2011年10月10日

私の夢


ぼくのゆめは、さんたくろーすになるこt(ry・・・



小学生の作文ではありません(笑)。





今晩は、本日も粛々。


本日、中3生徒・保護者対象の進路指導説明会を行う前、


熱にうなされ、うんうんうなっている時に1本の電話が。


「根保君!今、・・・・にいるんだけど、夕方会える?」・・・横浜在住の友人からでした。


気まぐれな私にできる友人は、やはり気まぐれな人みたいです(笑)。




あ、私の夢でしたね。



私が中3志望校最高の合格率を叩きだしたのは、塾に勤めて2年目、


松任にある校舎を運営していた時の、90%です。


開校2年にして、中3が40人も集まり、そのうち36人が合格しました。




私は「本人が行きたい・頑張っている」なら、合格可能性が少なくても、突撃を推奨する、


進路指導をするタイプの人です。


世の中の「志望校100%合格」の中には、

がちがちに安全なところだけ受けさせて、

途中で志望校を変更しても、志望していることには変わりないから100%!

と、言っているところが多いのも、知っています。


ですが、私は毎年必ず、



本人が一番最初に志望していた高校に、

 全員が合格
する!」ということを目標にしています。





今までは胸に秘めたる思いでいたのですが、

今日の説明会で初めて、保護者の前で宣言しました。



その後、中3の授業でも宣言しました。



今年も寺子屋中3生は、全員、現時点での第一志望合格!が、私の夢です。


志望校を迷っている生徒は、もちろん難易度が高い方に設定します。




・・・と、こんなことを言うと、


「ひょっとして僕が、私が、ウチの子がその目標を壊してしまうかも・・・」と不安に駆られる人もいるもんです。




そういう人にはっきり言っておきます。

















出る前に負けること考えるバカ、いるかよっ!

                             (by アントニオ猪木)







出典・・・






つまらないこと考えていないで、


前だけ見て、頑張ってください。


私はちゃんと、後ろから見守っています。





                                   ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 22:44| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。