2012年08月17日

「合格」とは何か考えたことがあるか?


今晩は、本日も粛々。


自習にお盆休みも毎日来ていた、

中3生を怒り飛ばしました。


お盆休みの目標は、

「既に講習で習った部分を『できる』まで持っていく」でした。



なのに、一向に質問が来ない。

「こういう問題をたくさん解きたいからくれ」という声は一つもない。

自習でやっている教材を見ていて、夏期講習の教材に手を付けている人が少ない。

挙句の果てに、皆8時や9時までぐーすか寝ている。。。



あのですね、

ちょうど懇意にさせてもらっている、夢盟塾小島塾長がいいブログを書いていました。

夢盟塾ブログ

「合格」って言葉の意味、分かっていますか?



格が合う



と、書くのですよ?

泉丘や二水・桜丘・高専・七尾・羽咋。。。

みんなの志望校を全部並べましたが、


これらの高校にどんなイメージがあるのか、わかりませんが、

この石川県を代表する高校たちが求めている、生徒としての品格。

そこに今挑んでいるんです。


君たちは「満点のみ合格」というと、急に怯みますよね。

基礎レベルが「満点取れなくてもOK」と思っている人が、

これらの高校にいると思いますか?


百歩譲っていたとしても、

そんな人たちが、その高校の先生たちから誇りに思われているとでも思いますか?


君たちに試されているのは、

その格に挑む覚悟です。



もう一度言います。

その格に挑む覚悟です。



その覚悟の中身たるや、

何も今からIQを50上げろとか、

生まれ変わったように勉強しまくれとか、

そういう類のものではありません。



間違えたことがある問題は、似た問題何十問かひっぱり出してきて、

間違えなくなるまで徹底的にやりまくる。


憶えていなかったものは、

トイレに貼ってでも覚える。


地理が苦手なら、

夏期講習のテキストの基本レベルを1日5回〜10回(1回10分くらいでしょう)やって

憶えまくる。


その程度の「覚悟」なんですよ?


明日、中3は夏期講習が再開します。

君たちがいかに「なんとなく」勉強しているか、

ものの見事に証明してみせます。


それこそ「覚悟」しておきなさい。




本日の塾弁(お、久しぶりに再開w)

さわらとアスパラのレモン蒸しの弁当☆


                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。