2019年06月19日

クラビズム7月号


今晩は、本日も粛々。

5449E52B-3BF2-4A81-B050-C0F06AD5F44A.jpeg

発売となりましたクラビズム7月号に、
寺子屋登場です。

塾特集らしからぬ記事かもですが、
今年の東大現役合格も少し自慢しつつ、
妻とご門徒さんで始めるアトリエ本楽寺、
そして妻が担当する幼児教育のお知らせでした。

妻は特別支援学校の美術の先生をしていたのですが、
子どもがとても好きなので、
京都で幼児教育歴30年の諌山先生に研修してもらいました。
ぼーっとして見えますが(笑)、
東京藝大大学院を一発で通っただけの才覚の持ち主、
担当している幼児に、
その審美眼的なものが伝わるといいなぁとも思っています。

塾としては、
芸術コースはやりたい人だけですが、
作品が随所においてあるので、
ちょっと心がほっとしてくれるといいなぁと思っています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:58| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

受験学年


今晩は、本日も粛々。

保護者会の出欠確認メールを送りました。
中3保護者の方で、
中2以下にも在籍生がいるご家庭は、
中3だけの出席で構いません。

追記でした。


さて、
これからチラシが出て、
夏に向けての募集なのですが、
中3が満席になりそうです。

満席になっても、
現中3寺子屋生はご存じのとおり、
ある特定条件を満たせば(笑)、
ひょっとしたらもう少し募集するかもしれません。

今お問い合わせいただいている方が、
そのまま入塾とならないかもしれませんので、
念のための話ですがね。

それには
少しは現中3、ボルテージを上げていってくださいね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

惇さんと陳さんと菅さん


今晩は、本日も粛々。


北陸学院の塾向け説明会でした。
石川県内高校改革の先駆け的な学校だけあって、
説明会では情報盛りだくさんで
私も行くのが毎回楽しみな説明会のひとつです。

私大の入試定員厳格化により、
3年前から私立大入試で異変が多数起きています。
そこから、
多様な入試に備えておきましょうという話だったのですが、
まぁ話についていける人が少なくて、
プレゼンテーターがかわいそうでした。

まぁ、石川県はまだましな方で、
太平洋ベルトと石川県以外でしたら、
ローカル情報しか知らない・興味がないという先生がほとんど。

私大定員厳格化は心配な点もたくさんありますが、
おかげで、
ここ15年くらいの、
そんなに勉強していなくても有名私大に入れるという、
バカバカしい状態に乱暴ながらにもケリをつけたという、
いい側面もありますので、

現役志向が強いくせに、
大して勉強もせずにのほほんとしていたり、
とにかく国公立大みたいな情けない風潮だったりに、
少しは波紋をもたらしてくれると、
私は歓迎しています。

さて、
そういうあたりを保護者会で少しお話ししたいと思っています。

もっと詳しい数字的な話は、
実は秋に特別講師をお招きする予定でございます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

【お知らせ】6月保護者会


今晩は、本日も粛々。


スケジュール表にあります通り、
6月22日土曜、23日日曜日に保護者会を実施します。
一両日中に出欠連絡をしますので、
宜しくお願いします。

内容としては、
非受験学年に関しては、
受験制度の変更点がかなり具体化されたのでその内容、
伸びた生徒の特徴的な点、
についてお話ししようと思います。

受験生に関しては、
可能な限り生徒保護者両方の参加で、
受験生としての心構えをお話ししていきます。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

現高2の入試から、英語激変。


今晩は、本日も粛々。


大学共通テスト英語、リスニングの比重20→50%へ

現高2生から開始される入試が、
こういう仕組みになるそうです。
朝日デジタルが言及していないところでは、
発音アクセントや語順整序問題が無くなるそうです。

23年度まで二技能、読む聞くだけでいかざるをえない
という話は前々からあったので、
こうなることはわかりきっていましたね。

小学校英語と、中学・高校英語の導入は、
全てフォニックスで、
発音とスペルの関係をやっているので、
何十回と書いてスペルを覚えるみたいな、
前時代的な勉強はしなくて済みます。

もちろん内容も、
リーディングと同じように、
背景知識が無いとわからない内容の出題が、
リスニングでもあると思います。
まぁ、国語と同じようにやっていけば、
問題ありません。
にも関わらず、
とにかくたくさん読解問題を解かせる、
なんてことをやっていると、
国語でも英語でも、
力は付かないでしょうね。

これは別に、教育改革に乗っかって
寺子屋の仕組みを変更したわけじゃ無いんです。
点取り屋だと伸びなくなってしまうので、
勉強本来の形を模索して、
対応してきたことが、
たまたま教育改革と一致したというだけの話です。

もちろんこの内容を受けて、
早ければ今年から、
高校入試も少し変えてくるでしょうね。
石川県は特に敏感ですから。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:23| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする