2021年11月11日

時代の牽引者


表紙案.jfif


11月19日、いい塾の日に、

四冊目の拙著がKADOKAWAさんより発売されます。

名門公立受験道場という、

全国のトップ校受験専門塾の塾長たちでの共著です。

お近くの、あるいはネット書店でぜひご予約ください。



今晩は、本日も粛々。


時代を牽引するような、言論の担い手っていつの時代にもいると思うのです。

で、たいてい同世代で、賢い・感受性が鋭い人は、

だいたい読んでいるという人たちです。



私の頃で言うと、

文学ですと、宮本輝・筒井康隆・宮部みゆき・村上龍・村上春樹などでしょうかね。

言論界ですと、加藤周一、落合信彦、筑紫哲也、河合隼雄なんて、

結構読んでいる人がいましたね。



もう定評があって、大御所でまだ存命のかた、

新進気鋭のかた、

どちらであっても同時代を彩る方ですよね。

あ、単に人気作家・執筆者というだけでなく、

時代を牽引するような方です。

私の頃でいうと、赤川次郎とか、宗田理とかは、対象外ですかね。



そうやって中高生に聞いてみると、

文学ですと、カズオ・イシグロ、湊かなえ、瀬尾まいこ、知念実希人が挙がりました。

小川洋子、川上未映子、帚木蓬生とかも高校生なら挙がるかもですね。

言論ですと、落合陽一くらいしか挙がりませんでしたが、

そのうち大学入試の入試問題などを解いて、

ちょっと関心が広がることでしょう。


おそらく、内田樹、東浩紀、橘玲、養老孟司とか出てくるんでしょうかね。

個人的には小熊英二推しです。



で、こういう話でちょっと食いつきがいいのが、圧倒的に附属で、

泉丘・二水生、ちょっと頑張れという感じなんです。

課題に追われて、無学文盲になっては本末転倒だと思うのですが。

あ、偶然韻を踏んでしまいました。



こういう話、生徒としたいなぁ。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:29| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

閑散期のはずが


今晩は、本日も粛々。



長らくブログを放置しておりました。

春期講習が終わるとこの業界は閑散期なのですが、

去年は臨時休校による特別講習で、

今年は執筆活動と入塾希望者が多くて、

どちらにしても嬉しいあわただしさでした。



さて、5月1日から7日までGW休校です。

昨年と変わらず、

緊急事態宣言以外は特に何もしないという有様で、

今年も粛々と塾に入り浸りながら、

のんびり過ごしています。

後半に少し執筆に集中するため、

石川県内の旅館に籠ろうと思います。



さしたる目標や意思統一が無いまま、

どんどん状況が悪化していくというのは、

名著『失敗の本質』で語られている日本の敗戦の原因です。

たぶんこうやって日本は戦争に突き進んでいったのかなぁと想像しています。

アビガンが有効かもしれないだとか、

海外のニュースを見ているとデマと一発で分かるような話が踊ったり、

新型コロナはただの風邪とか、ワクチンは危険だとか、

程度の低い陰謀論が登場したりというのも、似ています。



公的機関ができることは最低限度ですので、

プラスαは自分でやる。

日本史上では、こういう考えが民衆の基本原則でしたので、

私はそういうスタンスでいます。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

出版等々の依頼も増えていまして。。。


B560D848-3449-4189-8456-4604A808321C.jpeg

金沢情報さんに、寺子屋が登場しています。



今晩は、本日も粛々。


最近、書籍の執筆するお仕事が複数来ています。

実際にどれを執筆するかともかくとして。

そして県外での授業や指導の依頼も来ています。

寺子屋からリモートで、少しだけ直接対面で教える方向で考えていますが、

これもどうなるか、

とにかくはお寺の仕事と寺子屋のことが最優先なのですが、

寺子屋で直接教えることができる生徒は限られているので、



何らかの形で、

「余熱で点数・合格を勝ち取る」という、

勉強本来の姿をお伝えして、



こんな勉強をしてもいいんだと、

自分のリミッターを外せる子が、全国で一人でも出れば、

こんな嬉しいことはありません。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:47| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

アメリカ大統領選


今晩は、本日も粛々。



アメリカ大統領選が白熱しています。

毎度、興味深く観ています。

人々に影響が強いであろう政財界・芸能・スポーツや、

各機関にいたるまで、

選挙に関してご自身の立場を明確に主張する人もいる。

もちろん、

主張しなきゃいけないというわけでなく。



こういうのをみていると、

民主主義っていいなぁと。



どっち派であることが大事という考え方だと、

こうはいきません。



お祭りといっちゃ、不謹慎な表現かもしれませんが、

気軽に政治的な議論、、、

というとお堅くなっちゃいますね、

意見交換やおしゃべりが、

もっとあるといいなぁと思います。



いくら「えー」というような一線を越えた政権であったとしても、

あまり過激な言葉を使わないというのが、

日本的に受けるのかな?と思いつつ、

論戦をみています。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

イエスタデイ


今晩は、本日も粛々。



昨年『ボヘミアン・ラプソディ』以降、


ミュージシャンにまつわる映画がぽちぽち出ています。


『エリック・クラプトン〜12小節の人生』や、


『ロケットマン』(エルトン・ジョンの伝記)


などなど。



こないだ封切されたのが、『イエスタデイ』。


なんとビートルズの映画です。


伝記映画ではないのですが、これは名作の予感です。




公式サイト




クイーンのときもそう思いましたが、


新しいファンが増えるのは、


とても嬉しいですね。



うまいこと時間を作って、


近日中に観に行きたいです。




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする