2015年07月21日

子育てと教育


今晩は、本日も粛々。


私には子どもがいないので、教育は多少なりとも分かりますが、
子育てについては、
経験が無いくせに、いろいろなケースは見ているという、
完全に耳年増状態です(笑)。
京都で低学年・幼児教育でお世話になっている先生のモットーは、


教育は、ゆっくり・じっくり・丁寧に
子育ては、慌てず・騒がず・穏やかに


至言ですね。



                     ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

なぜ、子どもを伸ばす親は「叱らない習慣」にこだわるのか


今晩は、本日も粛々。


150721_191509.jpg

金沢の塾長さんが、本を出版しました。
素晴らしいですね。
表現手段のひとつとして書籍で
ご自身のノウハウを公開できるくらいまで磨き上げ、
不特定多数に伝わるように、吟味する。
とても手間のかかる作業なんですよ。

ということで、早速購入して読んでみました。
一般的な子育て本と重複する内容もあると思うのですが、
実践例が豊富なあたりが、
子育て評論家みたいな方々と全く異なる点ですね。

ご関心ある方はぜひどうぞ。

なぜ、子どもを伸ばす親は「叱らない習慣」にこだわるのか (アスカビジネス) -
なぜ、子どもを伸ばす親は「叱らない習慣」にこだわるのか (アスカビジネス) -



                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

インド仏教を率いる日本人僧侶の破天荒人生


今晩は、本日も粛々。


先日、高野山に講演会を聞きにいった、佐々井秀嶺さんの記事が、
東洋経済に載っていました。

http://toyokeizai.net/articles/-/77267

自殺未遂3回は知っていましたが、暗殺未遂3回は知りませんでした^^;
それにしても、「必生」とはいい言葉ですね。

受験ごとき、人工的な試練、
大騒ぎするほどのことでもありません。


                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

高校生は学校の宿題を徹底的に


今晩は、本日も粛々。


高校生に週に1回、ミーティングを実施するようにしました。
まぁ、若干のテコ入れが、
高校生になっても必要なのは、少し情けない話でもあり、
ある意味お話しすることで知的レベルの向上を図らないと、
やはり帝大・東大京大クラスは難しいなということでもあるのが、
実感です。

さて、今日は京都に向かって、明日の研修に備えなくてはと、
高校生たちに来てもらって、一人一人に宿題をどこまでこなしていくか、
相互調整を行っていたのですが、
台風により、日帰り確定で、
思ったよりじっくり時間が取れました(笑)。

何人か余力がありそうな生徒には、
本を読む課題を出したのですが、
問題は、どんな本を読むか?なんですよね。
ある程度関心領域に沿わないと無意味なのですが、
どの範囲から考えるか。
そういう時に、高校で小論文模試で高順位だったことと、
大学時代に少しは勉強していて良かったと思うところですね。

そういうのを、
書棚にまた追加していく予定です。
実は、ベースとなるものはある程度決まっているのです。


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

漢字の意味

今晩は、本日も粛々。


小学校高学年に、漢字を意味から覚えて欲しいと思って、
いろいろ話をしていたのですが、
ふと、
彼らは自分なりに意味を解釈して楽しむなんて、
考えたことすらないのでは?
と思い、

ゴルゴ松本さんが少年院で行った漢字の授業を
見せてみました。

それぞれなりに感想を持ったみたいです。
やれと言われたことを粛々とこなすのは、
ロボットと同じです。
私たちは、世界を私たちなりに彩ることができる。
そうやって能動的に頭を動かすのが勉強です。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

外国からのお問い合わせ


今晩は、本日も粛々。


とあるアジアの国から、お問い合わせ。
いつの間にか、ワールドワイドになりました(笑)。
ちょっと特殊なカリキュラムだったのですが、
対応できそうでしたので、
引き受けようと思いました。

そうこうしているうちに、
今度は首都圏中受のお問い合わせ。
鹿児島、福岡、富山などなど、県外からも時々お問い合わせがあって、
びっくりです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

知のスレッジハンマー


今晩は、本日も粛々。


今日、大学の後輩と話していました。
GREEの立ち上げメンバーで、
独立して、デジタルコンテンツ制作会社の社長をされているのですが、
最近では、宇宙開発関連企業とも仕事をするようになってきているそうで。
世界最先端に触れていると、とても面白い、と熱弁をふるっていました。

話を聞いているうちに、
ふと思い立って、
「寺子屋の生徒たちに話してみる?」とふってみたら、
「喜んで!」とふたつ返事で返ってきました。
何でも言ってみるものです(笑)。

9月か10月の日曜日に、彼を呼んで、
世界最先端ではこんなことをしている。
そこから考えて、今子どもたちには、こんなことを頑張って欲しい
・・・という内容でお話ししてもらおうかな?と思っています。


こういうふうに人に来てもらってお話ししてもらうのは、
・石川テレビの人が取材に来てもらったついでに、話してもらう(笑)
・灘高校の生徒
・京大医学部の生徒
・沖縄の大学生に米軍基地について
と、いつの間にかシリーズになっています。名付けるならば「知のスレッジハンマー」。
地方都市独特の、大人も子どもも自然に閉じこもってしまう狭い発想を、
言葉でぶっ壊すイメージです。

ちなみに今、ノリノリで寺子屋で話したいと言ってくださっている方は、
・東大の職員(専門は国際政治の安全保障・・・タイムリーすぎますw)
・個人で貿易の仕事をしておられる方
・首都圏トップ校専門の塾長
がいます。
寺子屋生が興味ありそうでしたら、正式にシリーズ化して、
年に2〜3回、こんな機会を作りますよ。

高校はこういう活動熱心ですが、小中学生のうちから聞かせたい話ですし、
私自身にとっても刺激になります。
トップ校に生徒を輩出する塾の塾長が、
半径3mの世界で充足していては、いけませんね。日々反省です。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋準備中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

民主主義の原則

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
今週中くらいに夏期講習申込みを締め切ります。
中3は、塾生・保護者の紹介のみ受け付けています。


今晩は、本日も粛々。

民主主義のスタートは、教皇を選ぶところからだそうです。
次の教皇を選ぶときに、ずっと密室に籠って、
全会一致になるまで、議論し続けていたそうです。

現代の国政では、国民の数はもちろんのこと、議員の数ですら多すぎるので、
全会一致に到ることはなかなかありません。
しかしながら、議論による徹底的なやり取りがあって初めて、
多数決の原則が成り立っているわけです。

そこには、
「人間は言論によって、解りあうことができる」という、
いや、
「言論によってしか、理解は可能性すら見いだせない」という、
考えがべったり張り付いているもんなのだなと、
高校時代に強く思ったものです。

政治だ、民主主義だと大袈裟に聞こえますが、
政治学では一番最初に、
「人間が二人いれば、政治が発生する」
と習います。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

読書量

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。

http://resemom.jp/article/2015/07/10/25708.html
親の読書量が影響、小4-中3の読書量は月平均3.1冊(リセマム)

平均で3.1冊ということは、だいたい10日で1冊くらい。
中学校に入って、漸減傾向なのは、年齢的なものと部活の双方が原因でしょうね。

10代〜60代と幅を広げた場合への調査はこちら
http://resemom.jp/article/2014/10/30/21174.html
読書、5割近くが「月1冊以上」…電子書籍の利用は2割

月1冊未満が約半分(中3男子の平均と同じくらい)
小中学生の勝利ですね(笑)。

電子書籍に関しては、役割分担を私の場合しています。
といいますのは、電子書籍は紙に比べて、さらっと流れてしまう場合が多く、
読んだ後の満足感に比べ、頭に残っている量が少ない感覚(ホントかどうか分かりません。感覚です。)
ですので、
雑誌・ビジネス書・体験を元にした教育本・どうしてもすぐ読みたい本・昔一度読んだ本など、
電子書籍で読むように、自然になりました。

kindleなどで、今後スクラップ機能がもっと便利になれば、
新聞数紙を電子書籍で・・・とやりやすいので、
助かりますね。

私の感想はともかく、
夏休み前は各出版社が『夏の100冊』みたいな特集をするので、
これはオススメです。
新旧問わず、良作が揃います。

中高生になったら、小説だけじゃなく、論説文みたいなものを織り交ぜるのが、
ちょっとしたコツですね。

もう1点は、
月に10冊読む子は、約4%。
これ、換算するとだいたい3日に1冊。
3日に1冊読むだけで、トップ4%に躍り出るわけですね(笑)。
トップ4%といえば、偏差値でいうと70ほど。

中学生は部活で厳しい面があると思いますが、
小学生は積極的にやってみるべしですね^^


                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

学力テスト実施中

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。

学力テスト真っ最中ですが、やりたいことがいろいろあったのに、
夕方まで、ぐっすり寝てしまいました^^;
気が張っていても、身体が疲れていたんですね。
最近こういうことが時々あります。
年ですね(笑)。

まぁ、おかげで体力ががんがん回復した手ごたえがあります。
今晩中に片付けておきたいことが出来ましたので、
学力テストの採点+もう2つ、
ささっと片付けてしまおうと思います。

塾は繁忙期ですが、
このざくざく仕事が片付いていく感は、たまらないですね^^


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 21:05| Comment(0) | 寺子屋準備中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする