2015年02月02日

数の概念

1501チラシ.JPG1501チラシ裏.JPG

新年度のチラシが入りました。
今年は春期講習前にチラシは出しません。



今晩は、本日も粛々。



数の概念って、とても大事だと思います。

数字に対するイメージって、意外と中学生・高校生が持っていなくて、

びっくりします。


1〜10までの数字の中で、7だけ孤立しているイメージだったり、

6や8が八方美人的なイメージだったり。


数学がとことん得意な人は、やたら素数が好きですね。

私は108みたいな、約数が多い数字が好きなので、

そういう話を聞いていると、

高校時代の不勉強を、ふと悔いてしまいます。



で、そういう数の概念って、どうやって身に付けてきたんだろう?

と考えてみると、


積み木やブロック遊びと、

計算の工夫


だったのではないかなーと、今思うわけです。



理系でも文系でも、

抽象的な考え方を、そのまんま受け入れることができる

というのは、ポイントになってきます。


抽象的な考えを、具体的に置き換えて腑に落ちる・・・というのは、

その前段階です。


ですが、そのような段階に進む前に、

小さい頃に、

たっぷりと具体的な物を使って、

その原型を作っておきたいですね^^






Guns and rosesさんの"Sweet child o'mine"です。
歌う時の十八番のひとつです。
単純なスリーコードが、ここまでカッコよく展開するんですね!
イジー・ストラドリン(短めの黒髪がセクシーなギタリストです)の作曲能力が、
炸裂しています。
歌詞はボーカリストのアクセルローズが、
当時付き合っていたエリンさんのことを書いたようです。

彼女の顔を見ると時折
僕をあの特別な場所に
連れていってくれるんだ
だけど見つめすぎると
たぶん僕は泣き崩れてしまうだろう

石川弁で言うところのきっかん顔して、
かなりロマンチストのようです。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする