2019年07月13日

大学入試共通テスト、数学記述見送り


現高2に関しては、
こうなりました。

数学の文章記述問題、導入見送り 大学共通テスト


正答率が低いなりに、
大学は共通テストの配点と個別試験の入試問題を実情に即し、
文科省はだからどうした?と突っ切ればいいと思うのですがね。

今回の大学入試改革は、
情報弱者にはちと辛い入試になりますが、
学校塾関係者でも、
情報に濃淡がくっきりあります。

寺子屋としては、
情報を知った上で、
文科省の動きごときで変わらないような内容のことを、
しっかりやるだけでいいと思うのです。

共通テストの試行問題、あ高校生用に寺子屋に置いてあります、
見てみましたが、
学校の課題やテストだけやってた子は手も足も出ない、
まぁまぁいい問題だったと思いますよ。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:33| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

TOEIC離脱


今日は、本日も粛々。


保護者会資料にありました、
大学入試に用いることができる民間英語検定試験について、

TOEIC、共通テスト参加せず 運営側「対応が困難」
yahooニュース

まぁ、
地方都市に限って言うなれば、
受験生への影響は限定的でしょうが、
比較的検定料が安いのと、
テスト自体はしっかりしているところなので、
個人的には留まって欲しかったです。

それにしても、
低学年の保護者もたくさんおいでたのに、
大学入試の変化について熱心に聞いてくださって、
とても嬉しかったです。

寺子屋も昔は、
ちょっと先の話をすると関心が無いご家庭もちらほらあったのです。
残念ながら、
保護者の目線が低いと、
例外なく子どもの目線も低くなり、
どう教えていいものやらと途方に暮れていました。

まぁ地方あるあるみたいなものですが、
大学入試等の変化がどんどん下の学年に降りていっているのが、
昨今の変化の特徴。

都会の常識が正しいかというと、
いかに都市部の中受が狂っているか、というお話もしました。
ただ、
知るということは大切ですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:24| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

現高2の入試から、英語激変。


今晩は、本日も粛々。


大学共通テスト英語、リスニングの比重20→50%へ

現高2生から開始される入試が、
こういう仕組みになるそうです。
朝日デジタルが言及していないところでは、
発音アクセントや語順整序問題が無くなるそうです。

23年度まで二技能、読む聞くだけでいかざるをえない
という話は前々からあったので、
こうなることはわかりきっていましたね。

小学校英語と、中学・高校英語の導入は、
全てフォニックスで、
発音とスペルの関係をやっているので、
何十回と書いてスペルを覚えるみたいな、
前時代的な勉強はしなくて済みます。

もちろん内容も、
リーディングと同じように、
背景知識が無いとわからない内容の出題が、
リスニングでもあると思います。
まぁ、国語と同じようにやっていけば、
問題ありません。
にも関わらず、
とにかくたくさん読解問題を解かせる、
なんてことをやっていると、
国語でも英語でも、
力は付かないでしょうね。

これは別に、教育改革に乗っかって
寺子屋の仕組みを変更したわけじゃ無いんです。
点取り屋だと伸びなくなってしまうので、
勉強本来の形を模索して、
対応してきたことが、
たまたま教育改革と一致したというだけの話です。

もちろんこの内容を受けて、
早ければ今年から、
高校入試も少し変えてくるでしょうね。
石川県は特に敏感ですから。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:23| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

金大附属高校入試説明会


今日は、本日も粛々。


ただの進学校が猛威を振るっているみたいで、
関東でも、学芸大附属や開成などの高校の合格を蹴って、
大学受験予備校みたいな高校に入学するケースが増えているようです。

どんな生徒に育てほしいか、を前面に出す高校より、
進学実績の方が魅力的に映る、
なんて
切ない世の中です。

制服がある進学校なんて、意味がわかりません。
服装ひとつ管理されないとダメ、疑問を抱けない子に、
クリエイティブな思考をしろといっても、
顔洗って出直してきてね、という感じです。

大学受験予備校みたいな高校も、
実際入試制度が変わるまでは、
今までと同じことしか主張できないのでしょう。

一流高校生だから、お前たちはできる!なんてメッセージより、
この高校出身だから、世の中のために出来ることを、
と生徒に伝えるのが進学校だと思います。

そういう意味で、
石川県内唯一の進学校でしょうね。
今のところ。

もう一点、
高校時代に短期長期で留学する生徒が多いのが、
すごいなぁと思うところです。

海外に修学旅行に行って、現地の高校生と話して、
はい、国際交流、国際化社会に相応しい生徒に、、、
約1000日ある高校生活のうち、たかが3・4日で。
ちょっと他のイベントが増えても、たかが知れています。

内向きな進学校の周囲の生徒、
進学校に進ませておきながら内向きなご家庭、
学校外塾外に出ない、車で1時間程度の半径で自閉する指導者、
部活で長い休みが拘束される、
外に目を向けるには、
今の日本人中高生には、最悪の環境かもです。

もし私に子どもが授かったら、
通わせたい高校です。

但し、
学力より、好奇心が無い生徒には、
絶対にオススメできない学校です。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 11:35| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

附属・泉丘・小松高突破模試


今晩は、本日も粛々。


9月17日に恒例の突破模試が行われます。

附属・泉丘・小松高突破模試

寺子屋小5・小6・中2・中3は原則全員参加で、
申込は私の方からしてあります。
保護者会については、
寺子屋の保護者の皆様については、
特にお申込みする必要はありませんが、ご興味のある方はどうぞ。

さて、
住んでいる人たちからすると、ごりごりの保守的風土がある石川県ですが、
実は教育については、なかなか革新的です。
2020年の教育改革を睨んで、
全国でもいち早く高校入試をいじってきた都道府県のひとつです。

一昨年前から少しずつ傾向を変えているのですが、
石川県総合模試で、大まかには志望校判定できるのですが、
残り20〜30%ほどの厳密な判定部分がどうしても数値化できなくなってきました。

それを補ってくれたのが突破模試でした。
突破模試は厳密な判定はできないのですが、
総合模試とドッキングして判定すると、
かなり精度が高まります。

あ、あくまで桜・二水程度からそれ以上の高校くらいまでの話です。

入試問題が変わってくるのと、
どう変わってくるのかは、想定の範囲内です。


今日はめちゃくちゃ疲れましたんで、
ばたんきゅーします。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:56| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする