2014年07月16日

愛知と富山から塾長さんが見学に


今晩は、本日も粛々。



愛知のさくら個別指導学院、國立先生と

富山の教銘舎(こうめいしゃ)、太田先生が、

授業見学に来られました。



中1の演習時間を国語に切り替えて、

見学していただきました。



見られることが一番の勉強。

その意味をひしひしと感じることができました。



平凡極まりない塾の寺子屋ですが、

いただいた感想が、

「生徒たちに、学ぶ姿勢が出来ている」
(細部は覚えていませんが、なんかこんな感じのこと)



寺子屋的には、「出来ている」とはまだ言い難い状態だったので、

複雑な心境でしたが、

目指している方向性が、他塾の方からも分かる状態であれば、

まずは及第点なのかなと思っていました。



確かにそうですね、

ここ数年、私は授業で「生徒に集中してもらおう、聞かせよう」なんてことは、

全く意識せずに済んでいます。

普通の集団授業で「生徒を引きつけよう、関心を持たせよう」というところに、

どれだけの労力や意識を使っているかを考えると、

とても恵まれている状態ですね。



この強みを伸ばしていこうと思います。



                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。