2015年03月03日

ピンチはチャンス

1501チラシ.JPG1501チラシ裏.JPG

2月に入っていたチラシです。

やはり、お問い合わせの大半が小学生です^^;

県外・附属・泉丘・二水・高専・七尾を

本気で目指したい方のみ、

お問い合わせください。



今晩は、本日も粛々。


ピンチはチャンスです。

不調には不調の、

好調には好調の理由が、必ずあります。


ピンチは、

自分以外に、不調の原因を見出す自分を、

見事に断ってくれます。


自分以外の人間や組織がどうこう、

周囲の人がどうこう、

世の中がどうこう。

そういうことを少しでも考えているうちは、

要はまだ追い込まれていないんです。

まだ余裕なんです。


ピンチになると、

前しか道はありませんから、

こんなに楽なことはありません。


多少失敗しても、

今よりは絶対マシなはずです。

普段だったらどうしよう・・・と思う事でも、

まぁ、いいじゃんと簡単に踏み出せます。


受験で失敗しようが、職を失おうが、家族にトラブルがあろうが、

命まで獲られるわけではありません。

そして、

生きてりゃ何とでもなります。



2年前あんなことがあった後、

人から言われました。

笑顔が増えましたね、と。

振り返ってみるに、余計なことを考えずに、

純粋に自分のやりたいこと、やるべきことを見定めていたからだと思います。


不快な話もたくさんありました。

結構気にもしました(笑)。

ですが、

我の為すこと、我のみぞ知る。

くだらないことを言ってくる人のことを気にしては、

そのレベルまで自分の格を落とします。

そういう人が自然とフレームアウトさせないと、笑顔が自分に生まれないです。



この仕事は、

塾長の歓びから焦りまで、

全て人に伝播してしまう仕事です。


そういう軸さえしっかりしていれば、

むしろ筆を選ばず。

いかなる方法を採っても、軸につながる道筋が明らかであれば、

多少のこだわりなんて簡単に捨てられるはずです。

小手先の方法を採る取らないではなく、

軸とは少し離れたとことを、

あーでもない、こーでもないと、考えること自体が矮小であると、

考えた方が、

すっと自分らしい。



要は、勉強と同じです(笑)。




ピンチのかたへ贈る、

エールです。




                         ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(4) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わが子も こんな誇り高く育ってほしいものです。

送迎に往復2時間くらい掛けても通わせたい・・・そう思っていつもブログ拝見しています。

只今 タイミングを見計らっています。
Posted by 初コメントの者です at 2015年03月04日 13:50
>初コメントの者です様

コメントありがとうございます。

お言葉感激いたしました。

ですが、こういう事柄も全て、私は勉強から学んで参りました。学生時代、数々の失敗ややさぐれた時期もありましたが、誇り高き過去の科学者や歴史上の人物たちが、その都度その都度、教えてきてくれたことです。

もちろん、恩師の方々からも。

私はそれを次の世代の子たちに渡したい、ただそれだけです^^
Posted by ごんぼっち at 2015年03月04日 19:49
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
私も色々ありまして、かなり落ち込んでいました。
先生のブログを見せていただき、私に言ってくださったと勝手に思い、思わずコメントさせていただきました。
益々の御活躍を期待しております。
失礼します。
Posted by ヒラキボ at 2015年03月05日 19:56
>ヒラキボ様

コメントありがとうございます。

悩みは掘り下げれば掘り下げるほど、どこか地下水脈みたいな部分で接点が登場するものだと、改めて実感いたしました。

そう考えると、悩んだり落ち込んだり、もっと言えば不幸すらも無意味じゃないんですね。

目の前にある意味を噛みしめているだけでも、勇気が湧いてきます。

その意味を再確認してしまうコメントを、ありがとうございます^^
Posted by ごんぼっち at 2015年03月06日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。