2020年07月16日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々。



87541D3D-FCA9-45C0-9977-7A75A1BDC743.jpeg


F226E7F5-9F09-4365-93F9-8860E5319E0A.jpeg



医学関連の本が少なめだったので、

わっさり買ってしまいました。

あとは地理が苦手な理系が多いので、

理解重視の参考書。

その他もろもろ、入荷しましたが、

もう既に生徒たちの餌食になっています(笑)。



そういえば、大学数学ことはじめという本が、

東京大学出版会から出ていて、

やっぱりねと思いました。

大学数学と高校数学のブリッジ的な内容ですが、

東大ですら、

受験予備校的にとにかく繰り返し解いたような、

新入生に悩まされているんでしょうね。



余力たっぷりで泉丘に入って、

たった一年で課題漬けに慣れてしまい、

3年間かけた数学の素地が台無しになった生徒が、

昔いました。



先取る勉強と深める勉強の両輪は、

絶対外しちゃいけないのに、、、

習慣なんて、身に付けるには膨大な時間がかかるのに、

壊れるのはあっという間です。

そこまで自学力を育てることができなかったのを、

未だにクヨクヨしています。



こういう新入生、有名大学にも多いんでしょうね。



大学受験が終わった後の、

課題図書にしようかなぁ。



ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする