2020年02月04日

集団と個人

コメント 2020-02-04 203054.png


新年度のチラシが入りました。

今年から新中1は3月の春期講習までの募集で、

それ以降は夏期講習から募集を再開する可能性があります。



今晩は、本日も粛々。


寺子屋では、

自分がやりたい勉強の事柄と、

寺子屋から指示が出ている事柄に優先順位をつけて、

それに取り組む。


これが前提になっています。


この前提ができないと、

注意をします。


それは個人の問題ではありません。



寺子屋にとって当たり前の事柄を注意を繰り返す

 ↓

出来ていない子がいるということは、自分もやらなくていいと思う人間が出てくる

自塾の当たり前のレベルが下がる

よって学習習慣や知的好奇心のレベルが下がり、

学力が下がり、成績が下がる。



または、

注意されたり怒られたりするとき、

修正能力が高い生徒、勉強意識が高い生徒ほど、自分も気を付けないとと思う。

注意等が繰り返される

頑張ろうとしている生徒ほど、

頑張っている生徒ほど摩耗する。



逆を返せば、

寺子屋の当たり前をきちんとできている生徒がいると、

集団としてのレベルがどんどん上がっていきます。

面白いのは、

集団としてのレベルを上げてくれるような生徒は、

現在の学力はあまり関係が無いということです。



こういう意識が少しでもあると、

勉強に取り組むだけで、

実は人にポジティブな影響を与えるということが、

しっかりわかった人に育っていくと思うのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。