2018年06月12日

なんだかんだですごい。

445.jpg

発売中のクラビズムに、もきゅっと寺子屋登場です。
6月20日発売の次号にも登場します。


今晩は、本日も粛々。

知のスレッジハンマー、
なんと参加者が40名近くになりました。
メールが届いていない保護者の方がおりましたら、
お問い合わせください。
事前質問は間に合わないかもですが、
席はご用意いたします。

今日の授業では、
米朝首脳会談がいかに歴史的か、という話も少し触れましたが、
学年が上のほうなので、
もうひとつ大きな話題になっていることにも触れました。


https://www.youtube.com/watch?v=VYOjWnS4cMY
Childish Gambino - This Is America (Official Video)


まずね、
スターウォーズに出るような役者(ドナルド・グローヴァ)が、
グラミー賞受賞ミュージシャン(チャイルディッシュ・ガンビーノ)というのも
すごいですが、

政治的なメッセージを含んだ曲が、
ヒットチャート1位になるというのもすごい。

アメリカ自体はとても病理が大きい国ですし、
複雑な感情を、個人的にも持ってしまう国なのですが、
こういうところは、
どうにもこうにもすごいなと思います。

歌詞もPVもそうなのですが、
観る人によっていろいろな解釈が成り立つような作り方も、
最近の「わかりやすさ重視」「わかりやすいストーリー」ばかりのエンターテイメントにあって、
挑発的ですし、

PVを作ったヒロ・ムライ(翼をくださいの作曲家、村井邦彦の息子)の映像も
彼らしくてとてもよい。

もうね、
この「なんだかなぁ」感。
悔しいくらいすっきりするんだけど、
音楽が止まるともやもやする。

まったくもー。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:58| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

点と点を結ぶ

445.jpg

発売中のクラビズムに、
お鍋の中からぽわっと、寺子屋おじさんが登場しています。


こんにちは、本日も粛々。

80508409-275D-48B0-B199-ABF04F89F56A.jpeg

夜の東京ドームです。
結局、朝5時くらいまで語り合っていました。
石川県内の塾長さんと語らうと、教育論や塾の話が中心になるのですが、
全国の人と語らうと、もっと未来形の話になりますし、世の中の話になります。
どっちも楽しいですが、
そろそろ年なので、腰や膝が悪くなってきているのかもしれません(笑)。

さて、
勉強で出会った文章を読書につなげるときに、
その本を読んだだけで満足する残念な人と、
そこから次の本につなげて習慣にしていく人との差は何か?
という話です。

次々と読書に繋がった生徒は、
ゼロから1個点を作り、今まであった点とを結んで線を作ったイメージです。
次の読書に繋がらなかった生徒は、
1個点を作っただけで終わったというイメージです。
線まで作られないと、周りの人にとっては変化とは認識されませんが、
変化するかもしれない一点は、きちんと置かれたんです。

ですから、読書習慣になった子と残念な子の違いは、
周りに分かるようにまでなったか、なっていないか、
という差でしかありません。

読書習慣にまでなった子も、
1年半以上壮大な点作りをしてきました。
(もちろん寺子屋だけが点を作っているのではありません)
実際に出来上がった線は、私の想像を超えるものでしたが(笑)。

点と点が繋がって、周囲の人が分かる状態になるまで、
周囲が我慢しきれなくなるのは、よくあることです。
私ももう一方を「残念な」と形容したように。

点が必ず全て、線にならなくてはいけないわけではないのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

どこで好きになるかわからない

445.jpg

発売中のクラビズムで、ぽわっと登場していますが、
来月にもすみません、寺子屋参上です。


こんにちは、本日も粛々。

水道橋に来ています。
前回水道橋に来たときは、
今は亡きSマップの東京ドームコンサートと同じ時間で、
やたらと黄色い、、、
いえ、黄土色みたいな声が、駅やドーム近辺に溢れていました(笑)。
今回は台風です。
塾長さんたちのセミナーと懇親会です。

さて、高校生で本が好きになった生徒に聞いてみました。
友達に本は面白いから読めよ、と勧められた。
たまたま寺子屋の授業で勧められていた、『エビと日本人』を読んで面白かった、
それで次々と本を読むようになった。

ポイントは、寺子屋がいい本を勧めるということではないんです。
寺子屋でよく受験生に言うのですが、

受験でたくさんの問題文に触れる、
中には100文章に1つくらいは、続きを読んでみたいと思うものがあるでしょう。
それを実際に買って読む、
これくらいは進学校の高校生はできないとね。

で、
残念な子は、続きを読んでみたいと思った本だけ読むんですよ。
それでドヤ顔をするんです(笑)。

この子が素晴らしいと思ったのは、
そこから次に繋げたことです。

ここで終わってしまってはただの愚痴です。
問題は、
この違いはどこから出たんでしょう。


続きはまた今度(笑)



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:43| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

ノリがよくて好きです

445.jpg

発売中のクラビズムに、
寺子屋がひっそりと登場です。


今晩は、本日も粛々。

知のスレッジハンマー、告知24時間で、
申し込みが10名超えました。

このノリの良さ、ホント好きです^ ^

寺子屋保護者以外の方も申し込みくださって、
ありがとうございます。

明日は東京で、
塾の先生たちのセミナー&懇親会です。

明日も来週もとても楽しみです^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

【お知らせ】知のスレッジハンマー第5弾

445.jpg

発売中のクラビズムに、
ほんのり寺子屋臭がします。


今晩は、本日も粛々。


不定期に各界のユニークな方が寺子屋に来て、思い思いに勉強について話す、知のスレッジハンマー。
自分や保護者・地方都市の学校の範囲での価値観をぶっ壊すような巨大な知の鉄槌。



6月17日(日)


14時〜16時
(その後質疑応答の時間を取ります)


講演者:諌山静香先生
先生の教育理念

「ご家庭のちょっとした声かけで身に付く本物の学力」


お子さんの同伴OKです。
実際に少し授業を行いますので、
お子さんにも実際に、寺子屋の算数を実感してみてください。
普段やっている子は、
その成果を見せてあげてください^^

京都で幼児・低学年教育の塾を開いて30年、
近県だけでなく、遠方からも新幹線で通塾する、
伝説進行形みたいな塾長さんです。

とにかくたくさん問題を解かせる、
パズルで遊ばせて勉強につなげない、
中学生メインで片手間で小学生を指導する、
こんなまがいものみたいな教育が横行している中、
寺子屋が低学年を開講しようと思ったきっかけとなった先生です。

受験対策だけで附属泉丘二水などに行く生徒に欠けているのは、
これだ!
ジグソーパズルの最後のワンピースを見つけたような感覚でした。

幼児・低学年の子どもをお持ちの方だけでなく、
中学生や高校生にも有効です。
むしろ中高生の方が、理解度が高い分、すっと入る可能性があります。


寺子屋保護者以外の方も参加可能です(勧誘は一切行いません)。

寺子屋保護者の方には、土曜にメールでお知らせします。

一般の方は
terakoya.honrakuji@gmail.com に件名を「知のスレッジハンマー」としてメールを送るか、
お電話でお申込みください。
電話は私が出れなかった場合、留守電にお願いします。

その際、諌山先生にご質問したいことを教えていただけると、
講演前に先生に目を通していただこうと思います。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする