2021年04月08日

高校の勉強で苦戦する理由


今晩は、本日も粛々。



寺子屋が大学受験やそれより先を考えて、

幼児から高校生まで教えているのは何も不思議なことではなくて、

大学や、社会に出てからも勉強した大人が少ないというだけの話です。



高校受験を指導していて、

はじめは名門校に合格すれば、

その校風と、

背伸びをしてでも志望校に行きたいという気持ちで、

生徒を育ててくれると思っていました。



灘高校に合格した生徒は、寺子屋で伸ばしきれなかった部分を、

とてもよく伸ばしてもらえました。



しかし、進学校と呼ばれるところが受験予備校化してしまい、

それも高校のせいばかりでなく、

やむを得ないことも痛いほど解るのです、

すると、それだけではいけないと嫌というほど思い知らされました。



高校の勉強でしんどくなる理由は何か。



高等学校の勉強は、義務教育と違い、

最低限度の教育ではありません。

義務教育の間に、学年順位がいいから、点数が取れるから、

高校入試で合格できるから、

程度の理由で、

最低限度の教育で通用する勉強法のまま留まっているから、

高校でしんどい思いをするのです。



正確に言えば、高校で躓いてもいいんです。

立ち直る力を身に付けるチャンスです。



そういう真っ当な力を、

幼児・小学生・中学生のうちから、

しっかりと身に付けるのです。

東大に100人とか合格者を出すような、都市部では、

絶対に出来ない、

地方都市ならではの利点なんですよ、実は。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする