2019年11月16日

気づく、ということに遅すぎることは無い


全国凄腕塾長たちの会議が、匿名で覗けちゃう

LINEオープンチャット「爆裂個人塾長座談会閲覧所」

寺子屋保護者も、

ふらっとブログをご覧になった方も、

ぜひご参加ください。

https://line.me/ti/g2/AAVcJFZaGPrqIOGDvBHJcw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default




今晩は、本日も粛々。



爆裂(略)閲覧所で、高校生のお母様からのご相談に応えます。



「要領よく勉強して高校入学後潰れたタイプです。

負けず嫌いでもなく今まで特に挫折を知らずにゆる〜く育ってきました。

入学時は高い目標はあったようですが、

現在は目標を失っていて学校からの課題やテスト前だけは勉強していますが結果は散々です。

(略)勉強に関して今はうるさく言っていません。

幸い学校生活は楽しいようで、〇〇先生の授業は楽しいという話も毎日のように聞きます。

人前で話したりする事も出来ますしリーダーシップもとれるタイプだと思うので、

そういった所を認めて伸ばせたらそれで良しとしよう。と思う反面、

いやいや毎日コツコツ勉強しなきゃダメでしょ。という想いと日々葛藤しています。

こんな私に何かアドバイスがありましたらお願い致します。」



高校入学後に潰れるのが悪いのではないのです。


むしろ今までの、誤魔化し勉強を治すチャンスです。


大学受験に間に合わないかもしれない?


教育の完成は大学受験ではありません。


もしその「ゆる〜い」状態で社会人になっていたらと考えると、


空恐ろしくなりませんか?




進学校であれば、躓かない生徒を、むしろ見たことがありません。


弊塾から難関大に合格した子たちも、


スランプや、


日々、分からない、難しい、頭に入らない、課題が多いetc


そういうことが連続の三年間でした。




ただひとつ、勉強は習慣ですから、


目標があっても無くても、続ける必要があります。


目標があればやるのはむしろ当たり前で、


目標があるのに頑張れないのは、かなりまずいと思います。


それでも前向きに取り組んでほしい、というお母様。


こういうのはいかがでしょうか。





授業が楽しいという先生のテストは、


いい点を取ってお返ししてあげて





目標が無いとき、何をすべきか。


ひとつは今あるものから一生懸命になれるものを探すことです。


興味関心が高いものがなければ、


好きな人に付いて行ってみる、というのもいいです。


ふたつめは、今回のご相談とは離れてしまいますが、


今世の中で起きていることを知るため、新聞を読むことです。


世の中で起きている出来事に、何かしら心が動くはずです。


こういう小さな心の動きの蓄積が、


興味関心に育つ種になります。



最後に、フットボールでテキサス大コーチ、ダレル・ロイヤル氏の有名な言葉です。



フィールドでプレーする誰もが必ず一度や二度、屈辱を味わわされるだろう。

打ちのめされたことがない選手など存在しない。

ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。

並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。

そして、敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。




躓いたのが問題なのでは無いのです。


躓いたのを問題と捉えているのが、問題なのです。




ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

高みを目指して伴走する。


今晩は、本日も粛々。



幼児教室のお問い合わせが相次いでおりまして、


ほとんどが金沢からです。


かほく市からもお問い合わせいただき、


とても嬉しかったです。



さて、ご相談をいただきましたので、


回答いたします。



「小3男子保護者です。多少ですが、所謂、浮きこぼれタイプの子で、中学受験か高校受験かで悩んでいます。

こちらは両方のスペシャリストの先生方がおられますので、ご意見を伺えたらと思います。

各塾におられる学年上位2%ぐらいのお子さん達にとって、公立中学の授業は学ぶ楽しさを得られるようなものなのでしょうか。

昔のように、ただ静かに板書を写す作業に没頭されているのでしょうか。

ざっくりとした質問で申し訳ありません。先生からの視線が厳しい浮きこぼれタイプなので、

中学でうまくやっていけるか否かは中学の授業次第だろうと感じております。

宜しくお願い致します」



中学受験をお勧めします。


いろいろ中学校を見せてみて、ご本人が乗り気になれば、ですが。


その際に注意すべき点をお話します。


まず、


勉強ができるくらいで、他の子をバカにしないようにすることです。


寺子屋から関西創価高校、灘高校合格などがでていますが、


高校受験ではありますが、


わざわざ都市部の県外受験をするような生徒たち、


公立中学では完全に吹きこぼれ状態でしたが、


周囲との協調性はとても高かったです。



特に灘高校合格した生徒は、


某私立中学を辞め、高校受験用に寺子屋近くの公立中学校に転入したので、


校風の落差はとても大きかったと思います。



ですが、ご家庭と私とで、


勉強ができないからといって、公立中学の子をバカにするようになったら、


即退塾させる、


ただし、愚痴は聞く(笑)


とお伝えしていました。



最初はうるさい公立中の生徒に戸惑うことが多かったのですが、


次第に勉強の面白さに、


周囲を巻き込むようになりました。



こういう姿勢をみたときに、


当時は東大寺学園が志望でしたが、


灘でもいける、


しかも灘高校合格後も、成績上位でいけると確信しました。



受験のテクニック的なことは塾で、


難関中学がいかにいい雰囲気かどうかなどは爆裂閲覧室で、


お話される方が多いと思うのですが、


こういう精神的な成長を促してあげられるのは、


お母様しかいないと思うのです。




寺子屋は成績上位生が多いですが、


実はこういう、


上位生が持つべき姿勢も大切にしています。


例えば、周囲の生徒だけでなく、


学校の先生と反りが合わないときがあるのはしょうがないですが、


バカにするような生徒は、寺子屋生にふさわしくありません。


こういう上位生・進学校の文化だった部分、


きちんとお伝えしていきたいです。



全国凄腕塾長たちの会議が覗ける、

オープンチャット「爆裂個人塾長座談会閲覧所」

参加希望の方はこちらから

https://line.me/ti/g2/AAVcJFZaGPrqIOGDvBHJcw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:12| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

爆裂個人塾塾長座談会閲覧所


今晩は、本日も粛々。



埼玉にある伝説の塾、爆裂松江塾


成績を上げることでも有名ですし、


塾ブログで10年以上、


全国トップクラスを走り続けていることでも有名です。



その松江塾塾長、真島先生が、


個人塾の塾長を集めて、LINEグループを作りまして、


その議論が熱いってなんの。


一日1000件くらい未読がたまるなんて、初めてです(笑)。



その爆裂個人塾塾長会議、


実は保護者の方も閲覧できるようになりました。


発言はできないのですが、


保護者の皆様が関心がありそうな話題を、


がんがん投下していきますので、


是非ご覧ください。


オープンチャット「爆裂個人塾長座談会閲覧所」
https://line.me/ti/g2/AAVcJFZaGPrqIOGDvBHJcw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default


QRコードの方はこちら

QrCode.jpg


深夜はチャットしないようにしておりますが、


通知オフに、必ずしておいてください。


常にポコポコ鳴っておりますので(笑)。


ちなみに、参加している塾長と保護者の数は、


開始2日目で、


380人(笑)


すげ〜、、、




ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 19:11| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

日曜から火曜の流れ


今晩は、本日も粛々。



京都から埼玉に移動して、


個人塾の塾長さんの集まりに、


二次会からですが、顔を出しました。



次の日は喫茶店に籠ってチラシ等々、広告宣伝物を作り、


先日大病で倒れた塾長さんの快気祝い、



早朝に名古屋に移動し、


会合を行い、


石川県に戻る。



多分、一番時間的に長くいたのが喫茶店という、


二泊三日でした(笑)。




いつも諌山先生の勉強会@京都で思うことだったり、


今回の会合で、改めて思ったりしたことなのですが、


レベルが低くて、努力もしない人をみて、自分を優位に見たり、


そういう人たちをみて心を乱したり(いくら義憤でも)、


これらは、


心が弱いからです。


心が弱いということは、


自分のやっていることが、まだ不十分なことを自分で分かっているからです。




レベルの低い人だけを集めて、


自らが教祖みたいに振舞えることを喜ぶ程度のカリスマが多い塾業界で、


何をしたら心がワクワクするか?


を基準に考えられる人たちがいる。


そして、今はイマイチでも、


真摯にレベルアップを図って一生懸命取り組む人たちがいる。


生徒でもそうだけれども、


私はこういう人たちが、たまらなく好きです。




ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

下ごしらえ


今晩は、本日も粛々。



夫婦で京都に勉強会。


といっても幼児担当の先生でした(笑)。


小学生中学校受験は、特にする必要はありません。


寺子屋でも受験する子のほうが少ないです。



B1F3E57A-74DA-46B3-A6C7-D8F347FE21D3.jpeg



こういうことを小さいうちから





3A86E97C-7F72-4E78-9C91-4F4E32638EF5.jpeg



たっぷりとやってもらうわけですね。


数字や文字など、


書くものは最後。


それまでにたっぷりと耳と手で触れるんです。



すらすら紙に計算していると、


なぜか賢そうに見えますが、


そんなので喜ぶのは、小さい子ではなく親ですし、


そんなので褒められるのは、小さい頃だけです。



センスやキレと言われるものは、


こうやって養われていきます。



いつまでに何をしなければならない。


そういうのはテストや評価のための勉強です。


じっくりこういうので


脳みそと手を、


耕してほしいです。




ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 20:28| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする