2018年09月23日

寺子屋低学年の師、諫山先生講演2回目


こんにちは、本日も粛々。


今日も京都で勉強会。

C9C0FA22-4508-4F18-9107-7524E0AA37A8.jpeg

寺子屋に通う低学年の子は、まず文章題が得意になります。
ですが、
小学校低学年や高学年で、
徹底的に考えない習慣が身についてしまった子は、
年々増えている印象です。


分からない、習っていないと文章を読もうとしない。

文章内容を無視して、数字合わせで答えを出そうとする。

何算で計算すればいいの?という質問をする。

書かずに頭だけで考えて、難しい・分からないと言う。


これらは、もう重症というレベルなのですが、
小学校で行われるテストでは、点数では見えてきません。
お問い合わせくださった保護者の方が、
上記のような様子を見て、
ウチの子が心配で、、、と相談を持ってきてくれると、
身近な大人の観察力で、
子どもの知性って育つんだなぁと、
つくづく感心します。

これらの重症が放置されて、
中学生・高校生になってしまった生徒を、
わんさかみてきました。

そんな歳になっても、
課題はやはり、前に戻らないと解決できません。
ただ先に内容を網羅的に理解している分、
低学年より早くマスターできます。

さて、6月に大好評を博しました、
諫山先生の公開授業の日時が決定しました。
10月21日日曜14時から17時です。
詳細は後日お伝え致します。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 15:58| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

良心の声


今晩は、本日も粛々。


先日、
自己肯定感は、小さないいことの積み重ねで得られる、
という話をしたら、
妻が妙に食いついてきて、

自分の中の良心に従って行動するのを積み重ねないと、
自分に自信なんて持てないよね、と。

妻も私も、
若い頃、根拠のない自信だけはあって、
そこから自信をぶっ壊される経験をたくさんして、
再度自信を積み直した(もしくは最中)ので、
そう思ったのでしょう。

欲望ではなく、良心です。

入試直前になると、
日頃の良心に従って行動しない生徒は、
入試当日に緊張し過ぎてしまったり、
すぐ志望校を下げてしまったり、
成績が上がっても志望校は安全重視のままだったり、
傾向にあります。

例えば、
誰もわからない問題に、敢えて手を挙げてみるとか、
いつもギリギリにやっていた宿題を、少し早めにおわらせてみるとか、
やるべき課題を少し多くやるとか、
そういうことの繰り返しだけでも、
かなり違ってくるはずです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当たり前のレベルを上げる


今晩は、本日も粛々。


突破模試の小5小6保護者会を拝見してきました。
いよいよ本格実施される、教育改革の初年度にあたるのが、現小6。

教育改革の内容も、
きちんと把握されていて、
頼もしい感じでした。

改革があっても、
勉強の本質は変わらないんです。
入試を変えないと、
知識技能や論理的思考力ばかりにスポットライトが当たって、
本質を歪めてしまう。
ただ、それだけの話です。

今回の改革は、ちょっと大きめなので、
寺子屋は四年ほど前から、保護者会でアナウンスしてきました。

第一世代が現高1、
本格実施が現小6。

いくら思考力表現力判断力と言ってみても、
基本的な知識技能がないと何もできません。

つまり、
当たり前のレベルを上げていくことが必要です。
今まで、
公立の小学校は生徒を遊ばせ過ぎていましたから、
ちょうどいいかもしれません。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 04:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

凡事


今日は、本日も粛々。


夏期講習が終わってからも、ゆるゆるっとお問い合わせがあって、
10月7日日曜に行う(時間はまだ未定ですので、近日中に発表しますね)、
知のスレッジハンマーの準備など、
冬期講習や来年度の思案などで、
過ごしています。

さて、
夏期講習中に妻が珍しく、
一房、箱に入ったぶどうを買ってきたことがありまして、
何か記念日だっけ?と思っていたら、
スーパーに陳列してあった品物を、
買い物バッグに引っ掛けて落としてしまい、
弁償してきたんだそうです。

ドジだねー、なんて言いながら、
半分は私たちで食べ、
もう半分は両親に託したのですが、
後日、スーパーの関係者にお話を聞くと、

落とした商品を、申告してくれる人なんて、滅多にいない。
大半は見つからないように戻して、
場合によっては、
何食わぬ顔して、別の綺麗なのを買って行く人ばかりだ。

と、妻をほめられてしまい、
さすがに複雑な気持ちになりました。

一事が万事、
些細なマナーで、相手を過度に罵るような、
正義の味方ごっこをするつもりはありません。
他人を蔑んでも、自分が正しい証明にならないですしね。

ただ、
些細なことで、
意外と世の中って、変わると思うんです。
善きことに関しては、
日常的に評価されなかったり、
自分の状況が悪い時には見えなかったりするものです。

自己肯定感なんて、
小さないいことの積み重ねで得られると思うんです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

変わることを恐れない


今晩は、本日も粛々。


金沢高校の説明会に行ってきました。

以前は、
これ以上進学実績は出せません、
成績がいい生徒が集まらないのは少子化のせいです、

と言っていて、
サラリーマン時代に部下たちが怒りだしてしまい、
私が怒りそびれる(笑)、
ということもあったのですが、

ここ数年、
真摯に生徒の成績アップに取り組み、
とても熱心な高校になりました。

私も組織の改革に着手した経験があるのでわかります。
一言変えるといっても、
組織の中にいる人の意識を変えなくてはいけないので、
並大抵の努力ではできません。

周りが悪いと言っていれば楽なんですけどね、
頑張っているところは、失敗も多いでしょうから、
アラを見つけるのは誰も苦労しないと思います。
失敗や突っ込まれ所を作りたくなければ、
何もしないのが一番ですよ。

まぁ、私はそんなの、
まっぴら御免ですが。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする