2014年07月17日

すべての若き野郎ども


今晩は、本日も粛々。







愛知県の國立先生と、石川県のゆかいな仲間たちで、

へべれけになってきました。

さくら個別指導学院さんのブログ


塾業界は、他の業界と同様、

課題も多いですが、

人間的な魅力に溢れた方も多いのが、何より面白いところです。


特に30代・40代の塾長さんの中には、

本気で世の中を変えようとしている人もいる。

そんな馬鹿馬鹿しいことを、本気で考えていると、


狭い中で自閉して、みんな仲良く^^とか、

夢や希望を描けない状態とか、

現状への不平不満ばかりこぼれる状態とか、


自分の中でも、

人が語っている中でも、

遠ざけたくなってきます。


同じ暗い話でも、現状の納得いかない点を自身の中に見出そうとし、

解決しようとしている状態でしたら、

むくむくと前向きな気持ちが漲ってきます。


性分として、

わいわいがやがやのど真ん中にいるより、

そういう空間の隅っこで、

いろんな想いに、心を馳せている状態が好きなので、

意外と一番暗いのは私かもしれません(笑)。



モット・ザ・フープル『すべての若き野郎ども』

この動画のステージが、ギタリスト、ミック・ロンソン最後のステージになってしまった。

そのことをどこかで感じているような、

フープルのボーカル・ギター、イアン・ハンターと、

サックスのデヴィッド・ボウイ。

そして、彼らに憧れてミュージシャンになった、

デフ・レパードの二人がコーラス。



                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。