2012年07月30日

勉強という武器


今晩は、本日も粛々。


そういえば、2001年だったかに、

タリバンが、バーミヤンの石仏群を木端微塵に爆破したことがありました。

昔の人々が血と汗と情熱で作り上げてきた物を破壊すること、

私はとても嫌いです。



1年ほど前、

エジプトで政権打倒を求めるデモが、大規模に起こり、暴徒化。

博物館のミイラ2体を破壊するという、

とても痛ましい出来事がありました。



この時、他のミイラをはじめとする、

エジプト自身の存在価値とも言うべき歴史遺産たちを守ったのは、

軍でも警察でも、ましてや政治家でもなく、

一般市民だったようです。



タリバンや毛沢東政権下の中国とはえらい違いですね。

これって、教育の力なのでは?と思って調べてみると、


エジプトの就学率は小が9割以上、中が8割、高が7割

んで大が4割近く。



んー、やはり。



かつて、

「世界で最もかっこいい男」と言われた、チェ・ゲバラは、

自分の名前を読み書きできない人は、自身のゲリラ軍には入れず、

そして、従軍中も学校を開き、読み書きを教えており、

いわく、

「勉強をしない人は、すぐに噂を信じて騙されるから」だそうです。



勉強は役に立つから頑張れ・・・とは、実はあまり言いたくは無いのですが、

勉強には必ず意味があり、

その意味は、人によって様々です。


ですので、

君たちなりの意味が見つかるまで、

生活の中で第一優先事項として、置いてください。




今日の塾弁

栄養満点!
鶏とうずらたまごの甘辛煮のお弁当☆



                        ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。