2014年07月25日

半分から3割

クラビズム8月号.jpg

永久保存版の中に、寺子屋を加えていただけました。
相変わらず、担当者に記事を書いていただいて、文字校正のみ私が行いました。
たくさんの企業をご覧になる機会がある方から、
「ここは面白い」と言っていただけるのは、とても嬉しいですね。



今晩は、本日も粛々。


中3生から、恒例の、

休み時間に今、どれくらいの生徒が勉強している?と聞くと、

半分くらいと返ってきて、びっくり!


例年は若干名かゼロ・・・がここ4年の定番だっただけに、

やるなーと思っていたら、


ほとんどが学校の宿題を、休み時間にやっています




 〇| ̄|_…




そういえば、今、中1が、

宿題をやってこないということで、いろいろ問題になっているそうです。

で、そういう子たちは全員居残り。

部活内で、宿題をやってきた子は、寺子屋の子だけ・・・ってのも

聞いたことがあります。



そう考えると、やっぱり、

寺子屋が教えたい生徒は、中学校の中で半分から3割くらいですね。


学校の先生は忙しいものです。

http://benesse.jp/blog/20140723/p1.html(参考資料)

そういう先生たちの足をさらに引っ張るような行動は、

控えて欲しいものなのですが、

こういう層は、まず寺子屋に来ない層ですから、私的にはどうでもいいです。


問題は、

「頑張っている」「真面目だ」のレベルが下がることによって、

寺子屋生が、もっと伸びる、もっと高い意識と行動パターンを身に付ける機会が、

少なくなってしまう。

こっちを私は、懸念します。



頑張っている子たちに、

もっと高い世界を。



こういう教育のありかた、

もっともっと重要になってくると思います。



                         ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。