2015年02月11日

傷つかない選択

1501チラシ.JPG1501チラシ裏.JPG

2月にわしわしと入るチラシです。

気合の入った方のお問い合わせ、お待ちしております。



今晩は、本日も粛々。


チャレンジ受験推奨派の塾です。

頑張っている生徒に限り、50%以下でも志望校受験を勧めるときがあります。

受験をとおして、

真正面から目標に立ち向かうことを学んでほしいからです。

最終的に選ぶのはもちろん生徒本人です。



昔、何人かいました。

頑張ってもいないのに無茶な志望校を貫く心理が、

私にはとんとピンとこなかったのですが、

先日、とある塾のブログを拝見して、

今までもやもやしていた部分がはっきりしました。


その塾長さんの推測では、

どうしても手が届かない志望校を貫くと、

「どうせ届かなかった」ということで、自分も周りも傷つかずに済むという、

逃げだと喝破されていました。

いわく、

「ずっとこの高校に行くのが夢でした。ダメ元でもいいので受けさせてください」



言い得て妙で、

頑張ってきた、食らいつこうとしているという実態が無いという意味で、

まさに「夢」なんです。

高校受験というせっかくに機会に、

ひりひりと自分と向き合ってほしいと思います。

今まで、あれ?と思っていた部分を言い当ててくださった気がします。



まぁ、こんなことを書けるのは、

もう寺子屋ではそんなところに頭を悩ませる進路指導が、

ひとつも無いからです^^



                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする