2015年11月02日

年末を感じるとき


今晩は、本日も粛々。


たまには坊さんらしいことを書きますと、
11月28日は親鸞聖人のご命日にあたります。
ですので、
私の場合、真宗大谷派ですので、京都の東本願寺では、
報恩講という儀式が行われます。
末寺はそれを避けて、かほく市のあたりでは6月〜9月にかけて行われ、
その代わり11月28日より前に、
各ご家庭のお内仏にお参りする、在家報恩講を実施します。

各ご家庭と、この打ち合わせに入ると、
今年ももう終わりだなと、
実感します。

11月は塾も繁忙期に入るのですが、
行事には意味ある日付や月があると思っていますので、
なるべく予定をやりくりして頑張るようにしています。

こういうのをね、
若い人たちにも少し知ってもらいたいなと、
実は継いだ時から思っています。
それにはまず、
私自身が自分なりのかみ砕き方で伝えられるように、
勉強しないと・・・です。

意外と多いのです。
肉親が亡くなって初めて、
こういう儀式がいかに人間の心にとって大切かを知る・・・ということが。


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。