2014年08月27日

そういえば


今晩は、本日も粛々。



夏期講習中は、どうしても生徒に対して見る目が厳しくなるので、

なかなか注目することはなかったのですが、

全国の塾さんとの話題の中で、ふと思ったことを。



挨拶がしっかりできる。

しかも聞こえないような声ではなく、はっきりと大きな声で。

ここまでは強制していますが(笑)、

先生に丸付けを持っていく時に「お願いします」「ありがとうございました」と言える。

という点に関しては、何も言っていません。



授業後は、消しカスを自分から掃除して片付ける。

これは寺子屋は1期生か2期生くらいしか言ったことがありません。

新たに入塾した子にもほとんど言う事はありませんが、ほぼみんな出来ています。



と、言いますか、

やっとこういうことが「当たり前」と思える層で、固まってきたというのが、

私にとって感慨深い点ですね。



昨年の他塾訪問会でも、

生徒が持ってきてくれたお土産や、私が県外に出た時に買ってくる物を、

ぼんと無作法に置いてあって、

「ウチやったら、奪い合いになってすぐ無くなるわー」と言っていました。

誰に言われなくても、一人一個か二個で、他に譲る子が多いです。


「多いです」と言っているのは、

やっぱり、子どもですから、

3個や4個隠し持っていく子もいるんです(笑)。



まぁ、いつか分かってくれるでしょう、という感じで見守っています^^



勉強は点数で・・・ではなく、心でするもの。

じっくり待つことも必要です。



ようやくこういう塾に育ってきていること、

とても嬉しく思っています。

しかし、満足する気はありません^^



                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする