2015年07月11日

夏期講習準備中

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
日曜にちょこっと入ったチラシです。
来週いっぱいくらいに夏期講習の申し込みを締め切ろうと思います。


今晩は、本日も粛々。

夏期講習中、中1・中2は宿題を出す予定はありません。
なるべく授業中に演習時間を設け、定着をはかります。

かほく市は、全国の塾の先生に聞いても「異常」とまで驚かれるくらい、
部活動が盛んな地域です。
バレートの法則で考えますと、2割の優秀層と2割のついて行けない層はいいんです。
残り6割の普通の層が一番大きな影響を受けてしまいます。
しかしながら、それを嘆いていてもしょうがありません。

部活がそんなにハードで無い子もいますので、
その子には必要なことをしっかりと、
ハードな子にはそれなりに対応します。
まぁ、個人でやっているお気楽さですね(笑)。
組織だとそうはなかなかいかないのですが。

で、一民間教育機関の意見ですが、
中学校が宿題量を増やす形で対応しているのは、ある意味良い事です。
勉強を捨てて部活に注力したり、
みんなが出来ないから、イマドキの子の性格に合わせて緩めたりしているところは、
酷い進学実績になっています。
ただ、中学ではなく高校で例に出すと、
やみくもに宿題量が多いところは、あまりぱっとしません。
宿題量がある程度あるのですが、きちんとある程度生徒に対応しているところは、
素晴らしい結果になっています。

中学校にそこまで対応を求めるべきではないと、私は考えていますので、
(中学校の先生方の業務量には、頭が下がります)
そこは塾の出番だろうと、考えています。

時には、君の考え方が甘いよと言いますし、
時には、ここはやらなくていいのでその分、こういうふうにやって、
みたいに指示します。

低学年の勉強をしたり、実際に教えたりしていると、
「子どもは個々で全然違う」というのが、とても納得します。
昔は、そんなことないでしょう、ある程度類別できる!と思っていたのですが、
年々違いを実感するようになりました。


                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

経県値

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
日曜に入ったチラシです。
来週くらいに、夏期講習の申し込みを締め切ろうと思います。


今晩は、本日も粛々。

経県値というサイトを紹介してもらいました http://uub.jp/kkn/
40歳までに47都道府県を制覇します。
最低限度、降りて歩く(観光する)という条件ですが。
今のところはこんな感じです。

経県値.JPG

145点でした。
まだまだですね。

思い返してみると、訪問して一番年数が経っているのは、
山梨県でしょうか。
小学生の時に両親と、学生時代に野球の練習で泊まったくらいですので、
観光らしい観光はしていないですね。

旅は若いうちにしておくべきという話も聞きますし、
若いうちだと、見えてくるものが少ないとも聞きます。

経験が役に立たないといけない・・・というのは、
とても貧しい発想です。
いつどんな形で結びつくかわからないので、貪欲にいろいろやっておくのが基本と、
私は勝手に考えているので、
若いうちにしておくべき派です。
そして、必ず一人で、できれば無計画で(笑)。


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

【お知らせ】夏期講習と合格本について


今晩は、本日も粛々。


お待たせいたしました。
夏期講習の要項を配布しております。
ご確認ください。

また中1・中2生・高校生は、附属・泉丘の国語基礎編を開催いたします。
たくさんのご参加をお待ちしております。


そして、保護者会のときにお話ししておりました、
合格本を配布しております(ご家庭で1冊)。
これが数年分たまれば、それだけで大きな入試情報になると思います。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

大躍進

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
日曜に入ったチラシです。


今晩は、本日も粛々。

最近大きく伸びている生徒のひとり、
中学校に入って、400点すら取ったことがなかった生徒が、
450点くらいを連発しました。

もちろん、まだまだ課題が多くて安心はできないのですが、
その生徒にくれぐれも伝えていることがあります。

本当に学力を形成するには、我慢が必要なのですが、
目先の結果が出ないと生徒や保護者の気持ちが続かない。
この生徒は、他塾から移ってきた生徒なのですが、
今回の雄飛は、その塾の先生の努力が結実したものだと思っています。
決して、寺子屋や自分の努力のためだけだった・・・と思わないようにと、
伝えています。

自身がどういう人の努力から成り立っているか、
鈍感な人にはなってほしくないなと思います。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

オススメの勉強法

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
日曜日に最後のチラシが入りました。


今晩は、本日も粛々。

3カ月ぶりくらいに、5期生=今年高校入試だった生徒たちの、
合格体験記を引っ張り出してきました。

これから受験生を迎える生徒たちの参考になればと、
彼らが記載した、オススメ勉強法を紹介します。
( )は私からのコメントです。

休憩時間に歴史のノートや英単語の意味が書かれたところをまったりと見る
(隙間時間の活用、大事ですね)

テストなどでできそうなのにできなかった問題を必ずできるようにした
(当然ですが、この当然ができている生徒は少ないですね)

1日に1教科だけをやる日を作らない!
ワークとかがたまっている日も、タイマーで時間をはかってうまく複数教科(英数国は毎日)やる
(点数が伸びた教科はしばらく放置する生徒もいますものね)

集中して机に向かい、疲れがきたと思ったらきちんと気持ちを切り替える
(だらだらやるのは、私も反対です)

入試前日まで基礎を大切にすること。自分はマイクリアドリルをよく使いました。
(理社が得意な生徒の意見は、説得力満点です)

近くの人と教え合いながらの勉強
(教えることは自分の知識を整理整頓できます)


逆に、これは反省しているという勉強法について

答えを横に置きながらの勉強
(中学生が一度はやるやつですね)

汚い字でノートを書いたこと(重要)
(うっかりミスを自分で誘発しますね)

主に入試問題集で、分からない問題に時間をかけ過ぎたこと
(考えるのは大事ですが、ほどほどに)

1つの難しい問題(特に数学)に悩みまくって時間をかけてしまったこと
(同じく)

一時期直しは答えを写すだけだったこと。苦手教科ばかり勉強していたこと。
(答え写すは必ずやりますね、なぜやるのか私も未だに不思議です。
 苦手教科ばかりもやりがちですね。やる気・効率双方の面でアウトだと思います)

入試問題集にあまり手をつけられなかったこと
(致命傷になりやすいです)


合格者の認識が必ずしも正しいとは限りません。
が、参考になるところがあれば、幸いです。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

【お知らせ】7月学力テスト時間割


今晩は、本日も粛々。

7月12日に行われます、7月学力テストの時間割です。

【低学年】ありません。
8月30日(日)は低学年も学力テストがありますので、ご注意ください。

【高学年】
小4:9:00〜10:30(2科) 小5・小6:9:00〜11:50(4科)

【中1・中2】17:40〜21:20

【中3】
部活終了した生徒:12時50分〜17時20分
部活がまだある生徒:17時30分〜22時

期末テストの復習を完璧にして、
臨んでください。



                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

今日も京都で研修

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
本日、最後のチラシが入りました。


今晩は、京都で粛々。

低学年の勉強会に参加しております。
こういうところに参加していると、低学年の内容でも、
高学年、中学生にやった方がいいかも・・・と思えてくる内容がたくさんあります。

まだ何をどうすればいいか、というのは具体化できていませんが、
何気ない計算や言葉が、
どのような考え方で身に付けたのか?が、
とても大切だということが、ひしひしと感じます。

数字にイメージがくっつくように算数を伝えるか、
数字を量としてとらえてもらうにはどうしたらよいか、
数学や論理など、次の学年の発想などなどをさりげなく準備するためにはどうするか。

発想の幅がとても広がります。
やはり、勉強って楽しいですね^^


                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

デビュー作

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
日曜に最後のチラシが入ります。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋卒塾生が、未来教育会議というサイトで記事を書きました。
http://miraikk.jp/cat-01/2025
誰しも不安な受験だから、況んや海外をや! 留学フェローシップ

実際にコロンビア大学に進学した生徒にインタビューしたものをまとめたようです。
まぁ、彼の高校生活を聞いていると、羨ましいこと。

彼の才能が一気に開花したなーと実感したのは、
高校に進学してから。
その姿を見ていると、すごい人たちに囲まれて過ごすという、
環境の持つ力を思い知りました。
残念ながら、附属・泉丘にはそこまでの力はありません。

私は二水出身ですが、
同級生で地元かほく市に戻っている人は、いません。
ほとんどが県外、近くても金沢市やその周辺。
県外の大学を出た子は特に。

地元に戻ってきて、最初は面白い人材が激減して寂しかったですが、
最近は特にそうも思いません。
地元でも探せば視野が広い人はたくさんいますし、
ぴょんと県外に足を運べば、何の不自由もしません。
ただ、どんな場所に住んでいようと視野の広い人は、

★いろいろな場所を経験したことがある

という共通点があると思っています。
若い時の多様性の振り幅が、そのままその人の人間力になっているなと。

普通に公立高校に進学する生徒にとっては、
大学時代が一番その機会になります。
地元の友達たちや、お家の方に顔を見せるのも大事ですが、
もっと大きな人間になるために、
大学4年間は、とことん外に出てほしいなと思います。
地元にこもることは、いつでもできますからね^ ^


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

飛び立て!留学JAPAN

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。

http://www.tobitate.mext.go.jp

保護者会では時間の都合上特に触れませんでしたが、
今回の改革で、政府は留学にも力を入れ始めました。

よく留学したくない日本人学生の典型的な言い訳は、
英語に自信が無いから
です。笑っちゃいますね。
留学はおろか、
日本で勉強していても、大した成果が出せない人の言い分です。

何か新しい物事をする時に一番大事なのは、
やりたいか、やりたくないか、
もっと突っ込むと、
新しいことをやる以上、技術も経験も無いのは誰だってそう。
そのためにある程度勉強や苦労をする、覚悟があるかないか、
ただそれだけです。

だから留学したくない理由として、興味がないから…のほうが、
よっぽど見込みがある人の言い分です。

それはともかく、
こういう方針を政府が採るという時に真っ先に思った二つ。

ひとつは、
英語を身につけるには、まず国語!

英語を母国語としたいならば、国語は不要になりますが、
第二外国語として英語を身につけるならば、
国語が得意でないといけません。
これが、
保護者会で一番変わるのは英語、二番目は国語と申し上げた、
理由の一つです。


もうひとつは、
環境の変化を楽しめるくらいの、強い子を育てる

この2点です。
テストが悪いから、うじうじしている。
中学校や高校に入学して、変化に戸惑った時に、かわいそうと擁護する。
自分の力を伸ばしたい時に、周囲に原因を求める。
自分の意見を述べることができない。
こういうタイプは国内でも生き残れなくなるでしょう。

低学年指導の研修をおこなってくださっている塾長さんは、
教育は、ゆっくり、じっくり、丁寧に
子育ては、慌てず、騒がず、穏やかに
とおっしゃっています(至言ですね)が、

今後はより、そういう感じになってくるのでしょうね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

英語四技能

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。

http://4skills.eiken.or.jp

保護者会でお伝えした、英語四技能試験情報サイトです。
先日は星稜でGTECのテストがあったようです。
泉丘高校でも、国語の授業が様変わりしました。

各高校、着々と2020年の準備、いや現在始まっている状況に対応をしてきています。
とある高校関係者もおっしゃっておりましたが、
確かに現場泣かせな変化ですが、
高校の特色がはっきりと出るようになってきています。

今回の改革は、大学にアドミッションポリシー(入学者受付資格)持ってもらうのが主眼ですが、
高校もそうなりつつ、いや、
こういう生徒を育てますとはっきり言える高校と、
今まで通りの高校とに分かれるかもです。
そして、国の変化に気づいて、頑張った生徒やご家庭と、
何も考えずに今まで通りの生徒やご家庭とに、
はっきり分かれるでしょうね。

そしてこの変化に対応できる小中学校はもっとはっきりしそうです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋準備中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする