2016年04月16日

災害


今晩は、本日も粛々。


21時台でしたら、授業中だった塾も多いのではないでしょうか。
九州が大変なことになりましたね。

災害は私も経験ありますが、
いい意味でも悪い意味でも、人というものを思い知ります。

日頃疎遠にしている方でも、すわ一大事と、
駆けつけてくれたり、一声かけてくれる方、
親しいと思っていた方が、知らん顔。
これ幸いとばかりに、後ろ足で砂をかけるようなことをする人。

村八分という言葉がありますが、
どんなに共同体から排除されている人でも、二分は参加できたということです。
その二分が、
葬式(死体を放置すると伝染病の元となる)と、
災害(特に火事の消化活動、類焼が及ぶから)のときです。
ですから、このふたつの時にひどい事をするのは、
それこそ「人外の輩」と位置付けちゃっていいと思います。

勉強は、自分を高めると同時に、
世の中や他者への感度を高める行為。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。