2014年11月28日

上位生としてふさわしい姿勢

冬チラシ表.JPG

火曜日に入ったチラシです。
「昭和の香りがする塾」と言われていますが(笑)、
宜しくお願いいたします。



今晩は、本日も粛々。


先日、寺子屋を卒塾してから、

通いの都合で知り合いの塾さんに行った生徒がいます。

塾長さんにその生徒の性格や勉強のやり方等々をお伝えしていたら、



「いや〜、勉強への姿勢や基本動作がすごくいい!

 生徒を見れば、その塾の力が分かるね」



とみたいなことを仰っていただけました。

その塾長さんも、勉強の基本動作に関してはとても厳しい方ですので、

評価をいただけるのが、とても嬉しいです。


しかも、ウチでも文句なしに誰もが認める素晴らしい生徒が、

そう評価されたのではなく、

寺子屋では普通か、普通よりちょい頑張っていたくらいの生徒で、

そこまで評価いただけましたから、

私の中でも感激ひとしおです。



この学年に、常々言ってきたことがあります。

勉強するには資格があります。

自分自身さえよければいい、

点数が高いことで、自分の価値が高いなんて錯覚をする、

親に暴言等々を吐く、

というような邪(よこしま)な心の持ち主には、

勉強なんて高貴なものをやる資格はありません、

と。



寺子屋がどんな塾か、

私が何を言っても、所詮は希望・野心・願望にすぎません。

生徒たちが一番、それを表現してくれています。



                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 22:40| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする