2014年07月07日

毎年話している、2つのお願い

チラシ表.JPG

明日、最後のチラシが入ります。

中3の募集は既に〆切っております。

現在または元塾生や保護者のご紹介の方に限り、

夏期講習前まで受付しております。




今晩は、本日も粛々。


去年、授業中にしたお話しです。

今年は授業中にしていませんが、ブログでちょいとだけ。



ふたつ大事なことを言います。

ひとつは、選挙についてです。


昨年の参院選、投票率が52%と、戦後3位の低投票率でした。

世代ごとの投票率はこれから出ると思いますが、毎回二十代・三十代の投票率は、

散々なものです。

2013年参院選年代ごとの投票率




必ずしも、投票率が高いことが良いとは限りません。

独裁国家では、投票を半ば強制することで、

投票率が異様に高いというケースもあるからです。


とはいえ、

政治家だってバカではありません。

票になる政策なら頑張りますが、票にならない政策を誰が一生懸命やりますか。

票のため、選挙のためというと汚く聞こえますが、

彼らは当選しないと失業するんですよ。
(もちろん、職を見つけるのは、普通より見つけやすいですが)


老人が60%〜76%も投票してくれるなら、

彼らに有利な政策しか考えないのは当然です。


今、君たちは20歳にならないと選挙権はもらえません。

ですが、今からニュースくらいは観て、

どんなことが話題になっていて、何がどうなっていくのか、

観ておいてください。



ふたつめ。

夏休みに入って、部活動はさすがに、少し緩くしてくれているところが大多数のようです。

勉強もたくさん、遊びもたくさんしておいて欲しいのですが、

ある程度時間がある時なので、本を読むことも少ししてほしいと思います。


本は何のために読むか?

国語の成績を上げるため?役に立つから?

違います。

楽しいから読むのです。


とはいえ、読書が楽しいと思っている人は一部だと思いますので、

読書が楽しくなるコツをお伝えします。



まず、夏休み中に一度、お家の方と本屋さんに行ってください。

小遣いで本を買うなら、なおよしです。

自分のお金を使うと、真剣みが違います(笑)。

そして、ぱらぱら手に取ってみて、

これなら読んでみたいと思うものを、3〜5冊購入してください。

マンガ・携帯小説・雑誌・ゲームの攻略本以外です。

どうしても興味が見当たらない時は、「夏の百冊」みたいなコーナーから選んでみてください。



購入した3〜5冊は、1週間以内に読破してください。

面白そう・読みたいという気持ちは、せいぜい1週間くらいしかもたないと思います。

鉄は熱いうちに打て。



中には、手に取った時は面白そうと思ったのに、ハズレにも出会うと思います。

そういうこともあります。

1冊でも面白ければ、しめたものです。

同じ著者のものや、似たような話のものを、また次買ってみてください。

ここまでできた人は、たいてい本が好きになっています。



私は、進学塾をやっているので、

塾長としての意見は「勉強ごときできない人間は、認めない」と言っています。

ですが、一個人としては、

勉強ができなかった人や学歴の低い人だからといって、

悪く見ることはありません。


ただ、一点、

本を読まない人間は大嫌いです。


本を読まない人間は、自分の経験でしかモノを語れません。

どれだけ壮絶な経験をしても、所詮は68億分の1です。



ニュースを観る

本を読む



この2つ、比較的時間のゆとりがあるこの夏休みに、

是非やりはじめてほしい事柄です。




                                ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。