2013年07月10日

寺子屋からの挑戦状:例題の解答

チラシ.JPG

日曜にどどーんと入ったチラシです。
1年半ぶりに、中学生の問い合わせの方が、
小学生より多いです(今のところですが)。



今晩は、本日も粛々。


予告通り、チラシにあったこの問題

寺子屋からの挑戦状.JPG

の解説を行います。



中3でしたら、瞬殺で解けなくてはいけません。

小学生に素因数分解を教えている、寺子屋生も、

瞬殺で解けなくてはいけません。



さて、この問題、

まずは、


解説.JPG


赤で囲った、四角形クケコサの面積から、1辺がさくっと求められます。

正方形ですので、同じ数字を2回かけて、196になるのを探していくと・・・

14という数字が求まりますね。



ちょっと算数が得意な小学生なら、九九だけでなく、

5×5、9×9のような、

同じ数を2回かけると何になるか?は、

1〜20くらいまでは暗記しておいて欲しいですね^^



それはさておき、

正方形クケコサの1辺が14pと分かったら、

解説.JPG

三角形アイウに注目します。

イウの長さとアウの残りの長さは同じなので、

(34−14)÷2=10

で、イウの長さは10pとなります。


あとは、三角形4つと正方形ひとつの面積の合計なので、

10×24÷2×4+196=676


答え、676㎠



・・・と解くのが普通の小学生。

ちょっと勉強している生徒なら、三平方の定理をマスターしていると思うので、

三角形アイウのアイの長さが、

26pと判明すると思います。


ですので、

26×26で、さくっと答えにたどり着けるかなと思います。



ちょっと簡単すぎる問題だったかなと、

反省しています。



こんなのでよろしければ、「寺子屋からの挑戦状」是非チャレンジしてください。


7月14日(日)時間は応相談です。

テストを実施(AテストかBテストを選択)

翌日までに得点判明 → 見直し授業(日時応相談)

復習用問題集 をお渡しします。

22日〜23日データ到着 → 学習法アドバイス面談


こんだけてんこ盛りで行って、4200円(税込) です。



特に、Bの目標東大限界突破テスト、

受験者お待ちしております!^^




                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。