2022年01月14日

【残席状況】1月14日現在


今晩は、本日も粛々。



今月、金沢情報さんに掲載と、

チラシが入りますので、

ブログにも残席を記載しておきます。


新中3 〆切まであと3席

新中2 〆切まであと2席

新中1 〆切まであと4席


チラシと若干人数が異なります。

新中3は悩んだ結果、2席チラシより増やしました。

〆切となると、

席が空くまでの間、入塾待ちとなります。

高校受験まで空くとは限りません。



注意事項としては、

新中3は、席が埋まろうと埋まらない場合でしょうが、

6月末で〆切ます。以降入塾はできません。


新中1は春期講習受講者までで一旦締め切ります。

もし席があれば、募集再開は夏期講習の募集からになります。



新小6 3席

新小5 2席

新小4 3席

新小3 2席

新小2 2席

新小1 1席

新年長〜新年少 若干名



2022年から入塾要件を少し変えます。

お問い合わせがあった方から、

お伝えしていきます。



ちなみに高校生は一切募集していません。

今まで特別に入塾を許可するケースが、

10〜20名に1名くらいの割合で、あったのですが、

あまりに約束を守らない割合が高いので、

お受けしないことにしました。



幼児・小学生からじっくりと、

進学校に相応しい生徒を育てていきます。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:22| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

(とっくに)あけました


今晩は、本年も粛々。



もう新年気分も世の中から消えつつある日に、

ようやく今年初のブログ更新です。



講習はいつもそうなのですが、

とにかく忙しい。。。

暇で暇でしょうがないというのは、

自営業的には不幸なことですので、

有難いことです。



さぁ、今年もふわっといきましょう。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

相変わらず年末感がないのです。


今晩は、本年も粛々。



学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第12回)
自学力の育て方B 自学力が備わってきた子のイメージ



なんと、年の瀬に原稿を書いていました(笑)。



除雪機キャサリンの大活躍で、寺子屋の駐車場だけ見事に雪が無い状態です。



毎年のことながら、

昨日の休講日、今日の中3正月特訓と、

いろんな学年の子もリアル自習室・オンライン自習室含めて、

たくさんの生徒が頑張っていました。



結婚してから、今までみたいな、

自学力を身に付けてもらうために、

毎日勉強できる環境は用意する。

なんてことができないかもと思っていましたが、



一部オンライン化と、

除雪機キャサリンの名づけ親の奥しゃんの理解、

70歳を超えた母が、まだまだ元気なことにより、

何とか可能になっています。



それにしても、

中3の一年に全力を尽くして、受験という麻薬の力を借りて勉強の価値観を一転する、

という、多くの塾が陥りがちなところに背を向けて10年ほど経ちました。

麻薬の力を借りているだけで、

本当に自分で勉強できる力が、高等学校に行っても身に付くことが、

出来る場合と出来ない場合の落差が激しく、

こちらが全力を尽くした分、落胆も大きくなるという循環に、

もううんざりしたわけです。



おかげで例えば今年の中三をみても、

平均通塾年数は3年以上。最長で7年です。

じっくり見ることができるから、

その子の点数や成績ではなく、

自学力の推移がみてとれます。



そうすると、

今、成績という、誤魔化しも効く目安の数字でも、

自学力という誤魔化しが効かない力でも、

いい状態にある生徒で、

何事も無く順調に来た生徒なんて、一人もいません。



むしろ浮き沈みがあって、それを真正面から受け止められた生徒ばかりです。



禍福は糾える縄の如しというのは本当だなぁと、

いつも思います。



悪い時期にじっと我慢して、

粘り強く接するというのは、

大事だなぁと思います。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:55| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

寺子屋が発している波動


2111チラシ.JPG


先日、最終のが入ったチラシです。

学年によっては満席のところが出てきています。

また、新年度の予約も入ってきています。



今晩は、本日も粛々。



今日は寺子屋OBと、

以前寺子屋でもお話をしたことがある大学の後輩、

それから後輩の友人の方と、

寺子屋では有名人+日本や世界のビジネスの最先端にいる2人が遊びに来てくれました。



OBの子が来ているけど、何か聞きたいことある?

と中3の子に振ったら、

きゃぴ!ってしてわいのわいの話していました。

こういうのを見ると、

この子たちは育っていくだろうなぁと思っちゃいます。



拙著『自学力の育て方』

あ、余談ですが、Amazon1位を奪還しました!

を手に取っていた、後輩の友人。

やっぱり今、最先端で仕事をしている人には刺さる言葉だったんですね。



やりたいことを仕事で表現している方々は、

皆さん寺子屋をみると、

若い頃に通っていたかったと言ってくださいます。

そういう波動というか、バイブスというか、

それを生み出せていて、

みんなにも、少しでも伝わればいいなぁと思っています。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:33| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

器を育てる


2111チラシ.JPG

先日最後のチラシが入りました。



久しぶりに京都から粛々。

新型コロナウイルスで、約1年ぶりの勉強会でした。


EB64487E-2A5E-4042-B506-D4B227E7D1E8.jpeg


先取りするのは、限られた条件下のみです。

まず、その学年の内容が入る器を準備、

次に、その学年の中身を深掘りすることです。



先日、Abemaで幼児教育についての議論がありました。

登場していた、幼児教室の先生たちは、

皆口を揃えて、

脳は3歳までにある程度決まるとか言っていまして、

脳は年取っても成長するでしょうと、

ひろゆき氏にコテンパンにやられていました(笑)。



寺子屋の保護者会で、

脳の発達がどうこうみたいなお話はしたことがないと思います。



五歳半までにこういうことができるように、

九歳までになになにができるように、

なんて目安をお伝えしていますが、

そんな目安ができている子どもを見たことがありません。



ですが、そんなことはいずれできるようになると、

計算が速く、暗算でできるとか、

テストでいい点だといいとか、

何学年先にやっているのがいいとか、

そんなことばっかり注目しちゃう。



肝心なことが入っていないからできないだけ。

意識が高いお家ほど、

こういうのが盲点になっている印象です。



今日の研修では、

小学校内容をふか〜く理解できるような、

器を育てましょうね、

点数がいいとか、どこどこに合格とか、

それより

じっくり粘り強く、自分で考えられる子のほうが

いいじゃない



改めてそういう子たちを育てていかないとと、

気合が入りました。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:08| Comment(0) | 幼児・低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする