2014年07月23日

地頭を良くする文章処理能力養成講座

クラビズム8月号.jpg

寺子屋がどこかに潜んでいる、

今月のクラビズムでございます。



今晩は、本日も粛々。


地頭を良くする文章処理能力養成講座

なるものを、今年の夏期講習にやってみました。


チラシにも雑誌にも、どこにも載っていません(笑)。

塾生から予想外に反響がよくて、

10名程度を想定して作ったのですが、14名の参加です。



国語は全教科の土台である。

よく言われますが、その意味を理解している人は、わずかだと思います。

まして、どうすればそういう力が身に付くのですか?

と問われて答えられる人は、もっと少ないかもです。


まだ3日目ですが、やってみて、

こんなにも小中学生はいい加減に文章を読んでいたのかと、

心から思います。



やってみて良かった^^

小学生には、通常授業から標準装備できないか、検討しようかな〜とか、

今度は高校生にもやろうかな〜(本当はこっちがメインでやりたかったのです^^;)とか、

これから講習会には必ずやる目玉講座にしようかな〜とか、

いろいろ考えています。



                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。