2017年07月08日

乗り越え方


今日は、本日も粛々。


実は最近、塾を辞めたいと思っている塾長さんの話をよく聞きます。
生徒が集まっていない?
いえいえ、ほとんどが人気があるところばかりです。
全員理由はシンプル。

イマドキの生徒が教えていて面白くない

これが何年か塾をやっていると必ずぶつかる「壁」みたいなものなのか、
(今度年配の先生に聞いてみよう^^)
それとも、現代特有のものなのか、
はたまた、生徒の問題ではなく実はその人の問題なのか、
わかりません。

私もそういう時期、ありました。
そういう時に、低学年指導や高学年・中学生に知的好奇心にスポットを当てた指導、
などなどに活路を見出しました。

すべての塾長・塾関係者にとって、
ここが唯一無二の解決方法というつもりはありません。
私がたまたま、
そこに希望を持っているというだけの話です。
全く別のところに活路を見出した方も何人かおいでです。
どこに希望を見出すかは、
その先生のルーツ、勉強に対する考え方、自分がどうありたいか、
そういうことが全部絡んできますから、
答えはひとつではありません。

実に、2020年教育改革のような悩みです(笑)。

自分の頭だけで考えていても、自分は発見できませんね。
一人で閉じこもるみたいな薄っぺらい孤独ではなく、
他者にもまれながら否が応でもひとりになってしまう、
そういう孤独の中でしか、活路は拓けないです。
これは私の経験上の話。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 13:00| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

塾として嬉しいこと


今晩は、本日も粛々。


よく勉強の相談を受けた時に思うのですが、
「ウチの子、勉強のやり方が分かっていないと思うのです」とか、
「時間をかけているわりに、成績が悪いのです」という話を聞きます。
私はちょっと怖いなと思って、つい身構えてしまいます。

このメッセージ、使い方を間違えると、
「やり方が悪かったら、やっても無駄」
「時間をかけたらかけた分だけ、成果として現れるのが当然」
という、メタメッセージ(要は裏の意味ですね)になってしまいます。

勉強は質量ともなっているのが理想的ですが、
敢えてどちらかを選べと言われれば、私は迷わず、


★勉強量


を選びます。
勉強のしかたがわからない、
効率のいい勉強のしかたを教えてくださいと言われれば、

それがわかるまで勉強量をこなす

というのが、本来は最短の道なんです。
方法を言うくらいのことはできますよ。
それはタイミングを間違うと、依存心だけを育てるかもしれないという、
危険な賭けに出るので、私も相当考えながら話します。

そんなことより、一番違和感を感じるのは、
点数は多少伸びたのに、思ったほどではなかったと、
うまくいかないときに、あれこれ悩んでいる姿。
これって一生懸命になっているという、何よりの証左だと思うのです。
なぜそれを「喜ばしいこと」と思えない保護者、
これが親心なのでしょうね。

私は
「点数が伸びたのに、それが不満な様子」は、
塾の先生としてみていて、一番嬉しい姿です。

いい点数を取ってガッツポーズしている姿は、
そんなに好きではありません。
次につながらないことが多いからです。

期末も450点以上がばしばし出ていますが、
良かった^^とのたまわっている生徒は、まだいません。
悔しそうな顔をしている子はたくさんいます。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

残席状況


1706チラシ.JPG

最近入っているチラシです。
金沢情報にも載っています。


今晩は、本日も粛々。

残席状況です。
中3、あと2席です。
金沢情報をご覧になって問い合わせてくださった方は9日まで、
寺子屋生保護者からのご紹介に限り、夏期講習前までです。

中1、満席でしたが、夏期講習募集から4席増席です。
学年トップ10を目指したり、
学年トップ5以内は当たり前、もっと勉強を楽しくなりたい子、
お待ちしています。

小6、増席しました。
受験する・しないは問いません。
寺子屋の基本スタンスは、
小学生の内容を使って中学生内容を掘り下げるということです。
小学校で塾なんて、、、と感じる保護者の方は、
寺子屋はお役に立てないと思います。

小5、増席しましたが残り1席になりました。

小4、残り2席です。

低学年、曜日や時間帯限定ですが、若干名なら可能です。

小学校の内容で最近きになるプログラムがあり、
明日は大阪に行って見てきます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ゼロと1は天と地ほどの差がある

1706チラシ.JPG

最近入っているチラシです。
おかげさまでたくさんお問い合わせいただきまして、
ありがとうございます。


そういえば、初めて金沢情報に出してみました。

kj0628表紙.jpg

中3は6月で募集停止、
ご紹介に限り夏期講習前まで行いますが、
金沢情報は、急に掲載が決まったので、
中3に限り、7月9日日曜お問い合わせ分までとします。
今までお問い合わせがあった方は、夏期講習前まで受け付けております。


今晩は、本日も粛々。

先週、知のスレッジハンマー第4弾で、
ボストン大学に合格した生徒に、入学前に日本に寄ってもらって、
少し話してもらいました。

東大が推薦入試や女子学生・地方の公立出身者を増やして、
多様性の中での学びを作りたい、と言っていますが、
人種のサラダボウルと言われる国の多様性は、
そんなのの比ではないみたいです。

留学経験のある方は、
「県外に出るのも国外に出るのも、勇気があるのは一緒」なんて言いますが、
そう言い放てる時代になったというのは、
羨ましいといいますか、
高校生や大学生の時にそこまで発想が至らなかった自分に、
バカと言いたいです(笑)。

海外の大学に行かなくては学べないということはありません。
ただ、
いろんな世界があるってことをまず知って欲しいと思います。

中1生たちが、いくつかこの講演者に質問を書いて行きました。
内容は「そんなん聞いてどうするの?」(笑)という質問ばかりでしたが、
何かを聞いて、吸収してみようと思った姿勢が、
まず大事です。
頑張って結果を出した人に対し、
あの人と私は別世界に住んでいるからと、
勝手に距離を作って何も問わない、何も話せない、
そんな「沈黙する羊たち」みたいな生徒に育つことが、
私は一番落ち込みます。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

思考力の天敵

1706チラシ.JPG

月曜に入ったチラシです。
早速お問い合わせをたくさんいただいて、嬉しいです。


今晩は、本日も粛々。

都市部で中学校受験を教えている方がよく、
九九があかんとか、
大量演習形式だけじゃダメ(たくさん問題を解くのがダメではない)とか、
言っている理由が最近になって、
少しずつ分かるようになってきました。

小学校算数の天敵は、九九・筆算・方程式。
楽なやり方を先に覚えてしまうと、
応用が利かないカチコチの方法しか使えなくなってしまうんですよね。
安易な先取り学習(これも先取りが悪いわけではない)も同様、
楽を覚えてしまうと工夫しなくなるのが人間の脳みそです。

大量演習は寺子屋もやっていますが、
低学年や高学年・中学生で使い方を変えています。
頭を使って工夫したり、じっくり考えることを抑圧しない程度にやる必要があります。

低学年を教えていると、
高学年や中学生・高校生に必要なものがどういうものかということも、
深く深く理解できるようになってきました。
こういう傾向を踏まえないと、
「思考力系の問題は、難しいから捨てなさい」と指導するしかなくなるわけですね。
怖い事です。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする