2018年05月02日

外交にありては被動者たるの地位を取り、軍事にありては常に機先を制せむ


今晩は、本日も粛々。


妻の、ふぐを食べたい!の一声で、
下関に移動。
あ、お土産は門司港のものです。

山口県では、ふくと言います。

5F40045A-369D-4922-9491-1F7C642B90FB.jpeg

唐揚げとふくずしを食べて、
メインは下関のソウルフード、瓦そばです。

1495C54D-7CFA-491D-8D9B-8634711E21FA.jpeg

茶そばを瓦の上で焼いて、
錦糸卵、牛肉、穴子を焼いて乗せ、甘いタレで食べます。
これが絶品。
是非食してみてください。

下関といえば、
日清戦争の講和条約、下関条約締結の地。

DC19BA8C-BE2F-4FB9-82CF-72E2E7D6293E.jpeg

雨に煙る関門海峡が美しいです。

CC95CDD2-F8F5-4EF7-9067-EAEDA299AA1B.jpeg

F13E0649-57D1-48CA-8DA3-4BE7D0B39718.jpeg

外交官で最も尊敬する陸奥宗光が、
伊藤博文とこの条約の後話合ったのは、どんな未来だったのでしょうか。

気まぐれ旅行の本領発揮。
出発前に唯一行くと決めていた鳥取砂丘、
本日と明日が雨のようなので進路変更。
一路広島の平和記念館に変更し、
下関条約締結、天皇皇后両陛下宿泊の名旅館、
春帆楼のラウンジで、広島のホテルを予約。

夜に広島に着いて、
ぶらっと原爆ドームまでドライブ。

E30B20B4-4A64-41EF-B27A-6736D60FD5F9.jpeg

雨上がりの濡れた雰囲気が心地良いです。

人類の愚かさの象徴のような原爆ドームは、
禍々しくもカッコいい、
夜になっても世界中の観光客が立ち寄り、
地元の人たちも、ふらりと訪れる、
夜の散歩には最高の場所でした。

7D6A6C12-BDA6-477B-BC61-5873459DBA44.jpeg

867A577E-5BDD-46C1-8040-189C9B4BCE5A.jpeg

明日は原爆資料館に行って、l
その後はいよいよ鳥取砂丘、、、かも(笑)


21094FC5-07E4-47A1-A02F-967CEC0AEB03.jpeg


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

毒毒読書タイム


こんにちは、本日も粛々。


妻が学生時代の友達とランチで、
見事に一人、天神に残されてしまいました(笑)。

まぁ、一人ぶらりと遊ぶのは得意なので、
車で気まぐれ旅用のCDをしこたま購入して、

18D4B871-73FE-49E8-9D32-0EF05495397C.jpeg

井上陽水や長渕剛などを輩出した、
伝説のライブハウス照和で腹ごしらえ。

4CD2C98E-0873-4014-ADE8-7E80FFA18D93.jpeg

今はライブ喫茶みたいな感じでオープンしています。

福岡PARCOで毒毒毒毒毒毒毒毒毒展2(猛毒展2)という、
有毒生物を集めた展示会をやっていたので、ふた寄り道め

C2AC4EB5-440C-4537-B3F5-5061CB4610A8.jpeg

FEDB8231-58C0-40CE-B4C4-C9730C1EEC34.jpeg

A8495D72-B3DE-463E-A1C6-37260A87FA39.jpeg

1B203A2B-3496-4055-A444-5D1ED716BE79.jpeg

3048B52B-8EE6-421F-98BF-E9DD12324322.jpeg

194674EE-457E-4719-AFFA-1C20D9A44721.jpeg

6F29B947-97D3-430C-AD88-F49464541A2B.jpeg

1A41E533-0B04-4894-94B1-6CB3C137B640.jpeg

2E25ECF3-CAEB-456E-B9C6-EA9C26B7BC31.jpeg

8CDFF960-2D28-42CD-BA76-B19B9A56E6CE.jpeg

E80BD1F7-FA12-4241-89A4-50377449489A.jpeg

09343F0A-8129-452F-834F-BC77EB1D71CD.jpeg

有毒生物って、なんでこんなに男の子のハートを捉えるんでしょうね。
CDショップも含めて、
かなり歩いたので、タバコが吸える喫茶店で、
読書しながら待つとしましょうか。

インドアな私の自由なんて、
この程度です(笑)。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

笑顔が増える関係


今晩は、本日も粛々。


東京から妻の実家の大牟田へ行き、
ご両親とお食事。
妻の車に乗って、これからが本格的な、
目的を決めずに、気まぐれ道中。

EAF9F9EB-8CF9-4D71-9452-903532DDDF75.jpeg

ご実家の柴犬、2歳♀と、
ひとしきり戯れます。

32632001-0542-460B-B3B9-0EB538FBCE7C.jpeg

犬も猫も両方好きですが、
どちらかといえば、犬派です。
まぁ、どれだけ好きでも、結婚するまでは絶対飼わないつもりでしたし、
飼うとしても塾に連れて来るほど、
公私混同した愚か者にはなれませんが。

ちなみに腕を舐められてしまっているのは、
お義父さんです(笑)。

帰りの道中、
久しぶりに自分の車を運転してテンションが高い妻と話していたのですが、
結婚してから、
両親同士・親子関係が非常に良いそうで、
それは私の家も一緒で、
どちらかというと両方とも、
周囲の人が幸せでいないと自分が幸福感を感じられないタイプなので、
とても良かったと更に実感しました。

車で妻の学生時代の懐メロを聴きながら、
気まぐれ旅行の思案をして、
ゆっくりと時間が過ぎていきます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

虫愛づる姫君


今晩は、本日も粛々。


今日も主役は、

3CB4B082-069D-4840-B245-8F3F7D688762.jpeg

このお方です。

三鷹市の art Shodo Tokyo に行ってきました。

https://artshodotokyo.amebaownd.com

字が綺麗=書道という固定観念が、
ほんの一部に過ぎないことが、ハートの隅々で理解できる、
とてもいい展示&販売会でした。

FB2F2DBE-F7DD-43C6-9362-FF97768A940A.jpeg

字が持っている意味にがんじがらめになっている、
私のような生き物には、
とても有り難い瞬間です。
こういうのも、感覚を取り戻すリハビリになりますね。

リビングに飾る書を、少しだけ買ってみました。
服や音楽、装飾品など、
日常生活用途以外の芸術品を購入したのは、
実は初めてです。

さて中野に移動して、

むし社
http://mushi-sha.life.coocan.jp

という、虫専門店に移動します。
えぇ、あのルックスからは想像つかないかもしれませんが、
虫愛づる姫君なんです。
もちろん、作品のヒントでもあるので、
じっくり観ています。

私は寺子屋の書棚用の本を物色して、
想像を超えたニッチなお店に来る人の人間観察です(笑)。
もちろん子供連れも多いのですが、
単独男性、若い人からおっさんまでが、
子ども以上に眼をキラキラさせて魅入っている姿、
なかなかいいもんです。
転売目的の人は、1人だけでした。

妻をホテルに送ってから、
今度は友人と一杯。
サラリーマンでも、いずれ自分で事業を起こせる人は面白いですが、
経営者でも、自分に緩く、他人に不寛容な人と話すのは時間の無駄。
楽しい時間を過ごせました。
今後どんなふうに仕事をしたいか?の相談に乗っていたのですが、
稼げていない人は論外、
稼げていて初めて、理念を語れて、その理念のレベル差が分かる。
これがビジネスの世界ですので、
経営者の助けになるより、
自らが「稼げていて、素晴らしい理念を語る経営者」になった方が、
早いんじゃない?という、
とてもワクワクする話をしていました。

三泊があっという間。
明日から福岡に移動します。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

天の原ふりさけ見ればサナダムシ


今晩は、本日も粛々。


東京3日目は、妻のリクエストで、
目黒寄生虫館へ。

94A6787F-D9D4-4E03-8326-D7BDB467C246.jpeg

目玉は、初代館長が体内で育てながら運んだ、
8.8メートルのサナダムシ。

私は2回目なのですが、
妻はかねてから来たいと思っていたようで、
はしゃいでいました。

造形的に面白いようで、
書籍も何冊か購入。
もちろん、寺子屋に置く用も込み(笑)。

そして本日のメインは、

民俗学・台湾・国際連盟 柳田國男と新渡戸稲造 (講談社選書メチエ)
民俗学・台湾・国際連盟 柳田國男と新渡戸稲造 (講談社選書メチエ)

日清戦争─「国民」の誕生 (講談社現代新書)
日清戦争─「国民」の誕生 (講談社現代新書)

これらの書籍がスマッシュヒットした、
佐谷先生ご夫妻と友人とでお食事。
もう20年くらいのお付き合いになりますね。

今年の秋に、
知のスレッジハンマーで、
石川県にお越しいただく予定です。

楽しい時間に、
ついつい酩酊して、
ホテルに着くなり爆睡です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする