2014年07月11日

【お知らせ】合格本を配布します


今晩は、本日も粛々。



毎年恒例、合格本が届き次第、

中学生に1冊ずつ配布いたします。


先日の保護者会では、

上位高に絞って、

カギになるポイントについてお話しいたしました。


教科そのものの全体的な分析、

どういう形式の問題が何点分出ていて・・・といったお話しですね、

それはこの本を参照いただければと思います。


中学校在籍中、3年分たまれば、

いい資料になると思います^^


                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

大切にしたい価値

チラシ表.JPG

先日最後のチラシが入りました。
気合の入った生徒・ご家庭のお問い合わせ、お待ちしております。


今晩は、本日も粛々。


面白いブログを発見しました。

さわりを書きますと、



とある店舗を引き継いでからというもの、

お客様からクレームをわんさか頂戴する日々が続き、

それで夫婦喧嘩が絶えず、

お子様も様子がおかしくなってきて、

もうここが限界という時に、ご主人が奥様に、


お客様を選べばいいじゃん、

クレームを言うお客さんなんて来なくていい、

後は何とかするから^^


みたいな内容を思わず、言ってしまったそうです。

その翌日、奥様がにっこにこの笑顔で帰ってきて、





お客様、もう二度と来ないでくださいね(はぁと)





って、言っちゃった(きゃは・・・的なノリで)。

ご主人真っ青(笑)。



でも、そこからそのお店の好調がスタートしました。

今では繁盛しきりだそうです。



このお話しの肝は、

どうしてもタイトルが強烈なので、それに引きずられやすいのですが、

決して「クレームを言う人はダメ」とか、

お客様に暴言吐いてよろしいとか、

そんな程度の低いお話しではありません。



文句に対応するあまり、ファンを蔑ろにしていませんか?

自分が大切にしたい価値を、自分から貶めていませんか?



というお話しです。



塾の立場でしたら、

授業も毎回来るとは限らない、宿題もやってこない、保護者も指導を信用していない、

という程度の生徒や保護者からのクレームに対応するあまり、

そして、熱心にこういう生徒を何とか変えようと頑張っているあまり、


授業にも熱心、宿題はばっちり、いつも楽しそうに通ってくれるような生徒を、

「手がかからないから」と放置してしまう・・・こういう状態に似ています。



生徒の立場で言うなれば、

やんややんやと、自分の成績について周囲から言われ、

勝手にやる気を落としている状態と似ています。



「お客様は大切です」
「自分の仕事には使命感を感じています」
「友達は大切にしたいです」

そういうきちんとした考え方を持っているからこそ、陥ってしまう、

事柄なのかもしれません。



私は寺子屋を作る時、

教育熱が決して高いとはいえない河北郡市で、

成績はどうあれやる気があったり、

成績がある程度よかったりするがゆえに、

「真ん中」に合わせざるを得ない公立小中学校で、

もっと先の世界を見る機会を失ってしまう。

そんな生徒たちにとって遠慮なく学べる塾を作りたいという想いです。



それが自然にフラフラと動いてしまったこともあります。

周囲からは「全然ブレないですね」なんて言ってもらえもしますが、

そんなことはありません。



改めて初心を気付かせてくれる、

素晴らしい内容の話でした。



                          ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

孤独

チラシ表.JPG

チラシです。
先日入ったのが、夏期講習前ラストです。



今晩は、本日も粛々。


勉強は孤独なもんです。

じゃ孤独の反対って何ですか?


群れる? 人と集まる?


他人と一緒にいたら、孤独じゃ無いなんて、

薄っぺらい孤独ですね。



ある程度自分をしっかり持っていたら、

誰と一緒にいても、理解してもらえるわけでもない。

どこか心にぽかんと空いた穴みたいなものを、

普通思春期の間は、感じるものです。



私で例を挙げるならば、

私は、他塾さんだけでなく、異業種の方との交流は大切にしています。

どちらかというと、私は一人が好きなので、

面倒と思う事の方が多いです(笑)。


しかしながら、人と集まって何が大切かって、

自分自身の信念をしっかり持っていること。

相手もそうであること。

そしてお互い別々の、信念を持っているからこそ、

共通点や相違点を楽しめること。

真似したいことがでてきても、必ず自身の信念のフィルターを通して、

アレンジしてしまうこと。


きっと一人でいるのが孤独で、それがかっこいいと思っている痛い人は、

「正しい」か「正しくない」かだけで、

世の中が動いている・・・いや、動く「べき」なんて思っているのでしょう。

それを普通は、

独善的と言います。



勉強に真剣に取り組んだ人は、その意味が理解できます。

真に孤独で、その孤独であることに価値がある状態は、

どんな人といても孤独だということを。

だから、得られるものが貴重であるということを。



ですから、

そういう人の言葉は、価値観を超えて、

人に届くんです。



人と群れることで、自分自身の信念を失う人の方が多い(らしい)です。

しかし、だからと言って一人ぼっちでいるより、

人との中で信念を保つ方が、よっぽど難しいです。



私はそういう人になりたいと思っています。

最近ふとそう思いました。



                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

国公立大学に合格するということ

チラシ表.JPG月刊金澤7月号.jpg

本日入ったチラシと、

現在発売中の月刊金澤に、ひっそりと寺子屋が出ています。




今日は、本日も粛々。


猫も杓子も国公立大学に行きたいと、意志表明する生徒・ご家庭が多いです。

個人的には、私立大学も良いと思うので寂しいものですが、

その難関っぷりを覚悟の上で、

目指すのであれば、私は素晴らしいと思います。



だって、

中学校で同学年の生徒のうち、




国公立大学は、約10人に1人




ですからね。

一徹という、スカイプ指導をやっている塾のブログに


http://blog.1-tetsu.net/?day=20140614


こんな記事がありました。

国公立大学に絶対合格できない生徒シリーズ(笑)。

塾・予備校関係者なら、わかるわかる!ってなるところです。


さて、問題は、



少なくともこの分岐点に立つことができるような状態に、

中学生の時点でなれますか?




ということです。

タブレットやらスマホやらを与えていて、保護者の方が管理できていない状態でしたら、

不可能でしょう。


中2や中3にもなって、部活動に振り回されているようでは、

不可能でしょう。


そういったコツといいますか、

持つべき姿勢と言いますか、

そういうところに、一番時間を割いて教えたいですね。




                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 11:53| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

毎年話している、2つのお願い

チラシ表.JPG

明日、最後のチラシが入ります。

中3の募集は既に〆切っております。

現在または元塾生や保護者のご紹介の方に限り、

夏期講習前まで受付しております。




今晩は、本日も粛々。


去年、授業中にしたお話しです。

今年は授業中にしていませんが、ブログでちょいとだけ。



ふたつ大事なことを言います。

ひとつは、選挙についてです。


昨年の参院選、投票率が52%と、戦後3位の低投票率でした。

世代ごとの投票率はこれから出ると思いますが、毎回二十代・三十代の投票率は、

散々なものです。

2013年参院選年代ごとの投票率




必ずしも、投票率が高いことが良いとは限りません。

独裁国家では、投票を半ば強制することで、

投票率が異様に高いというケースもあるからです。


とはいえ、

政治家だってバカではありません。

票になる政策なら頑張りますが、票にならない政策を誰が一生懸命やりますか。

票のため、選挙のためというと汚く聞こえますが、

彼らは当選しないと失業するんですよ。
(もちろん、職を見つけるのは、普通より見つけやすいですが)


老人が60%〜76%も投票してくれるなら、

彼らに有利な政策しか考えないのは当然です。


今、君たちは20歳にならないと選挙権はもらえません。

ですが、今からニュースくらいは観て、

どんなことが話題になっていて、何がどうなっていくのか、

観ておいてください。



ふたつめ。

夏休みに入って、部活動はさすがに、少し緩くしてくれているところが大多数のようです。

勉強もたくさん、遊びもたくさんしておいて欲しいのですが、

ある程度時間がある時なので、本を読むことも少ししてほしいと思います。


本は何のために読むか?

国語の成績を上げるため?役に立つから?

違います。

楽しいから読むのです。


とはいえ、読書が楽しいと思っている人は一部だと思いますので、

読書が楽しくなるコツをお伝えします。



まず、夏休み中に一度、お家の方と本屋さんに行ってください。

小遣いで本を買うなら、なおよしです。

自分のお金を使うと、真剣みが違います(笑)。

そして、ぱらぱら手に取ってみて、

これなら読んでみたいと思うものを、3〜5冊購入してください。

マンガ・携帯小説・雑誌・ゲームの攻略本以外です。

どうしても興味が見当たらない時は、「夏の百冊」みたいなコーナーから選んでみてください。



購入した3〜5冊は、1週間以内に読破してください。

面白そう・読みたいという気持ちは、せいぜい1週間くらいしかもたないと思います。

鉄は熱いうちに打て。



中には、手に取った時は面白そうと思ったのに、ハズレにも出会うと思います。

そういうこともあります。

1冊でも面白ければ、しめたものです。

同じ著者のものや、似たような話のものを、また次買ってみてください。

ここまでできた人は、たいてい本が好きになっています。



私は、進学塾をやっているので、

塾長としての意見は「勉強ごときできない人間は、認めない」と言っています。

ですが、一個人としては、

勉強ができなかった人や学歴の低い人だからといって、

悪く見ることはありません。


ただ、一点、

本を読まない人間は大嫌いです。


本を読まない人間は、自分の経験でしかモノを語れません。

どれだけ壮絶な経験をしても、所詮は68億分の1です。



ニュースを観る

本を読む



この2つ、比較的時間のゆとりがあるこの夏休みに、

是非やりはじめてほしい事柄です。




                                ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

チラシのお話し

チラシ表.JPG

最近入っているチラシです。

あと1回入る予定・・・のはずです^^;



今晩は、本日も粛々。


相変わらず、黒オレンジの寺子屋のチラシです。

いつも全国紙にも、少しですが入れています。

地方にお住まいながら、全国紙をご覧のご家庭は、

寺子屋が育てたい生徒層のイメージにぴったりだと、

勝手に思っているからです。


ちなみにウチは読売を取っています。


あ、黒・オレンジのチラシを入れているのは、

ジャイアンツファンだからではありません(笑)。

私はメジャーリーグしか観ませんし、

今はテレビが無いので、もっぱら野球情報はネットです。



ちなみに一時期とはデザインが異なるのは、

寺子屋が経営方針としてセカンドステージに来ているからです。

まぁ、これは私自身が、

勝手に目標や戦略を忘れないようにするためのおまじないみたいなものです。



そういえば、私、チラシに授業料等々を載せていません。

理由はシンプルです。

お伝えしたいメッセージを掲載していたら、

そんなスペース無いぞ^^;となってしまうだけなんです。

お知りになりたければ、

お手数ですが、どうぞお問い合わせください。



そういえば、最近津幡・津幡南中校下の方からのお問い合わせが多いです。

どちらにしても、

勉強ごときでくじけたくない、

気合の入ったご家庭からのお問い合わせ、

お待ちしております。



                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

名著の予感

チラシ表.JPG

最近入っているチラシです。

あと1回入ると思います。



140706_213238.jpg


あ法学部お政治学科出身らしい本を買いました。

小熊英二さんの『<民主>と<愛国>』です。

簡単に言うと、『戦後思想ってなんじゃらほい?』です(通読していないので、多分ですが)。



第1章まで読んだのですが、名著の予感がぷんぷんです。

ここからオタクめいたお話しになりますが、

まず、註が面白い。

脚注って、引用した本はどの本で、ここからここまでですよ^^と示すのですが、

そこに本文に書ききれなかった補足があるのですが、

その補足ひとつひとつが読んでいて、

本文から予想していた疑問を、丁寧に解決つけてくれています。

こういう本は、自分にとって親和性が高く、

しかも、(当たり前ですが)私よりよっぽど物事に詳しい方ですから、

私の考えの斜め上を、間違いなくいってくれる本です。



分厚い(約1000ページ!)ですが、

専門書や学術書というより、一般的な評論なので、

すいすい頭に入ってきます。



今、奥付を見たら、

初刷が2002年、私が手に取っているのは2012年に刷られたもので、

もう16刷重ねています。

結構いろんな方に読まれている本なのですね。



夏期講習に入るまでに、読破したいと思います。



先週・今週は鼻血が出るほど忙しかったのですが、

そういう時に限って、睡眠時間を削ってでも読書熱が湧いてくるものです。

不思議ですね^^



                              ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

学園祭


今晩は、本日も粛々。



二水祭のポスター、貼ってあります。

外から見える場所にね。



中2以下の生徒には、志望校の学園祭に行ってみなYO!と、

オススメしています。

そうでないと、高校を知る機会、なかなかないですからね。


一点だけ注意です。

学園祭が異様に盛り上がるところがあります。

二水と高専です。

この2校はどうしても生徒の評価が高くなりがちです。

ですので、あくまで目安ね^^



                        ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

残席状況


チラシ表.JPG

最近入っているチラシです。

気合入った方々からのお問い合わせ、お待ちしています。



今晩は、本日も粛々。


残席状況についてお知らせいたします。

中3につきましては、一般の募集を既に締め切っています。

夏期講習前(7月16日)まで塾生・保護者の方のご紹介に限り、若干名受け付けます。



中2は、現在満席ですが、空席が1席できました。

この学年は、原則入塾待ちを受け付け、

今の塾生から退塾が出た時に、受け付け順からご案内いたします。



中1につきましては現在満席です。

冬期講習で定員を拡大する予定ですが、最大で4名だと思います。



中1・中2、偏差値70以上限定個別指導クラスは、1席だけ空いています。

今後人数を拡大する予定はありません。



小学生、6年生と5年生がいっぱいになるかもしれません。

現在お問い合わせがあり、面談待ちもしくは入塾テスト結果待ちという

状況です。



小4はまだ1席空いています。



                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

【お知らせ】学力テスト+夏期講習について

チラシ表.JPG

最近入っているチラシです。
あと1回だけ、入る予定です。


今晩は、本日も粛々。


7月6日(日)中学生学力テストが実施されます。

時間帯は、夏期講習のご案内に書かれているとおりですが、
英検2次試験・県体前遠征等々にかぶっていますので、
中学生は

6日と13日のどちらかを選べるようにしておきます。

授業の際に聞きますので、どちらかを事前に申告してください。


小学生は、最初から7月13日指定となっております。

宜しくお願いします。



あと、今年から初めて、

選択制の夏期講習を実施します。

題して、

【希望者のみ】小4〜中2、高校生 地頭を良くする文章処理能力養成講座(文系編)20日間

まぁ、5・6人くらいしか受けないだろうなーとタカをくくっていたら、

塾生だけで既に10名近く申し込みがありました。

本当は現高1〜高2の生徒をメインにするつもりでしたが、

これ以上は一人で見れませんので、

そろそろ〆切にしたいと思っています。

もしどうしても!という方は、今後ご相談ください。

受け入れ可能かどうか、ちょっと検討いたします。


                              ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする