2020年11月08日

なぜできるようになったか、わかる人は殆どいない


今晩は、本日も粛々。



今日も京都で粛々と、

寺子屋幼児・低学年コースの師、

諌山先生の勉強会。



概念は大切ですと言い続けてきましたが、

そのうち数の概念だけでも、

幼児の場合、だいたい2年くらいかかるそうです。

ひゃーという感じですね^^;



幼児は最近始めたのでともかく、

低学年でみていると、やっぱり2年くらいだと思います。



時代の変化というのもありますが、

つまり、

実際に薪を持つと数と量の概念が身に付きやすいようなもので、

それにしても、

人間が持っている能力って、自然に身に付くのではなく、

みんなが思っている以上に

教えられることによって初めて身に付くことの証左だと思います。



ごんぼっち




posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

実感算数


354A0D8D-1088-456F-BD10-67AE1AE646A3.jpeg

金沢情報さんに載せてもらいました。

クラビズムのときもそうだったんですが、

ひと目見て、他の塾と違うのがわかってとても興味深いらしいです。

至って普通の塾ですよ。




今晩は、、、本日も粛々。



49123E52-ECF6-4981-BA53-9ECA21495521.jpeg



体積くらべっこです。

この容器に実際に水を入れて、

最初の予想とどう違うかをくらべています。



年中から年長にすることが多いですが、

早い子には年少でもやってみます。



早期教育みたいに、

むやみやたらに平仮名や九九を覚えさせるなんてしません。

こうやってじっくり、

切れ刃のいい子を育てていきます。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:00| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

遊びの延長


今晩は、本日も粛々。



幼児や低学年の保護者をみていてすごいなぁといつも感心することが、

いくつかあるのですが、

そのうちのひとつは、




遊びの延長として勉強にリードしていること




です。

幼児期に机の前に座らせて勉強する意味は、

机の前に向かうことを癖にする、

勉強の基本になる概念形成を行う、

以外はそこまで大きな意味はありません。



が、この基本の意味を理解せずに、

数字が100までいえたらすごい感じがするとか、

たくさん暗記していたら賢そうに思えるという理由だけで、

別の方向に走っていってしまう人の方が多いです。



ましていわんや、

勉強しなさいと机に向かわせるなんて、です。



新しくものを知ることは楽しいという下地は、

こうやって出来上がっていくんだなぁと、

いつも感心してみています。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

早期教育


今晩は、本日も粛々。



寺子屋は年少さんから受け入れていますので、

とにかく先取りをさせているんでしょう?

と勘違いされる方も多いみたいです。



早期教育はいいか悪いか、なんてどうでもいいのです。

問題はしっかり概念が入っているかどうかなんです。



足し算でどんなことか分かっていますか。

例えば18という数はどんなふうに分解できますか。

長い文章題でも、図を書いて理解できますか。

計算の工夫ができていますか。

そして、

難しい問題、親が教えずに自分で解かせていますか。



こういう事柄がきちんと出来ていれば、

どんどん先に進めて構いません。

逆に公式的にしか解けていないようでしたら、

じっくり概念からやるべきです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

今日も京都で勉強会


今晩は、本日も粛々。



こんなご時世ですので、

公共交通機関は控えて、車で京都に来ました。

寺子屋幼児教育の師、

諫山先生の勉強会です。



寺子屋では次回、

4月19日に実施しますね。



勉強会はこれで33回目。

回を重ねれば重ねるほど、

しっかりと準備を整えていないと、

勉強に取りかかってもしょうがないというのがわかります。



むやみやたらに筆算が多い、

線分図が書けない、

HBの鉛筆で適切な濃さと丁寧さで字が書けない、

短文を音読して、書かれていない内容の質問に答えられない、

わからないときにすぐ諦める


等々、

プリントの山をやらせれば、形だけはできています。

気づかないまま中学校に上がると悲惨ですが、

悲惨な子でも400点や450点くらいなら取れてしまうんですよね。。。



ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 19:17| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする