2024年02月27日

駿台中学生模試、英語と国語


3月の新年度に向けて、生徒を募集しております。

低学年は曜日・時間帯によりまして、

満席のところがあります。

新年度入塾テストで合格した皆さん、おめでとうございます^^



今晩は、本日も粛々。



前回は中1数学のお話をしたんですが、

英語でも最高は偏差値63、偏差値50を下回った子は一人もいません。

国語でも最高偏差値62、同じく偏差値50下回った子は一人もいませんでした。



英語は小学生はじっくりと、中1に上がるときに簡易版でフォニックスを徹底的にやり、

通常授業で、前から読んでわかるように英文法を理解していくように進めています。

あとは「中3までにできれば英検2級、普通で準2級は取ってね」

但し、過去問やりこんではダメと指示してあるだけです。

中1は4級・3級・準2級取得済みです。



やはり準2級取っている子は、駿台中学生模試でも炸裂しました。

英語に関しては、英検をだけ先取りしていますが、文法内容は先取りしていません。

正しい英文法の発想で取り組めば、

ある文法単元だけ気を付ければ、ある程度は読めるようになるわけです。



国語も塾にしては珍しく、

力を入れているほうだと思います。

夏と冬の講習会のたびに読解特訓をやります

(春は文法と要約)。



きちんとマスターできた子は、

中3で共通テスト現代文、8割〜満点取ります

(ただしテクニックだけなので、点数に見合った実力ではない)。



こうやって、

各教科の「狙い」みたいな部分を指導者が把握し、

足りない部分を補ったり、

余裕がある子にはテコ入れしたり、

当たり前のことを当たり前のようにやっていけば、

ごりごりの対策をしなくても、

飛びぬけた生徒に成長していくものなんです。



よく寺子屋は「尖がっている塾」と評されることが多いのですが、

当たり前のことをやっているだけです。

ただこの当たり前を、理解していない人や、

受験向けの誤魔化しを「勉強」だと錯覚している人が多数派を形成している、

というだけの話だと思っています。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:33| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

幼児・低学年算数の威力


3月の新年度に向けて、生徒を募集しております。

低学年は曜日・時間帯によりまして、

満席のところがあります。



今晩は、本日も粛々。


寺子屋幼児教室1期生は、まだ小3なので、

低学年から通っていた生徒の話です。

駿台中学生模試という、

都市部の難関私立国立受験ご用達のテストがあるのですが、

(傾向と対策だけで高得点取っているような生徒でしたら、

泉丘余裕合格の生徒でも20点・30点を取ってしまうようなテストです)

低学年から通っている中1生たちが凄まじい成績をたたき出しました。



駿台模試数学.jpg



普通の公立中学の生徒たちです。

しかも駿台模試の対策や過去問は、一切やっていません。



力試し感覚で、頑張っておいでー

で、この成績です。

(数学だけなら早慶附属高校レベル)



寺子屋の幼児・低学年で、じっくり概念から育てていると、

こんな化学変化が起こります。



先取りは一切やっていません。

といいますか、

算数・数学は顕著ですが、

先取りしていいレベルの生徒に、あまり会ったことがありません。



最近、ある程度できるように(みえる)生徒には、

がんがんと先の学年をやらせるという指導をするところが多いみたいですが、

だから優秀層であっても工夫ができない生徒が多いのでは?

と勘ぐっています。



こうやってたっぷりと小学校算数・中学数学を深めるだけでも、

考えて工夫して、

初見の問題でも何とかできる生徒が育っていきます。



もちろん、高学年や中学生からから伸びる子もいますし、

高得点の子も胡坐をかけば、急落します。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:35| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月13日

東大経済学部、推薦合格


今晩は、本日も粛々。



タイトルにありますとおりです。

1つの県で1人出ればいい方と言われている東大推薦で、

合格者が出ました。

今年は全国で91人しか合格者が出ていません。



東大合格はこれで通算三人目。

課外活動で実績があるわけではありませんので、

おそらく学問への姿勢が評価されたのだと思います。



東大は最近、一般の入試問題で、

知的な問題より、情報処理能力を問うような問題も散見されたので、

受験勉強ではなく学問を志す生徒を評価した点が、

嬉しかったです。



寺子屋に入塾したときは中2でしたが、

全国模試で偏差値60ちょっと(二水高校安全圏に届かず)くらいでした。

学校では優秀でしたが、

興味はあっても自分で深く掘り下げることを知りませんでした。

つまり、

知らず知らずのうちに、自分に上限を設けているような状態でした。

地方都市の優秀層は、これが怖いんですよね。

もしくは、ちょっと優秀だからといってどんどん先取りさせてしまう。

そうなると、受験で燃え尽きる生徒のいっちょあがりです。



寺子屋に来てから、この子の知的好奇心が爆発しました。

全国模試の学力テストでは偏差値70台を突っ走り、

難関高校受験用の駿台模試も、全国100番内に入るほどになりました。



先取りをしていたわけではありません。

「映画で学ぶ知の技法」という映画を用いた国語の授業に触発されて、

自分で映画をたくさん観て、自分で評論していましたし、


高校入学時には、Z会アカデミックという、

大学一般教養レベルの文章を英語で読みながら覚える単語帳を勉強していました。


古文や漢文は、原典の漫画版を一通り読み、

中国の思想家や十八史略(中国18の王朝の歴史書)のダイジェストを制覇していました。



自学力+知的好奇心で、高校でも学年トップ10をキープし、

まさに「知的好奇心の余熱で点数・合格を克ち取る」

という、寺子屋のキャッチフレーズを地で行く生徒です。



またこういう生徒を育ててみたいなと思います。

志望校は東大である必要はありません。

寺子屋は「行きたいところを応援する塾」であって、

いい高校・いい大学を目指させることはしません。

ただ、本当に「行きたい」なら、

本気出すよね?と常に問いかけ続けます。



さぁ、寺子屋は3月から新学年でスタートします。

幼児(年少〜年長)、

低学年(小1〜小3)一部曜日時間帯で満席アリ

高学年(小4〜小6)一部曜日時間帯で満席アリ

中学生(中1〜中3)

を募集しております。

お問い合わせフォームより、ご連絡ください。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月07日

日常の力


あけました。

本年も粛々とよろしくお願いいたします。



元日早々、大変でした。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。



さて、受験生にした話です。

私も今まで生きてきて、こんな大きな地震に遭ったのは、初めてです。

怖くて心穏やかじゃない人もいれば、

被害の状況をテレビ等で観て、心ここに在らずという人もいるでしょう。



もし私たちに何かしらの知識や技能があって、

直接被災者の役に立てるならば、駆け付けて頑張るのは素晴らしい行動になるでしょう。

しかし、残念ながら、

少なくとも私や受験生の皆さんには、どうも難しそうです。



だとすれば、

不安に怯えたり、日常生活に集中できない状態だったり、

それで被災した人たちが救われるならば、そうすればよろしい。



ただ私は別のことで被災した経験があるので思いますが、

そんなことちっとも嬉しくありませんし、

むしろ罹災したことによって人にマイナスの影響を与えたのであれば、

さらに自分を責めるでしょう。



だとすれば、

今、自分たちのやるべきこと、やりたいことに全力を尽くす。

これ自体が、今被災した人が、

やりたくてもできないことです。



日常は退屈かもしれませんが、実は貴重だったこと、

こういう機会が無い限り、実感できないと思います。

そう考えて自分の力に変えていってください。



そして、こういう逆境の時こそ、

その人の真価がわかります。

私は逆境◎の人間ですので(笑)、

猶更そう思います。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:55| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月31日

「昔は良かったね」を超えていきましょう


今晩は、本日も粛々。



IMG_0668.jpeg




2023年最後の「映画で学ぶ知の技法」は、

戦後の雰囲気を知ってほしくて、

『ALWAYS三丁目の夕日』です。



生徒の感想を聞いてみると

昭和の時代はよかったね的な感想や、

最後のシーンがよかったみたいな感想が多くて、



「君らって呑気だね」から始めてみました(笑)。



今年の共通テストの小説で、

戦後間もない頃が舞台の作品が出ていましたが、

背景知識が無い子には辛い問題が少しありました。

やっぱり映画や本のような芸術作品を通して、

間接的にでも一度追体験してみるのは大事ですね。



もうひとつは、私なりの解釈で、

おそらく原作の漫画や映画監督の意図であろうと思うところを伝えたかったのです。

つまり、

「懐かしい、昔はいい」で片づけないでほしい。



ということで、

登場人物から垣間見える、

昭和の闇みたいな部分にスポットライトを当てて授業をしました。



戦争の傷がいたるところに垣間見られたシーン。

新しい家電や技術に葬られる仕事

経済的に成長していく日本に、歪んだ人間が今後生まれるであろうことがわかるシーン。

子どもなんて大切に扱われる余裕がなかったこと。

当時の家族が、今から考えられない事情で成り立っていたであろう内容。

お金のために望まない道に進む人もいる話。



なんてことがあるからこそ、

皆が感じた「昭和の良さ」があったんだよという話。



もうひとつは、

じゃ、「現代にはこんな闇はないのかな?」という話。

映画の中で、

「今日も、明日も明後日も…。  夕日町3丁目には、奇麗な夕日が照っている。」

というセリフがありましたが、

昭和だけでなく、現代だってそうだと思うんですよ、

というお話をしました。

だから「Always」なんですよね。



念のため言っておきますが、

私の意見が正解というつもりはありません。

同じ作品を観ても、

君らのように考える人ばかりではないということが伝えたいのです。










さて、

授業後の感想をみると、

























「授業を聞いて、現代の方が幸せだと思いました」











単純だねー、君たち(笑)。

まぁ、

そのうちわかりますよ^^





ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 02:05| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする