2013年02月21日

やる気を出すポイント つづき

チラシ.JPG

こないだ最終の折込が入りました。

定員が少し埋まっていますので、近々更新します(汗)




今晩は、本日も粛々。


2回前の記事の続きのお話です。


やる気を出させるポイントとして、

塾の先生も降参してしまうのが保護者なら、

塾は何なんだい?というお話です。



一般論から言いますと、

お寺の世界でも、お経は肉親から習うな・・・と言われるようで、

やはり肉親同士だと、

理性の前に感情的になって、なかなか教えるのがダメみたいです。

ですので、前回のように、

普段勉強で声をかけていることを、ゲームに置き換えると、

ふっと日頃のことが理解できるようになります。


それくらい、冷静になるための距離感が難しいわけですね。


こういう時は、他人の出番です。




まぁ、たいてい生徒のやる気に疑問を感じたら、

寺子屋ではまず「自習に来なさい」と声をかけます。



それだけ?



えぇ、それだけです。




★やる気が出ない時は、まず勉強に取り掛かる




これが基本原則です。

勉強にやる気は必要ありません。



やってるうちにノッてくる・・・が正解です。



テスト勉強から逃避して、部屋の掃除をし始めたら、ついつい夢中になった・・・とか、

漢字練習のような単純反復が、ついついずっとやってしまった・・・とか、


こういうのを作業興奮と言います。

これを利用しているわけですね。



ですから、やる気が出ない時に最初に取り掛かるのは、

単純なもの・・・漢字練習や計算・英単語練習などがいいですね。



体育会系的なノリは私は苦手なのですが、

つべこべ言わずに、とにかくやれ!

これは、勉強の仕組みや人間の体の仕組みから言っても、

大正解です。



そのあとのことについては、

私はあまり口出ししないようにしています。


計画を立てる練習をするのも、大事ですからね。


自分で勉強できない生徒に育て上げたいなら、

わしわし口出しするのですが、ね。




                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。