2017年03月01日

Dreams

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
先日、最終のが入りました。
新年度生・春期講習受講生、募集中です。


今晩は、本日も粛々。

一般書籍になっているもので、寺子屋生の教材にしているものがあります。
その注文のついでに、

IMG_2086.JPG

寺子屋文庫追加です。
まだ映画を観ていないのですが、『この世界の片隅に』のコミック、
受験生用に、『科学的に元気になる方法』
そして新刊発売していたので、『プリニウス5巻』


さぁ、新中3生は受動態に入りました。
去年くらいからちょい曲を変えまして、



Van HalenさんのDreamsという曲を加えました。
最近の曲は、楽器に注目が集まることが少ないですが、こうやってみると、
ギターってやっぱりカッコいい楽器なんだなあとしみじみ思います。
一緒に歌えたらいいんですが、
さすがにこのキーを長時間保つことはできません^^;

セックス・ドラッグ・ロックンロールの頃のバンドや曲ですが、
意外に真面目だったり、
ちょっとは詩的な工夫をしていたりする歌詞ですので、
紹介しやすかったです。

何より、自習していた受験生たちが「もう1年経ったんだ」と
深く実感していましたね(笑)。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

突破模試、今年も始まります

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
新年度生・春期講習生募集中です。


今晩は、本日も粛々。

今年も附属・泉丘・小松高突破模試が始まります。
新中2・新中3生で、トップ高にふさわしい受験生になりたい方は、
どしどし申し込んでください。
ただ合格しさえすればいい子には向かないと思います。
寺子屋生は私から申込しておくので、別途申し込む必要はありません。

点数や志望校判定は気にする必要ありません。
問題傾向も気にする必要はありません。
1年〜2年後、共に同じ高校で席を並べて勉強する子たちと、
滅多な事では見ることができない問題にチャレンジしてみる。
こういう貪欲さがトップ高の先生からすると、
たまらなく欲しい生徒だと思うのです。


                            ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

明日から新年度

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
そろそろ最終のものが登場するでしょう。


今晩は、本日も粛々。

明日、月曜から新年度の時間割・内容で授業開始です。
教材わっさりで、
本好きにはちょいたまらない空間です(笑)。

さて、今年度から語彙力もちょい着手していきます。
試しに中3で授業してみたら面白かったです。

悩ましい・・・悩みが深い→官能的扇情的
さわり・・・話の最初→ダイジェスト
暇にまかせる・・・暇に飽かせる
的を得る・・・的を射る
愛想を振りまく・・・愛嬌を振りまく
たにんごと(他人事)・・・ひとごと
舌づつみ・・・舌つづみ
依存(いぞん)・・・いそん
〜させていただきます・・・人から頼まれたことをやる時に使います。
鳥肌が立つ・・・感動ではなく恐怖の時に使います

などなど、出てくる出てくる誤用の数々。
まぁ、聞いたことあるだけマシとも思いました。

悩ましい問題というと理解できるみたいですが、
悩ましい目つきというと、悩んでいるときの目つきって?と固まっていました。

思考力が問われる入試・学校の指導になるならば、
それを支える言葉が無いといけませんね。
低学年に教えていて、
銭湯に煙突があるのを知らなかったり、
九回裏ツーアウトの意味が分からなかったり、
よくあることです。

特に民放のテレビを筆頭に、話し言葉はどうしても単純で感覚的になりやすいです。
それは悪いことでは無いのですが、
書き言葉との距離を埋めないと、太刀打ちできないです。

去年は時事問題への取り組みを始め、
今年は語彙力。

寺子屋も基本姿勢は崩さず、変化していきます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

【お知らせ】新年度について

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。


今晩は、本日も粛々。

1月の名門公立受験道場模試の結果を掲示しました。

IMG_2082.JPG

小2で、4位・7位・10位
小3で、2位
小4Bで、4位・6位・8位
小5Bで、7位、小5Aで10位
中1で2位、
中2で5位・6位、

10位内に入った子たちだけ書きましたが、
どんなもんでしょう?
首都圏でバリバリ中学校受験勉強している子たちもいる中でしたら、
金沢市内にあるわけでもない田舎で、
しかも塾生がわんさかいるわけでもない細々とした塾で、
健闘していると言えるかもしれません。

が、もうちょい行けるんじゃない?(笑)
という想いは拭えないんです。

1月保護者会で、塾生が平均で偏差値5以上上がっていても、
保護者からも「もっと伸ばせるんじゃない?」という声も多かったですしね。
それは私も同意見です。

新年度、教材を一部思い切って変えました。
これがどう作用することやら、また楽しみです。

あ、お知らせです。
新年度の時間割と料金表を配布しております。
生徒から受け取ってご確認ください。

保護者会欠席された方の曜日調査アンケートを待っていたら、
遅くなってしまいました。
来年から遅い人は無視して時間割組みます。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

改革の旗手たち

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
3月から新年度授業となります。
新年度生と春期講習から授業したい生徒を募集しています。


今晩は、本日も粛々。

日曜は東京に、講演会を聞きに行ってきました。

IMG_2062.JPG

現在文科省の教育改革のプロジェクトに深く関わっている3人が、
直接改革の概要を話してくれました。

個人的に注目していたのが、英語です。
小学校3年生から英語が必修となり、
高学年から週3回、
しかも結構な内容をやります。
小中高と英語をずらりと並べることができたので、
英単語数も大きく増えます。

それに対して、
「母国語の日本語を鍛えるのが先だ」とか、
「全ての人が英語を使って仕事をするわけではない」とか、
もっともな反論が聞こえてきますが、
文科省や国が立っている前提は、これらを木端微塵に打ち砕くような、
強烈な危機意識でした。

昨今は、幕末によく似た時代の空気だと言われています。
確かに、
海外の情報が入ってくる国や地方公共団体の方が先んじていて、
民間の方が前時代的な考え方のまんま、ぶーぶーと文句だけ言っている。
その中で先見の明がある民間は、
国の政策決定の意向に食い込んでいき、
または、国の方向性を敏感に感じ取り、粛々と準備している。
時代が分からなかった幕末の志士たちは、
自分が信じたいものだけ信じ、ただのテロリスト集団になっていきました。

時代の変化によって、当たるスポットライトはズレていきます。
寺子屋のような小さな塾は、
時代の流れと、
今まで信じてきたことをちょいブレンドして、
理想を追究していくのみです。


                             ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする