2017年10月02日

就職祝い


今晩は、本日も粛々。

寺子屋1期生が就職決まったと報告に来てくれたので、
一献交わしながら、色々と話を聞いていました。

偏差値50前半から二水合格。
根性の塊みたいな子でした。
勉強センスというか、
地頭みたいな部分は今ひとつだったのですが、
持ち前の吸収力で、
賢い子たちの行動をぱたぱたと真似していきました。

転機は高校1年の文理選択の時、
数学が苦手だから文系と安易に選びそうだったのですが、
調べているうちにやりたいことを見つけて、
一念発起、理系に行きました。
この時、私はこの子についてはもう大丈夫と、
安心して見送る覚悟ができました。

大学受験は第一志望じゃなかったものの、
やりたいことが見つかった人には、そんなことは大した問題じゃありません。
就職も試験も、
ちゃんと期待以上に突破していきました。

この子を見ていると、心から実感します。
泉丘までは、頭に良さは必要ありません。
習ったことをやり切るという、
意志を行動に変える力だけです。

やりたいことが見つかっても、
勉強量をきっちりこなせる勉強体力みたいなものが無いと、
やりたいこと具体化することが出来ない。

将来なりたいものがあれば、この子も頑張るのに、、、
そんな馬鹿な。
やりたいことが見つかって頑張るのは当たり前、
やりたいことが見つかる前でも自分のスペックを上げた人が、
やりたいことを実現するときの大きな力になるから、
古今東西、勉強を軽視した文明は、一部の独裁国家を除いて存在しないんです。

子どもがその高校に行きたいなら、子ども自身が頑張るはず、、、
違います。
大人はやりたいことを具体化する方法を知っているからそう思うだけです。
取り組もうと思ったことをやり切ってもらうには、
周囲の覚悟が必要です。
やり切るまで取り組まないのは、周囲の覚悟が足りないからです。
(自戒も込めて)

ただ、これだけだと「合格のためだけ」の勉強になってしまいます。
しっかり勉強体力に見合う器に広げる部分は、
寺子屋みたいなところがしっかり本人も気付かないうちに、
耕していきます。

この子も、寺子屋の壮大な仕込みに気付いたのは、
かなり後になってからみたいです。
まぁ、私からすると、気付いただけでも充分賢いです^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

愛はまばらに、まんべんなく


今晩は、本日も粛々。

ちょっと前の話ですが、
松任に勤務していた頃によく行っていたむささび亭という、
安くて美味しいところがあるんですが、
久しぶりにぶらっと寄ってみました。

今はレストランみやびという名前ですが、
名物店長は健在です。

IMG_2329.JPG

当時から好きだった、
鶏のカツレツ、ジャパニーズスタイル

IMG_2330.JPG

キャベツと大根おろしわっさり、
天つゆにとろみを加えてあんかけにして、
ご飯の上にたっぷりかけて、スプーンで召し上がります。

私が松任校を離れるとき、
店長の青木さんが色紙に書いてくださった言葉がタイトルの言葉です。


愛はまばらに、まんべんなく


別に浮気せぇって意味ちゃうぞ!
と、青木さんは注釈しておりましたが(笑)。

料理人として、昨日より美味いものを作らないとおもんない。
客は毎日来てるわけちゃうから、昨日と今日の差なんてわからんけど、
自分だけは分かんねん。
自分で壁を作って、それを壊してやろうというのは、楽しい。
大人の遊びは、本気やねん。
だから努力ちゃうねん。
俺は努力なんてしたことない。楽しいからやってることは努力とは言わん。
遊びやから本気やし、
飽きたらすぐ別の事するで。

実際、
10年以上前に食べたジャパニーズスタイルは、
前は仔牛のカツレツ、今回は鳥のカツレツ。
天つゆも前はそのままの液体、今回はとろみをつけた餡かけに、
下のご飯も昔は無く、
以前の味と土台は変わっていないのですが、明らかに美味しくなっていました。

ひとつのことを極めると、
地下水脈のようにいろんなところとつながってくる真理を得ます。
青木さんがおっしゃった料理人としてのこだわりなんて、
優秀な受験生の言っている内容と当に同じ言葉です。

本気対本気。
やっぱりこうでなきゃね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

状況と情報は大事


今晩は、本日も粛々。

IMG_2326.JPG

ちょこっとだけ追加書籍です。
まぁ、連載物ですね。

さて、
紗栄子 2人の息子に「一歳おわりから英語教育」に林先生が異論
というニュースが載っていましたが、
こういうのをみると、日本ってやっぱり島国なんだなぁと思います。

>子供に早期英語教育やらしてる東大出身の親に会ったことがない
ふたつの意味で間違っています。
早期英語教育を子どもにやらせている親は、東大なんて眼中にありません。
せいぜいが滑り止めです。
もうひとつ、滑り止めということで、早期英語教育をやっていた東大生、
例えば帰国子女みたいな感じでは結構います。
ですから、予備校に通って東大に行くような林先生に身近な日本人には、
そういう方はおいでないというだけの話を、一般化しちゃいけません。

ですが、一方でバイリンガル・マルチリンガルの親が、
子どもに早期英語教育をしても無駄だというケースがあります。
それは、

★英語が身近な環境を与えてあげられない場合

です。早期に教育をしても、どうせ忘れてしまいます。
紗栄子さんの息子さんは、
英語教育をし始めたときはアメリカにいたわけですから、
全く問題ないわけです。

ご自身が身近な場面しか想定できないのも、
「紗栄子が叩かれているのをみてすっきりしたい視聴者」を想定したテレビ局も、
島国根性が際立っていて嫌だなぁと思います。

バイリンガル、マルチリンガルの親で、
子どもを英語が身近な環境におけるケースの場合に早期英語教育をやるのは、
発音や語感みたいな部分で、どうしてもネイティブに敵わない!となるからだそうです。

ですが、
>本人のスペックを高くしたら、英語なんてすぐできる
>英語ができれば全てができると勘違いしている
というのは賛成です。
林先生のように「スペックの上げ方」を分かっている人が言うと、
きちんと説得力を持ちますね^^


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

教育改革勉強会


今日は、本日も粛々。

IMG_2325.JPG

勉強会に来ています。
独自に研究をしているので、新しい発見はありませんが、
切り口の面白さや、着眼点の正確さ、具体的な方策のヒントを得ることができます。

教育改革と言われていますが、
入試問題が激変するのは、実はもう始まっています、、、と、
再三言っています。

で、どう変わるのか?というのは、論理的思考の重視です。
まぁそれもわかりきっています。
論理的思考というのが何が厄介かと言いますと、
大人には当たり前すぎて、どうしていいかわからない、、、ということです。

実際に指導者に聞いてみてください。
「論理的思考」って一言で言うと何ですか?
論理って何ですか?
まぁ、私が推測する感じですと、答えられる塾の先生は片手でしょうね。
じゃあ分かっていないかというと、そうではなくて、
当たり前すぎてうまく言語化できないんでしょうね。
あ、これらを質問する方も明確に言語化できないと、答え判断できないですよ(笑)。

分かっているだけでなく、ちゃんと言語化できる塾の先生として、
いろんな試みを手を変え品を変え、やってみているのですが、
寺子屋生がだいたいこの時期に言い始めることを、
今年の受験生も言い始めました。


記述問題がずっと三角だったのに、丸が付くようになってきた。

記述問題って簡単だと言っている意味がわかってきた。

グラフ表が出てくる問題って、簡単だね。

そういうことを言い始めると、受験の後半には偏差値70以上がみえてきます。


こう書くとお手軽に聞こえますが、
中1からじっくりと数年計画で、場合によっては小学生から仕込んで仕込んで、
受験という、初めて真剣に勉強と強制的に向き合うタイミングで花開いた
という事象です。

3ヶ月くらいでやることもできるんですが、
ずっとその生徒に付きっきりになる必要がありますので、
そんなに私は暇ではありません(笑)。
ですから、寺子屋は夏期講習で原則、募集を終了しています。

で、高校入試を考えると、ここまでなのですが、
もうひと仕込みしないと、進学校に進んだときに沈没してしまいます。
そこが難しいのですがね、
何年もかけて寺子屋で頑張ってくれた生徒には、
10年先まで先を見据えて教えたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:41| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

台風を追いかけて帰宅中(笑)


おはようございます、本日も粛々。

昨日金沢に到着予定でしたが、
台風18号の影響でサンダーバードが運休で、もう一泊。
早朝に新幹線に乗っています。

九州で美味しいと、昔から評判のお店に行ってきたのですが、
ネット上のレビューでは、
サービスが最低との書き込みが少数ですがありました。

確かに愛想満面というわけではありませんでしたが(笑)、
築年数が経った建物は、そう思えないくらいに掃除が行き届き、
調度品も、例えば何十年も囲炉裏で燻された竹を用いた一輪挿しなど、
これまた手入れが隅々までしてあり、長年使い込んだ物。
お庭も、こんなに美しくなるには何十年かかるのだろうというくらいの美しい苔庭で、
漆塗の器も、漆が剥げるくらい使い込んであります。

こういうのもサービスなのですが、
サービスを受ける側が未熟だと、もてなされていることにすら気付かない、
客商売の宿命といえば宿命なのですが、
職人を殺すには刃物は要らぬ、無知な客がいればよい、、、
というのを骨身に沁みて分かっているので、
加えて、小さな正義を振りかざして、
相手を蔑ろにして平気な小者が世の中にはおいでなので、
切なくなりました。

さて、飲食店が名店かどうかは、
お掃除の具合をみるのがよいとはよく聞きますが、
個人的にはもうひとつあります。
帰りにちょっとやってみました。

お会計のあと、おばちゃんに
「とても美味しかったです、ご馳走さまでした」と、
きちんと目を見て、心から伝えます。
そのとき、愛想がいいとはいえなかったおばちゃんの顔が、
パッととてもいい笑顔になりました。
これですよ、これ。

おだてられても、心は動かず、
貶されても、真摯に聞くべきところだけしっかり受け止める、
ただ気持ちが伝わったのを実感できさえすれば、
それが何よりの幸せ。

頑張っていいものを作ろうとしている人たちだけの聖域なのに、
誰にでも門戸が開かれている、
この不思議な一瞬。
いくらか未来が好きになっちゃいますね。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする