2020年01月25日

今の教育に最適化した結果


今晩は、本日も粛々。



今度のチラシ、

いつもの語りの部分に書いた内容ですが、

知識はきちんと概念とセットで入れないと、

むしろ思考や判断を邪魔する知識になるという話を書きました。



大学受験まで教えていて、

ホントに



★部分だけしか読まない、


★問われていることに答えない


★図に書けない



という、形だけ勉強の子がとても多い。

それこそ泉丘でも、

過去問対策や、大量に詰め込んでしまえば入ることはできたり、

真ん中くらいの成績でよければいることはできますので、

本当に始末が悪い。。。



こういう生徒にいろんなアプローチのしかたで取り組むわけです。

国語からだったり、

算数からだったり、

パズルからだったり、

他のいろんなことだったり、、、



そうすると、切れ歯のいい子に育ってきます。



そうですね、

習っていないことでも、その場で理解して解けるようになったり、

新しいことにどんどん取り組むようになったり、

得点に直接関係ないことでも、

視野を広げて積極的に取り組めるようになったり、

そんな感じです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:38| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

数と図形の融合学習


今晩は、本日も京都で粛々。



5628EB41-EE61-483E-BE28-4A112E805CC6.jpeg



諫山先生の勉強会です。


この図形学習を取り入れてから、


創意工夫を行うようになった生徒は、


中学校でいい成績を叩き出したり、


小学生のBテスト(首都圏の中学受験用)でもいい点をガンガン取っていますし、


まだまだだなぁと思う子でも、


Aテスト(公立中学進学用)で7割8割くらいを取ってきます。


ちなみに事前の対策はほとんどしていないです。



これから思考力の時代になってきますが、


読解力は大前提になりますし、


知識があることも前提になります。


ただ、


知識は概念や認知がないとモノにならないんです。




あ、次回の諫山先生特別授業は、


2月23日日曜日となりました。


よろしくお願いします。




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 21:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

幼児の授業スタート!


今晩は、本日も粛々。



1095D281-7222-49FF-B85D-7DA7F958D13A.jpeg



幼児の授業です。


我が奥さんは、やはり幼児対象だけじゃなく、


教えるという仕事に向いているのかもしれません。


幼子の気持ちを汲む力というのは、


男性は完封負けのような気がしてきました(笑)。


声かけのタイミングや、


ちょっと強く言ったり、


今は柔らかく言ったりの呼吸が、


20年教えた私より上手です。



幼児期に、何をどう捉えているかを見ていると、


こういうことをしっかりやらずに大きくなると、


躓くのは当たり前だなぁと、


つくづく思います。



あ、来年度、


幼児以外でも奥さんが活躍する、


とんでもない講座がひとつ登場します。


お楽しみになさってください^^




ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

下ごしらえ


今晩は、本日も粛々。



夫婦で京都に勉強会。


といっても幼児担当の先生でした(笑)。


小学生中学校受験は、特にする必要はありません。


寺子屋でも受験する子のほうが少ないです。



B1F3E57A-74DA-46B3-A6C7-D8F347FE21D3.jpeg



こういうことを小さいうちから





3A86E97C-7F72-4E78-9C91-4F4E32638EF5.jpeg



たっぷりとやってもらうわけですね。


数字や文字など、


書くものは最後。


それまでにたっぷりと耳と手で触れるんです。



すらすら紙に計算していると、


なぜか賢そうに見えますが、


そんなので喜ぶのは、小さい子ではなく親ですし、


そんなので褒められるのは、小さい頃だけです。



センスやキレと言われるものは、


こうやって養われていきます。



いつまでに何をしなければならない。


そういうのはテストや評価のための勉強です。


じっくりこういうので


脳みそと手を、


耕してほしいです。




ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 20:28| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

普通のことをやろうと思えば、自然にそうなりますね。


今晩は、本日も粛々。



来年度から導入しようと思っている、


小学校英語の教材について、


内容を聞いていました。



文科省のやることですから、


どうしても「今までこうだった」に引きずられすぎている感があります。


それが悪いわけじゃありません。


前例を重視する考えは、ときにとても大切なときがあります。



ですが、がらっと変えなきゃいけないときには、


とても不利です。




やはり、


文科省無視が、私塾の基本スタンス。


当たり前過ぎますが、


改めて大事だと思いました。




それにしてもとても知的でファンキーな担当で、


楽しくお話ししました。


寺子屋に講演でお呼びしたいです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする