2017年04月17日

標準的なレベル


今晩は、本日も粛々。


大阪で名門公立受験道場の会合に行ってきました。
指導形態も地域も考え方もバラバラな塾長さんたちでも、
本物でありたいという方向性が見事に一致していて、毎回とても居心地が良いです。

異業種の方も何名かおいでて、意見をうかがっていると、
塾は、異業種から見て普通のレベルに達している人が全体の3割程度しかおらず、
他人事ながら危機感を抱くことがあるくらいだそうです。

自分がそうならないように、いつも気を付けていることですが、
確かに、底辺のレベルの方は、
同業者だけでなく、異業種の人とも接点が少ない。
点数を上げることには熱心だが、ビジネスが下手くそ。
で、ビジネスが上手=汚い手段を使うと思い込んでいる。
という特徴があります。

そういう話を聞くたびに、
程度の低い人がいるもんだと、優越感に浸っているわけではありません。
そういうのが市場から淘汰されないということは、
私たちがもっとしっかりしていないせいなんだろうなぁと、
毎度とても反省します。

こういう想いも、
全国の塾長さんたちでも共有できるのが、
とても有り難いです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:18| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

大学入試に思う事


今晩は、本日も粛々。


寺子屋は中学校で在籍した子のみ、高校生の大学受験を指導しています。
例外(高校生になってから在籍)はごく数人いましたが、
今まで高校からの入塾は、20人以上?30人以上?断ってきました。

授業は少しだけ行っていますが、それも単に授業が無いと通っている気がしないという、
次元の低い要望に応えただけの話。
高1から基本週3回、
高3になったら基本毎日など、数少ないルールしか存在しません。
ですので、
最近泉丘や七尾高校あたりが躍起になって、
塾・予備校に行くなと脅しに近い形でやっていますが、
何ら抵触することはありません。


高校生は、勉強する場所さえあればいい。


数少ないルールをきっちり守れた生徒は、
ほぼ全員国公立大に合格しています。
別に国公立大がいいとは限りませんが、結果としてそうなっています。
(実際国公立を蹴って私大に行った生徒もいます)

コツはいくつかあるルールは、学力に深く関連するものなので、
それを守ってくれること。
あともうひとつは、大学入試にとらわれ過ぎないようにすること。

それだけです。

高校入試は大学入試の基礎固め以上に意味は無いですし、
大学入試もきちんと基本に則れば、それだけを目標にするほどの価値はありません。
ただ、
これらの受験勉強の周辺には、
たくさんに価値ある事象が転がっています。
これをきっちり伝えたいのです。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:03| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

4月8日


今晩は、本日も粛々。


春期講習前はともかく、
春期講習入ってから夏期講習までの時期は、
業界的に言いますと、
お問い合わせが少ない時期です。
それにもかかわらず、たくさんお問い合わせいただき、ありがとうございます。


さて、
本日4月8日は御釈迦様の誕生日、メリシャカでございます。
今の生徒たちが小さかった頃、
無名だったハロウィンがこんなに市民権を得たのですから、
メリシャカにもチャンスがあるのではないかと密かに考えているのですが、
何せ鍵アイテムが


甘茶


という地味さですので、なかなか厳しいものがあります。

あ、寺子屋で花祭りをやっているわけではありませんよ(笑)。
知識として、今日は何の日?と聞いていますが。

そういえば、教育勅語を暗唱させている幼稚園が、
いろいろと問題になっているのでした。
教育勅語って、思想的にどうこうより、
あれって国家神道の産物です。
特定の宗教を道徳の核に据えるのは、私は好みません。
幼稚園みたいに、私立がやるのは勝手ですが、公人はそれを擁護しちゃまずい。

君が代の問題の時も思いましたが、
政治的な見解や思想的な立場ばかりが問題になって、
これらが、
江戸時代までのたくさんある考え方のごく一部の、どちらかというと過激思想が、
伊藤博文たちにピックアップされてできた日本人の伝統とは少し離れたものであり、
それを国歌としたり、
政治家が「個人的にはいい内容だと思う」と公の場で発言したり、
そういう気持ち悪さは、あまり問題にならない。
んー、なぜだ。

公立学校では正信偈を必修としましょう
というアイディアがあったとしても、
私は反対するでしょうね。
特定のひとつだけを、公で取り上げるのは気持ち悪いからです。

あ、久しぶりにブログを書いたら真面目な話をしてしまいました。
とにかく、
メリシャカを忘れないでください(笑)


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

残席状況4月以降


今晩は、本日も粛々。


おかげさまでたくさんのお問い合わせをいただきまして、
満席の学年が多くなってきました。

新中3生
毎年のことですが、6月で募集〆切。
夏期講習前まで塾生や保護者の紹介に限り受け付けます。

新中1生
夏期講習からの募集まで満席です。
とりあえず中学生になったから塾でも・・・という方は寺子屋は合わないと思います。

新小6生
春期講習の募集で満席となりましたが、
中学生の下ごしらえとして小学生のうちに面倒見れた方が我々も助かるので、
少しずつ増席します。

新小5生
春期講習の募集で満席となりました。
これから様子を見て増席します。

低学年
ほぼ満席となっております。
曜日や時間帯が限定されますが、それでもよろしければ若干名でしたら、
ご案内できます。


                                  ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

受験の手ごたえ


今晩は、本日も粛々。


春期講習でてんてこ舞いです。
下剋上受験がドラマ化され、それの最終回が終わったそうですね。
私はテレビを持っていないのでよくわかりませんが。

その子にとって受験がいいものであったか、悪いものであったか。
この物語の子どもにとって、最高の受験であったと以前書きました。→こちら
その証拠となる決定的な一言を、受験した娘は述べます。
ドラマではどう表現されていたか分かりませんが、
本では、受験前日にこう娘が言います。


「結構楽しかったね」


この一言が、決定的な一言です。
合格したから良かったとか、そんなのはまぁ普通です。
合格という功利性だけでなく、
その子が受験をどう乗り越えたかのか。
この一言が出てくれた場合が多いと、
私が塾を運営していて、成功した学年だと考えています。

難しいですがね。

受験が成功したと手ごたえを感じる一言は、
もうひとつありますが、
それはまたいつかの機会に。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする