2015年07月03日

飛び立て!留学JAPAN

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。

http://www.tobitate.mext.go.jp

保護者会では時間の都合上特に触れませんでしたが、
今回の改革で、政府は留学にも力を入れ始めました。

よく留学したくない日本人学生の典型的な言い訳は、
英語に自信が無いから
です。笑っちゃいますね。
留学はおろか、
日本で勉強していても、大した成果が出せない人の言い分です。

何か新しい物事をする時に一番大事なのは、
やりたいか、やりたくないか、
もっと突っ込むと、
新しいことをやる以上、技術も経験も無いのは誰だってそう。
そのためにある程度勉強や苦労をする、覚悟があるかないか、
ただそれだけです。

だから留学したくない理由として、興味がないから…のほうが、
よっぽど見込みがある人の言い分です。

それはともかく、
こういう方針を政府が採るという時に真っ先に思った二つ。

ひとつは、
英語を身につけるには、まず国語!

英語を母国語としたいならば、国語は不要になりますが、
第二外国語として英語を身につけるならば、
国語が得意でないといけません。
これが、
保護者会で一番変わるのは英語、二番目は国語と申し上げた、
理由の一つです。


もうひとつは、
環境の変化を楽しめるくらいの、強い子を育てる

この2点です。
テストが悪いから、うじうじしている。
中学校や高校に入学して、変化に戸惑った時に、かわいそうと擁護する。
自分の力を伸ばしたい時に、周囲に原因を求める。
自分の意見を述べることができない。
こういうタイプは国内でも生き残れなくなるでしょう。

低学年指導の研修をおこなってくださっている塾長さんは、
教育は、ゆっくり、じっくり、丁寧に
子育ては、慌てず、騒がず、穏やかに
とおっしゃっています(至言ですね)が、

今後はより、そういう感じになってくるのでしょうね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする