2024年02月22日

幼児・低学年算数の威力


3月の新年度に向けて、生徒を募集しております。

低学年は曜日・時間帯によりまして、

満席のところがあります。



今晩は、本日も粛々。


寺子屋幼児教室1期生は、まだ小3なので、

低学年から通っていた生徒の話です。

駿台中学生模試という、

都市部の難関私立国立受験ご用達のテストがあるのですが、

(傾向と対策だけで高得点取っているような生徒でしたら、

泉丘余裕合格の生徒でも20点・30点を取ってしまうようなテストです)

低学年から通っている中1生たちが凄まじい成績をたたき出しました。



駿台模試数学.jpg



普通の公立中学の生徒たちです。

しかも駿台模試の対策や過去問は、一切やっていません。



力試し感覚で、頑張っておいでー

で、この成績です。

(数学だけなら早慶附属高校レベル)



寺子屋の幼児・低学年で、じっくり概念から育てていると、

こんな化学変化が起こります。



先取りは一切やっていません。

といいますか、

算数・数学は顕著ですが、

先取りしていいレベルの生徒に、あまり会ったことがありません。



最近、ある程度できるように(みえる)生徒には、

がんがんと先の学年をやらせるという指導をするところが多いみたいですが、

だから優秀層であっても工夫ができない生徒が多いのでは?

と勘ぐっています。



こうやってたっぷりと小学校算数・中学数学を深めるだけでも、

考えて工夫して、

初見の問題でも何とかできる生徒が育っていきます。



もちろん、高学年や中学生からから伸びる子もいますし、

高得点の子も胡坐をかけば、急落します。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:35| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

幼児・低学年で賢い子はここが違う


スクリーンショット 2023-12-11 172107.png


チラシが入りました。

おかげさまでぽつぽつと席が埋まってきています。



今晩は、本日も粛々。


幼児を開講して、3年?4年?経ちました。

いろいろな生徒を観察していて、

賢い子はここが違うなーと思うことがありました。

何だと思いますか?




弁が立つ?




本を読む?




元気で活発?





どれも確かに当てはまるなぁと思いますが、

もっともっと基本的なことです。






★姿勢が美しい






これです。

挨拶ができない子は賢い・賢くない以前の問題ですので論外として、

勉強するときの姿勢、

普段立っているときの姿勢、

これが美しい子は、総じて賢いなぁと思います。



そういえば、躾という言葉は、

「身が美しい」と書きますね。



妻が結婚する前に、特別支援学校の美術の先生をしていたのですが、

とてもクラス運営が上手な担任の先生の生徒たちは、

姿勢がきれいだったそうです。

もともと姿勢がきれいなのではなく、

授業中しきりに、背筋を中心に、正すように促していたそうです。



集中できない、

落ち着きがない、

眠くなる、



これらはほとんど姿勢の問題で、

集中できない姿勢、

落ち着くことができない姿勢、

眠くなる姿勢になっているわけです。



特に若くしてゲームを

主体的に取り組んでいない子は、

見てわかるくらい、姿勢がだらんとしています。

高学年、中学生になると、

常に顔がぼーっとしている感じで、

ぞっとするときがあります。

子どもらしい生命力が、ごっそり削られているように感じてしまいます。



寺子屋でも結構言っているつもりですが、

もっともっと大事にしなくてはいけないなぁという、

心づもりです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 03:20| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月05日

他者といる作法


今晩は、本日も粛々。



先日、やっと美容院に行ってきて、髪型がちょんまげから、

もしゃもしゃに変わりました。

成人式の予約・打ち合わせの時期なので、

美容業界も繁忙期突入という雰囲気でした。



私の髪型はどうでもいいのですが(笑)、

長い間担当してもらっている美容師さんから、

こんな愚痴を聞きました。



「成人式の打ち合わせで、

お母さんばかりがしゃべって、娘さんが黙ってずっと横にいる、

というご家庭が年々増えてきていて、

『誰の式やねん!』と内心思っちゃいます」



体裁だけ整えて、中身が整っていないと、

こういう「意思がそもそもない」「意思を表現できない子」になっちゃいますね。



あいさつはもちろんですが、

意志を示すこと、

言葉遣い、

目をどこに向けているか、

姿勢、

心の声は適切に表現すること



これらはただのしつけの問題ではなく、

他人と共にいるのであれば、必要な事柄で、

これができないということは、

他人と共に何かに取り組んだり、

人からものを教わるという機会を放棄するということです。



幼児や低学年であろうと、

結構うるさい寺子屋ですが、

こういう「当たり前の所作の大切さ」を共有できるご家庭がはじめて、

学問という贅沢なものに取り組めると思うのです。



共有できるということは、

今の時点で完璧にできている、ということではなくて、

指摘されたときに、それは大事だから守ろうね、と思えるという意味合いです。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:56| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月03日

そろそろチラシが入ります


今晩は、本日も粛々。



来週くらいに、新聞折り込み広告が入ります。

秋口から3月くらいまで、

大々的に生徒を募集することにしました。



ブログをご覧のかたに少し内容をお伝えすると、

満席になっていた年長さん(新小1生)、

二席だけ増席します。



幼児を開講してもう4年くらい経ちますが、

一番思うのが、

お家の方って、悩んでいるなぁというところです。

長らく高校受験・大学受験に携わってきて、

もちろん中高生の保護者も悩んでいるんですが、

幼児・低学年の悩みはもっと深い。



お家で子どもを面倒みているときに、

何かしらの支えであったり、

場合によってはちょっとした軌道修正であったり、

そういう存在に、寺子屋がなれたら、

こんなにうれしいことはありません。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:14| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月10日

理解できていれば、こうなるはず。


今日は、本日は粛々と京都から。



今年の春ぶりに大々的に生徒を募集します。

年長さんは満席(以降増席はできない見込みです)で、

中3は募集終了しております。

なお高校生は一般から受付しておりません。

HPのお問い合わせフォームからどうぞ。



先日、夏期講習で急激に点数アップした子を、紹介しましたが、

あんまりドヤった感じではなく(笑)、

点数が上がったこと自体より云々と、

つべこべと注釈をつけておりました。



まぁ、塾の先生あるあるですが、

急激に成績が伸びた子は要注意



ちゃんと考え方が入った上での点数アップなのか、

それともある1パターンをわかったり、覚えたから取れたのか。



勉強の習慣が付いてとれたのか、

直近数週間・数ヶ月の努力なのか。



これを見極めないといけません。



ちょっと違った角度でお話ししますと、

割り算や分数のテストで100点を取ってきたら、

何が理解できていますか?



計算は出来ますよね。

文章題ももちろんそうですよね。

図形もできるようになっていますよね?



え?割り算や分数と図形?



もちろん関係しますよ。




IMG_0329.jpeg




こんな感じで(笑)。

4等分の図形を、乗せてみましょうという問題です。



保護者の方もペーパーテストベースで、

基礎だとか基本だとかを判断せず、

ちゃんと理解していればいろいろわかるはずです。


ちゃんと理解していれば、

初見の問題でも工夫するはず。


そういう教え方をしていきたいのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:46| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする