2020年03月15日

今日も京都で勉強会


今晩は、本日も粛々。



こんなご時世ですので、

公共交通機関は控えて、車で京都に来ました。

寺子屋幼児教育の師、

諫山先生の勉強会です。



寺子屋では次回、

4月19日に実施しますね。



勉強会はこれで33回目。

回を重ねれば重ねるほど、

しっかりと準備を整えていないと、

勉強に取りかかってもしょうがないというのがわかります。



むやみやたらに筆算が多い、

線分図が書けない、

HBの鉛筆で適切な濃さと丁寧さで字が書けない、

短文を音読して、書かれていない内容の質問に答えられない、

わからないときにすぐ諦める


等々、

プリントの山をやらせれば、形だけはできています。

気づかないまま中学校に上がると悲惨ですが、

悲惨な子でも400点や450点くらいなら取れてしまうんですよね。。。



ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 19:17| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

諌山先生特別授業

コメント 2020-02-04 203054.png

最近入っているチラシです。

そろそろ最終のが入ります。



今晩は、本日も粛々。



前の塾にいたときにあるパズルのプログラムを導入していたのですが、

あ、今はもうやっていないので、言えるのですが(笑)、

図形のセンスは育てることができるという発想に、

いたく共感しました。



しかしどうしようもなく違和感を抱いたのが、

徹底的に競争させる仕組みでした。



確かに、子供は競争が好きだし、

競争し合うことで得られるものもあります。

強敵と書いて、「とも」と呼ぶみたいなやつです(笑)。



しかし、それは刺身のつまみたいなもので、

パズルで得られる概念や、

具体的に数理の世界を見ることができることに比べれば、

大したことが無いものです。



つまを前面に押し出すということは、

パズルでどんな力が付くか、

説明できない状態だと言えます。



ただ、

「空間把握能力と論理的な思考力がつきますー」

「で?」

みたいな感じですね。



諌山先生のプログラムに出会ったとき、

今まで意識しなかったような、

小学校のときに先生がこんなことをやっていたのは、

これこれの意味があったんだ、、、とか、

親がこれこれ言っていたのは、

この力をつけさせたいと考えていたからだ、、、とか、

どわーっと頭に溢れてきました。

そして、附属泉丘はじめ、県内上位高を目指す生徒たちに、

こういうことをやっていないから、

大量演習や今までみたいな講義をしていても、

打てば響くようにならないんだ、、、と納得しました。



まさに、

ジグソーパズルの最後のワンピースを見つけた感じです。




2月23日日曜、13時半から、

その諌山先生自ら、寺子屋の生徒・保護者に授業してくれます。

全国の塾長さんたちも何人か、

生の授業を受けたくて来てくださいます。



ご案内で中二以下の保護者様にメールしましたが、

それ以外の学年の保護者・生徒でも、

ご興味ありましたら、ぜひメールください。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

お手軽指導はしません

コメント 2020-02-04 203054.png

最近入っているチラシです。



今晩は、本日も粛々。


圧倒的に幼児と小学生のお問い合わせが多いですが、

なんちゃってみたいなパズルで、

子どもが喜んでいるからという理由だけで、

やっているとか。


ある程度の点数を取れているのに、

基本的なこと以外はやらせないとか。


才能の芽を摘むような指導だけはしないでおこうと、

固く心に誓うようにします。



ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

教材大人買い

コメント 2020-02-04 203054.png

月曜に新年度募集一発目のチラシが入りました。

いくつか満席近い学年が出てきました。



今晩は、本日も粛々。


幼児教育用の教材を、大人買いしてきました。


BB39AB50-88F0-493F-8EFF-801A5FA811B7.jpeg


633DDEF4-6261-4277-ABA0-173D68899BB1.jpeg


D85046FA-CE2F-4F1C-9D1B-980CD1EE3B6A.jpeg


812E6835-A73B-413C-A136-8C01A457ED82.jpeg


E44BACFF-6479-462C-9107-F890BF426CFA.jpeg


7A956897-A15C-4878-8836-9A36CD3E1B38.jpeg


ECE6C4CB-3FCA-4FA1-B1C0-841B15A99CA7.jpeg



10歳くらいで、

子どもによってここまで差があるのかぁ

とは中受専門塾の方から聞いたことがあります。


下手な低学年の子より、

年少さんのこの方がしっかりしていることもあります。


こういうのを使って下地を持っているか、

持っていないかなんでしょうね。


知育系玩具をみていると、

本当にすごいと思います。

あ、紛い物もたくさんありますがね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

今の教育に最適化した結果


今晩は、本日も粛々。



今度のチラシ、

いつもの語りの部分に書いた内容ですが、

知識はきちんと概念とセットで入れないと、

むしろ思考や判断を邪魔する知識になるという話を書きました。



大学受験まで教えていて、

ホントに



★部分だけしか読まない、


★問われていることに答えない


★図に書けない



という、形だけ勉強の子がとても多い。

それこそ泉丘でも、

過去問対策や、大量に詰め込んでしまえば入ることはできたり、

真ん中くらいの成績でよければいることはできますので、

本当に始末が悪い。。。



こういう生徒にいろんなアプローチのしかたで取り組むわけです。

国語からだったり、

算数からだったり、

パズルからだったり、

他のいろんなことだったり、、、



そうすると、切れ歯のいい子に育ってきます。



そうですね、

習っていないことでも、その場で理解して解けるようになったり、

新しいことにどんどん取り組むようになったり、

得点に直接関係ないことでも、

視野を広げて積極的に取り組めるようになったり、

そんな感じです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:38| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする