屋文庫、追加書籍


今日は、本日も粛々。



72638EEB-94AE-450E-8A86-0BCD5B488CA8.jpeg



またまたいい本ばかりですみません(笑)。


従来の都道府県、世界の国々図鑑は写真が豊富なのはよかったんですが、

教科書内容との繋がりが薄かったので、二つ組み合わせると最強です。

るるぶから出ている、全3冊の図鑑を購入しました。



あとは理科社会、国語の読解と文法、語彙の調べるもの。

この国語の読解のテキストは、軟派なタイトルですが(笑)、

私の国語を教えるときの考えと、ぴたりと一致する、

といいますか、

古典的でスタンダードな国語読解の仕組みです。



そして投資や仮想通貨のこともちゃんと出ている、

お金に関する話。



一つ異様に場違いオーラを出している新書は、

「千夜千冊」という、私も読書の参考にしている、

松岡正剛氏の近著です。

私の父親と同い年の知の巨人が、

「日本文化は一途で多様な文化を作ってきました。

どこが『一途』で、どこが『多様』かを見極めながら、

本書が安易な日本論で日本をミスリードする歯止めの、

一助となれればと思います」(前書を要約)

と、魂が震えるほど気合が入った、一冊です。



多分、経産省のクールジャパン戦略で講演したにも関わらず、

結局当時の首相が、スーパーマリオに仮装する羽目になったことへの、

忸怩たる想いの結晶なんでしょうね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:39| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

新書を中心に。。。


今晩は、本日も粛々。



コロナ禍で、大変な業界も多いそうですが、

塾も全体的には大変みたいです。



寺子屋はいつも通りの状態ですが、

しんどい思いをしているところも多いようです。

このあたりでも潰れるという噂が聞こえてくるところもあります。

頑張っているところはなんとか乗り切ってほしいです。

頑張っていないところは仕方がありませんね。




さて、


寺子屋文庫、追加書籍です。


59C3BD46-59EC-4ED2-AF37-AD8830F69138.jpeg



個人的に新書再評価ブームで、

やっぱり中公・講談社現代新書・岩波・ちくまの新書はいいなぁ、と。

今度は小学生・中学生向きの本も多く注文する予定です。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする